当別町で育つ子たちに花火大会を通して、時を超えて受け継がれる心の拠り所を築きたい!

すでに集まった金額

70,000

目標金額
300,000円
23%
現在の応援人数

3

延べ3
募集終了まで残り

15

2018/08/01 00:00に終了

2015年から始まったとうべつ花火大会は、 今年で4回目を迎えます。花火大会の会場となる当別町の阿蘇公園には昨年1万人を超える人で埋まり 、多くの方に楽しんで頂ける花火大会となりました。中でも子供たちの為に打ち上げる花火や企画はご好評を頂いており、 今年度も当別町で育つ子たちに夏の夜空の美しさを贈りたく様々な企画を準備しています。その中の一つが「お祝い花火」。2017年8月13日~2018年8月12日までに当別町で生まれた方に、お祝いと健やかな成長を祈念して、誕生された人数分の花火を打ち上げます。当日会場に誕生されたご家族の方用の席も用意し、まち全体でお祝いします。 とうべつ花火大会は全て多くの皆様のご協賛、ご寄附によって成り立っており本年度も多くの方のお力添えの上、花火大会を開催したくクラウドファンディングに応募させて頂きました。

豊かな田園風景が広がる当別町

当別町は、1871年(明治4年)に 仙台藩・岩出山伊達家の当主である伊達邦直公により開拓され発展してきました。人口約16,400人、 面積422.86㎢、北海道最大の都市札幌市に隣接し、札幌都心部からJRで約35分、車で約45分とアクセスに優れ、 札幌への通勤通学圏内です。

当別町の最大の魅力は、豊かな田園風景と山々、自然環境の中でゆったりとした田舎暮らしが可能であることと同時に 不便さを感じない都市機能を有している点です。 その自然景観がスウェーデンと似ていることから、スウェーデン王国レクサンド市と姉妹都市盟約を締結し、国際交流のまちとしても知られています。
また、町内には医療系総合大学の「北海道医療大学」があり約3,500人の学生が学んでおり、福祉のまちとしてさまざまな取組みを行っています。
​2017年9月には新たな賑わい発信の拠点として 「北欧の風 道の駅 とうべつ」が オープンしました。

とうべつを元気にする!花火大会を自分達の手で

一方で、若い世代の都市部への人口流出などにより、年々人口減少に歯止めがかからず、 またや商店街の高齢化も進みまちの活気が失われていっておりました。そこでまちの魅力発信や、 このまちに住み暮らす方々に自信や誇りを持つ一つのきっかけとなるべく、2015年、 一般社団法人当別青年会議所のメンバーにより 第1回とうべつ花火大会を開催することとなりました。

1万人以上が訪れる町最大のイベント、野外ビアパーティ×花火大会

毎年8月13日に当別町阿蘇公園で開催され、同時開催の当別町商工会青年部主催による 野外ビアパーティとの相乗効果もあり、昨年は過去最高の1万人を超える方が来場されました。 お盆時期ということで、町外に住む方の帰省する理由の一つになり、 古い友人との再会の場となり、多くの方が顔を合わせ語らう場となっています。 町内在住の方々からも楽しみにしている、来年も続けて欲しいという声を頂き、 さらに当日の子どもたちの笑顔を見ると、絶対に失くしてはならないイベントだと 感じさせられました。

このまちの子どもたちの為に

花火大会を通して、子どもたちに夢や希望、自信を持ってもらいたい! このまちで元気に育ってもらいたい!そんな想いを込めて、 今年も子どもが一緒に参加できる企画やお祝い花火を企画しています。 昨年の花火大会の日~今年の花火大会までに、当別町内で生まれた子の数だけ健やかな成長を祈念して打ち上げる「お祝い花火」は、まだ赤ちゃんには認識できるものではありません。 しかし、当別町全体で子の誕生をお祝いすることで、 まち全体が素直に嬉しい気持ちになったり、その家族が幸せな気持ちになったり、 生まれた子が物心ついた時や大人になった10年、20年後、 この花火大会に来た際には、自分が生まれた時にはまち全体が祝ってくれたんだ、 という気持ちになってもらえたら。そんな想いがこもった打ち上げ花火の為に、 皆様のご支援を頂きたくクラウドファンディングに投稿させて頂きました。

