米国シリコンバレー研修を企画して北海道から世界を変革する若手起業家を育てたい!

現在の支援総額

1,560,000

目標金額
1,700,000円
91%
現在の応援人数

51

延べ96
募集終了まで残り

終了

2017/07/21 00:00に終了

公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会は、『シリコンバレー起業家育成プログラム~Beyond Your Borders~』を、2017年7月に主催します。開催目的は、北海道の未来を担う学生たちに米国シリコンバレーの研修を提供する事で、学生に日本とシリコンバレーの起業マインドの違いを実体験し起業意欲を高め、北海道から世界へ挑戦する起業家を育成する事です。皆で、若者への支援を行い、北海道を盛り上げていきましょう!!

公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会とは!?

公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会は、北海道内の青年会議所48団体から出向者が集まって組織される団体です。青年会議所(JC)とは”明るい豊かな社会”の実現を同じ理想とし、個人の「修練」、社会への「奉仕」、世界との「友情」の三つの信条のもと、次世代を担う責任世代として様々な社会的課題に積極的に取り組んでいます。

プロジェクトの実行メンバー紹介

本プロジェクトは、北海道地区協議会の中でも地域再興委員会が担当します。私たち、地域再興委員会の委員長、新谷 正樹 (網走JC)を筆頭に、下記のメンバーで構成されています。

副委員長:武田 宗務(浦河JC)三浦 真吾(恵庭JC)中出 靖彦(留萌JC)森 大悟(北見JC) 幹事 田宮 佑介(網走JC)
委員:奥田 宗一郎(浦河JC)長浜 謙太郎(日高中部JC)大須賀 勇樹(森JC)岡嶋 康輔(森JC)岡藤 謙昌(恵庭JC)奈良岡 達也(恵庭JC)重原 拓司(旭川JC)中野 淳平(留萌JC)脇内 健太(網走JC)石山 博行(北見JC)近江 陵太郎(北見JC)牛嶋 あすみ(芽室JC)

地域再興委員会委員長の新谷の意気込み!

「何も失敗していないとしたら、十分にイノベーションを起こせていないということだ」
(引用:イーロン・マスク/テスラモーターズ)
 
Apple、Googleなど、世界を変革する企業が次々に生まれるシリコンバレー。シリコンバレーの起業家たちは、「こうしたら、社会がもっと便利になる」、「こうすれば、世界を変えることができる」、「社会は変えることができる」と信じ、リスクを恐れず、挑戦し続けています。好んで失敗する人間はいませんし、誰でも失敗は嫌なものです。しかし、失敗を恐れ行動しなければ、社会は良くなりませんし、自分自身の成長もありません。1人の挑戦が、地域や組織を変革します。道内の学生に社会課題の解決に向け、失敗を恐れず果敢に挑戦する人材となってほしい。それが私たちの思いです。みなさまのご協力をよろしくお願いします。

私たちが考える起業家育成プログラムの必要性

北海道の再興を実現するために現状を検証していくと、北海道では起業家を育成する環境が整っていない事に気付きました。米そこで、社会変革の原動力となる革新的なイノベーションを起こし続けているシリコンバレーに着目をしました。国シリコンバレーは、Googleなどをはじめとした世界最先端の技術や情報、起業家、投資家が集積する場所です。ここで、わずかであっても起業に向けた研修を実施することで、起業へ向けた意欲を高めることが出来ると考えました。


                               企業訪問先のGoogle社

若者に起業を学ぶチャンスを!

起業家育成のセミナーやシリコンバレーへの研修は、都市部と比較し、北海道内で積極的に開催されているとは言えない状況で、道内の起業への意識は低い状況です。このままでは、第4次産業革命が進展する中で北海道は取り残されてしまう危機でもあると感じております。若者が世界に挑戦し活躍するチャンスを与える事が必要であり、「失敗を恐れずどんどん失敗しよう。チャレンジ精神を持って取り組んで行こう!」と言ったシリコンバレーでのマインド等、日本との違いを現地に行くことで肌で感じてもらいたいと思っております。そして一人でも多くの学生が起業に興味を持ってもらい起業家へと導くのが私たちの役目だと感じました。このプログラムを成功させることで、北海道創生に寄与したいと考えています。


シリコンバレー起業家育成プログラム~Beyond Your Borders~とは?

