富良野の「喫茶・ギャラリーあかなら」を、四季を通して運営したい

すでに集まった金額

406,000

目標金額
2,000,000円
20%
現在の応援人数

51

延べ56
募集終了まで残り

終了

2018/05/01 00:00に終了

30年以上も喫茶「北時計」として全国から親しまれてきた喫茶店が、平成22年富良野市に寄付されました。平成23年「北の国から 30周年記念」の年にあたり、急きょボランティアで運営しました。平成24年公募によりボランティアに無償貸与され、名称を「喫茶・ギャラリーあかなら」に変更し夏季のみ運営してきました。歴史ある建物を守りたい、地域の方々と観光客との交流の場として、コンサートや展示を通して文化発信基地として、情報発信基地などを目的に運営し親しまれてきました。かねてよりお客様からの要望が強くあり平成29年11月より冬期間の運営に踏み切りました。冬期間の営業を実施して多くの課題が見えてきました。運営を始めてから7年間、ランニングコストは勿論、建物の補修、環境整備等全てボランティア仲間がやってきましたが、更なる課題を乗り越えるには費用の面で苦慮しています。
通年営業できるように皆さんからの応援をお願いした次第です。

喫茶・ギャラリーあかならとは?

今回の舞台となるカフェは、富良野市下御料(北の峰地区)の朝日が丘総合公園内の自然環境に恵まれた贅沢な場所に立地しています。ドラマ「北の国から'98」の撮影でも使われた元「北時計」というカフェで、平成22年に富良野市へ寄贈されました。翌年には、富良野の大切な財産だと感じた市民グループが無償貸与を受け運営を開始し7年が経過しました。

あかならのボランティアスタッフが作成したMAP。自然に囲まれた場所にあります。

立派な丸太で出来た建物は音響効果もよく、音楽家から高く評価されています。四季の移ろいを鑑賞し、鳥やリスなどがテラスに遊びに来るという贅沢な雰囲気で、富良野の財産としての立地を改めて感じています。


前庭には北海道らしい立派な白樺が目を引きます。

店内は、半地下、1階と2階とがあり、こちらは1階のカフェスペース

こちらは、半地下。カウンターの他、暖炉スペースもあり、各々が好きな場所をみつけてくつろいでいます。

2階の展示スペースから見た写真

喫茶店の名前の由来となった赤楢(あかなら)の大木が玄関前にそびえています。
秋には見事に紅葉します。

富良野の憩いの場所、そして文化の発信基地の役割

あかならは、単なるカフェではありません。著名なアーティストによるコンサート、落語会、講演会、また展示会場では陶芸、手芸、絵画、書道、写真など…年間通して20本以上さまざまな催しを企画しています。7年間を経過した現在、文化発信基地として確実に認知され、企画内容は好評を得ています。また、常連の方々と観光客の方々の交流や、富良野に移住して来た方々との交流の場「フードの会」を定期的に開催し、交流の輪がどんどん広がっています。

すっかり定番となった落語会


チェンバロと二胡のコンサート

2階の展示スペースでは、年間を通じて様々な展示が行われます。こちらは、書道家による「墨」の展示


フードの会(移住者交流会)の茶話会。参加者の意識も高く、34回目を開催しました。

あかならの名物常連とも言うべき、リスも気ままにデッキにやってきます。特にあかならの木は大のお気に入りの様子。テラスの上でなんと4匹の子どもも誕生しました!

あかならを支えるボランティアスタッフ

平成22年に富良野市に寄贈され、平成23年「北時計」という名称のままで一年間ボランティア運営しました。平成24年に富良野市より無償貸与され「喫茶・ギャラリーあかなら」としてボランティア運営を開始しました。無償貸与の為、富良野市からの運営費の負担はありません。今までもランニングコストは勿論、建物の修繕、環境整備、など全てボランティア仲間が知恵と力を出し合って運営してきました。

あかならの看板を設置しているところ

暖炉で利用する薪は、すべて自分たちで作っています。

勝手口の階段修理の様子

毎年夏に開催しているあかなら祭りでの様子。いろいろな行事で盛り上がります。

毎年のワックスがけも丁寧に行います。

2017年冬からの挑戦と極寒の地ならではの課題

冬期間の営業を望む声が多くなり平成29年11月より不定期ではありますが、週末を中心とした営業を開始しました。しかしながら、-30℃にもなる富良野の冬です。あかなら店内は想像以上に暖房効果が低くお客様は勿論、ボランティアスタッフの労働環境が劣悪なことがわかりました。冬期間も運営するためには店内の暖房効果を上げる必要に迫られました。暖房費高騰、設備面の不備等の改善はボランティア活動での捻出はかなり厳しい現実です。