とうべつ花火大会2018開催概要

例年通り、当別町阿蘇公園にて、8月13日(月)に開催予定です。

とうべつ花火大会開催までのスケジュール

打上げ花火のプログラム調整から、下記のスケジュールとなります。
平成30年7月1日クラウドファンディング開始
        (7月31日まで)
平成30年8月13日 第4回とうべつ花火大会開催
        ​(荒天の場合、14日に延期。14日荒天の場合中止)

支援金の用途

今回ご寄付頂いた寄付金全額を打上げ花火に使わせて頂きます。
【内訳】
花火打ち上げ料   30万円
「お祝い花火の打ち上げ」の300,000円をご支援いただきたく思います。

リターン(お礼の品)

※各リターン品と同等金額の寄付も募集します。

3,000円

一般有料席チケット2枚(2018年8月13日限り)

5,000円

一般有料席チケット2枚(2018年8月13日限り)
花火大会会場ドリンク券2枚(2018年8月13日限り)

10,000円

一般有料席チケット4枚(2018年8月13日限り)
花火大会会場ドリンク券4枚(2018年8月13日限り)

30,000円

特別観覧席チケット2枚(2018年8月13日限り)

50,000円

特別観覧席チケット4枚(2018年8月13日限り)

100,000円

特別観覧席チケット6枚(2018年8月13日限り)

応募者プロフィール


一般社団法人当別青年会議所は、1980年(昭和55年)8月1日、全国で668番目の青年会議所として設立され、永きに渡り当別町を本気で想い、熱い志を持って活動してきました。当会OBは卒業後もJCでの経験を活かし、当別町のリーダーとして今も多く活躍されています。2015年には創立35周年を迎え、現在(2018年6月1日)は、正会員11名、賛助会員2名の13名で、日々熱い情熱と志を持って活動しています。
 事業としては、今の当別町には何が必要か考え、地域活性化や郷土愛の醸成など、様々な事業企画・運営し、地域に根差した活動を行政や民間企業、町民と連携して行うまちづくり事業。このまちの未来を担う子ども達が夢やこのまちへの愛着を持った大人となる健全育成のために、様々な事業を開催し家庭・学校・地域の架け橋となるべく、行政・教育委員会・学校などと連携して行う青少年育成事業。2015年に当別町と災害時における支援活動に関する協定を締結し、このまちの有事に備えるだけではなく、全国に広がるJCの絆から日本中で起こる様々な災害に対しても、募金活動や支援活動・物資支援などの幅広い活動を行う災害支援事業。青年経済人としてのスキルアップを目指し、日本JC公認プログラムをはじめとする様々な研修事業や日本JCが主催する経済・国家・地域等のフォーラムで自己啓発。自己研鑽を行う資質向上事業を行っています。
続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

一般有料席チケット2枚

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

3,000円

お礼のメール
※全て活動資金に利用させていただきます。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

5,000円

一般有料席チケット2枚
​花火大会 会場ドリンク券2枚

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

5,000円

お礼のメール
※全て活動資金に利用させていただきます。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

10,000円

一般有料席チケット4枚
​花火大会 会場ドリンク券4枚

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

10,000円

お礼のメール
※全て活動資金に利用させていただきます。

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

30,000円

特別観覧席チケット2枚

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

30,000円

お礼のメール
※全て活動資金に利用させていただきます。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

50,000円

特別観覧席チケット4枚

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

50,000円

お礼のメール
※全て活動資金に利用させていただきます。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

100,000円

特別観覧席チケット6枚

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

100,000円

お礼のメール
※全て活動資金に利用させていただきます。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2018年08月
支援する

EZOポイントで支援

100 EZOポイント