私たちが企画したプログラムは、下記の内容になります。
シリコンバレーの日本人起業家講義または訪問
海外で日本人として生き抜いてきたマインド、活躍するために必要なスキル等を分野は問わずインタラクティブな講義形式で実施します。
シリコンバレーにある企業および大学視察
世界的に有名な企業や大学に訪問し、そこで働く日本人または教授によるトークセッションおよび講義を実施します。
プレゼン力の向上
一人ずつ自分自身を周りにプレゼンする力を付けると同時に、3~4名のグループに分け、研修中に与えられたプロジェクトをもとに最終日に向けてプレゼンテーションを用意してもらいます。
現地でのネットワーク構築
シリコンバレーで挑戦する日本人(社会人/学生)との交流会や現地開催のミートアップで日本人、アメリカ人のみならず多くの人との出会いの場を作る事で、将来のキャリア形成に必要なネットワークを構築します。

滞在先:BB HOUSE
                              

研修スケジュール

研修のスケジュールは、下記の内容を予定しています。
研修日程:2017年7月24日(月)~7月29日(土)
想定人数:5名

7月24日 アメリカ到着/オリエンテーション/自己紹介およびビジネス発表プレゼン
   25日 講義①(起業家)/講義②(VC)/Facebook視察・トークセッション
   26日 講義③(VC)/Plug and Play視察・トークセッション/
     現地若者起業家・学生との交流会
   27日 スタンフォード大学講義およびキャンパスツアー/
     Google視察およびトークセッション
   28日 講義④(起業家)/Apple視察・ランチ・トークセッション/
     最終報告プレゼン・修了式・懇親会
   29日 日本帰国

講師陣候補一覧(仮)

研修中に受講する講義には、シリコンバレー在住の日本人の他、下記の講師陣を予定しています。
桝本 博之「シリコンバレーの生き抜き方を考察する」
B-Bridge International CEO.Founder

佐藤公一「日米大学・日米企業の違いと考え方」
Peoplewave Inc.CEO

池野 文昭「シリコンバレーにおけるアカデミアキャリア」
Stanford University
関連記事

スウェイン 純子「シリコンバレーの米国企業でのキャリアアップ」
Upwork Inc.Vice President Controller

大谷 俊哉「ベンチャーキャピタリストから見たシリコンバレーと日本~オープンイノベーションを考える~」
Translink,Inc.Managing Director/Co-Founder

西城 洋志「成熟企業におけるシリコンバレーを活用した新事業開発」
Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc.

シリコンバレー日本大学

どんな若者が参加出来る?

このプログラムへの参加条件は、若手起業家育成に繋がることを目的としたいため、学生に限らせてもらっています。その他の応募条件に関しては、下記をご確認下さい。

■応募資格

① 日本国籍である高校生、大学生、専門学校生が対象。(2017年4⽉1⽇現在)
② 団体⾏動における規律を守ることができる⽅。
③ 本事業が実施する活動日程に、原則全て参加できる方。
④ 日本国パスポートを取得している方、またパスポートを所有している方でも、有効期限が
  出発より半年以上残っている⽅、事前研修会の前に取得可能な方。
⑤ 重大な疾患の無い健康な方。(アレルギーについては相談)
⑥ 現在起業に関心のある方
JCフォーラム2017起業家育成フォーラムにご参加いただいた方
⑧ 必要書類を期限までにすべて提出していただける方
事前研修に参加可能な方(全2回 内容は下記参照)

■提出書類

・ 応募用紙(写真貼付の上提出)
・ 起業に向けた課題「あなたが考える起業とは」(作文、800 字以内)
必要書類を下記のアドレスから関係提出資料をダウンロードしてください。
公益社団法⼈⽇本⻘年会議所 北海道地区協議会 HP 応募書類URL