朝の出勤時は店内の温度は、いつも一ケタ台です。


勝手口のドアからの隙間風が店内に吹き込みます(写真右)。厨房に直結しているので、スタッフの手も悴んでしまいます(写真左)。


上記の写真は、地下室の断熱パッキング状態が劣悪で外が見えてしまっている状況です。ここから吹き込む風も店内に流れ込みます。この他に、冬期間は水落しをしても凍結するので、閉店後もストーブは微少にしておくので灯油代も嵩みます。又かなり古い水道蛇口の水漏れがあるのですが、交換備品はすでになく取り換えが必要な状況で、そのためにはカウンターの補修も必要となります。更に店内の暖房効果を上げるために、スクリーン(ロールカーテン)で空間を仕切ることで暖房費の節約に繋げたいと考えています。
そこまでして冬期間の営業を希望するのは、冬期間運営してみて、常連の方々のご来店頻度が高く、家にこもりがちになる高齢のかたがた、ウインタースポーツで来られた観光客の方々が夏場よりとてもゆっくり過ごされているのです。ゆったり会話し楽しんでいる様子を見ると、冬場の開店は充分意味があると思います。なんとか通年営業をするために皆さんからの応援を切にお願いしながら、ボランティアで力をつけて行きたいと思っています。全国の富良野ファンの方々、富良野の宝を守ろうとしているボランティア活動の応援をよろしくお願い致します。

四季折々を感じられるあかならに!

冬期間営業が実現出来たら、四季を通じた営業内容を更に充実させていきたいと考えています。

1、冬期間、スノーシューやハイキングスキーなどを備えて公園内の散策のお手伝い。
2、店内でサークル活動を積極的に募集・・・手芸、英会話、囲碁、将棋など。
3、冬期間も展示、コンサートなどを実施したい。
4、農業関係者の冬期間の憩いの場となりたい。
5.移住者交流会の拠点として更に輪を広げたい。

あかならが目指す場づくりとは

1、「あかなら」は富良野市民はもとより、観光客との交流の場、移住者との交流の場として。
2、プロアマを問わず創作作品の発表の場、研修の場として。
3、知的好奇心が触発され、まったりと時の流れに身を任せる空間として。
4、農業関係の方たちの冬期間の憩いの場所にしたい。
5、「あかなら」に行ったら誰かと会えて、楽しい会話が出来る・・・と思えるお店

必要な経費

上述した、補修、暖房の為に必要な資金は、下記のとおりになります。
1、暖房費:30万円(5万×6か月)
2、地下部分、厨房まわりの隙間風予防作業:10万
3、勝手口風除室設置:75万
4、店内の暖房保持(ロールスクリーン):85万
合計200万

支援金額とリターン

ご寄附いただきました浄財はプロジェクト達成のために多くを使わせていただきます。返礼品はわずかですが何卒よろしくお願い致します。3,000円~10,000円の寄付もしくは下記の返礼を予定しています。

3,000円

あかなら名入ボールペン 1本

※色は、6種類あり、こちらで選定します。

5,000円

あかなら名入ボールペン(1本)とイマイカツミ絵ハガキ(富良野の風景 2枚)
※下記写真参照

10,000円

あかなら名入ボールペン(1本)とイマイカツミ絵葉書セット(富良野の風景8枚入り)

応募者プロフィール

≪現在≫

富良野メセナ協会 代表
喫茶・ギャラリーあかなら 代表 
富良野寄席倶楽部 代表
2020東京オリンピック・パラリンピック文化教育委員

≪経歴≫

1999年全国第一号のNPO法人ふらの演劇工房を設立し理事長。
富良野演劇工場の初代工場長。 

≪文化活動のコンセプト≫

富良野メセナ協会を設立し、公的補助金に頼らず地元企業(個人)の資金提供を受けて教育現場に芸術文化を提供する事業を行っている。NPO活動、劇場運営、メセナ事業等一貫して「文化の香る街 富良野」を目指しすべてボランティアで活動している。「あかなら」をボランティアで受託したのもその一環で、市民が輝き、且つもう一つの文化発信基地を担う施設でありたいと強く願っている。
続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

あかなら名入ボールペン 1本

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2018年06月
受付終了

3,000円

お礼のメール
※ご支援頂いた資金は全てプロジェクトに利用します。

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2018年06月
受付終了

5,000円

・あかなら名入ボールペン 1本
・イマイカツミ絵ハガキ(富良野の風景)2枚

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2018年06月
受付終了

5,000円

お礼のメール
※ご支援頂いた資金は全てプロジェクトのために利用します。

  • 15口が支援済み
  • お届け予定:2018年06月
受付終了

10,000円

・あかなら名入ボールペン 1本
・イマイカツミ絵葉書セット(富良野の風景8枚入り)

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2018年06月
受付終了

10,000円

お礼のメール
※ご支援頂いた資金は全てプロジェクトのために利用します。

  • 23口が支援済み
  • お届け予定:2018年06月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了