事前研修会について

プログラムに参加する学生には、下記の事前研修への参加を必須としています。

■第一回事前研修会

・日時 平成29年6月28日(水) 19:00~21:00
・場所 札幌市産業振興センター セミナールームB
・参加者人数 定員30名(派遣者5名含む)
 
○研修内容
・起業家育成プログラムの概要説明、参加者の目的意識の確認、参加者同士の交流
「セミナー 北海道の可能性について(予定)」

■第二回事前研修会

・日時 平成29年7月13日(木) 19:00~21:00
・場所 札幌市産業振興センター セミナールームB
・参加者人数 定員30名(派遣者5名含む)
 
○研修内容
・資金調達や経営のスキルの取得、イノベーションを起こすためメソッド
「セミナー 創業資金調達と持続的経営について(予定)」
「セミナー イノベーションを起こすためのメソッド(予定)」

会務担当副会長 森田 宣広 札幌JC (事前研修会の講師)

北海道JCフォーラム2017とは

北海道地区協議会では、5月27日にJCフォーラム2017を開催します。この中で、起業家育成フォーラムでは、シリコンバレーから講師として西中ヒロ氏をお招きし、フォーラムを実施します。こちらにも、ぜひご参加ください。
      

北海道JCフォーラム2017HP

これからのスケジュール

平成29年5月22日 クラウドファンディング開始・シリコンバレー研修派遣者募集開始
     5月27日 北海道JCフォーラム2017 
           起業家育成フォーラム~北海道×シリコンバレー~
     6月16日 シリコンバレー派遣者選考試験
     6月19日 シリコンバレー派遣者確定
     6月28日 第一回事前研修会 
     7月13日 第二回事前研修会
     7月21日 クラウドファンディング終了
     7月24日 シリコンバレー研修会 出発
     7月30日 シリコンバレー研修会 到着
     8月22日 事後報告会
     9月 上旬 サンクスメール等リターン品返信

事後報告会の開催概要

日時 平成29年8月22日(火) 19:00~21:00
場所 札幌市産業振興センター セミナールームB(変更の予定あり)
参加者人数 派遣者5名及びオブザーバー参加可能 最大25名(変更の予定あり)
報告会:研修派遣者による活動報告

達成したいこと

起業に関心のある学生に参加していただき、シリコンバレーで研修することで、起業を通じた社会変革に挑戦するイノベーターを育成したいです。また、道内にこのようなプログラムの有用性を広めるとともに、起業環境の整備に寄与し、起業トレンドを創出していきたいです。

私達の目標

社会に貢献する起業家を増やすことを目指します。また、北海道の開業率4.5%(2012年厚生労働省資料)を、起業環境の整備によって、欧米並みの10%に引き上げることで、人口減少や地域経済の克服を目指します。

プログラムに必要な経費

研修プログラムの内訳
事前研修会及び事後報告会の会場費 18,000円
旅費(新千歳空港からサンノゼ空港)一人当たり240,000円×5名 1,200,000円
研修プログラム(宿泊費・交通費含む)一人当たり432,000円×5名 2,160,000円
諸経費 42,000円
合計 3,420,000円 うち170万円をクラウドファンディングにて調達予定

リターン(お礼の品)

5,000円

サンクスメール

10,000円

サンクスメール
HPにお名前記載

50,000円

サンクスメール
HPにお名前記載
派遣者からお礼のメッセージ

100,000円

サンクスメール
HPにお名前記載
派遣者からお礼のメッセージ
シリコンバレー研修報告書

すべての皆様に領収書を発行させていただきます。

続きを見る

支援金額とリターン

5,000円

・サンクスメール

 

  • 32口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
受付終了

10,000円

・サンクスメール
・HPにお名前記載
 

  • 55口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
受付終了

50,000円

・サンクスメール
・HPにお名前記載
・派遣者からのお礼のメッセージ

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
受付終了

100,000円

・サンクスメール
・HPにお名前記載
・派遣者からのお礼のメッセージ
・シリコンバレー研修報告書

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了