高校生による挑戦の一歩!釧路の若者が釧路に根付くプロジェクトを立ち上げて継続させたい!

すでに集まった金額

54,000

目標金額
300,000円
18%
現在の応援人数

8

延べ23
募集終了まで残り

終了

2018/11/06 00:00に終了

私は、釧路在住の高校生です。自分の夢の一歩を踏み出すために、今回の北海道ビジネスグランプリに応募をして、地域大会の1位を勝ち取りました。この一歩を形にすべく、若者に釧路の魅力が伝わり、釧路のイメージが良くなることで、若者が釧路に残る可能性を増やし、一度出て行ったとしても帰ってきて、釧路で働き、活躍する人を増やすプロジェクトを企画しています。具体的には、月1回、会場を借りて、若者に作業や勉強ができるスペースを有料で提供し、その日に釧路に縁のある大人を招き、講演やワークショップを催し、釧路の魅力を若者に伝えてもらいます。

※先日の全道大会では、地域優秀賞を受賞しました(10月17日追記)

※当プロジェクトは、北海道主催の北海道創業ビジネスグランプリで地域大会のNo.1が、自身のプランに対して、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングを行うものになります。北海道創業ビジネスグランプリの詳細は、こちらのページをご確認ください。

※本事業の寄附は寄附控除(いわゆる『ふるさと納税』)の対象となります。注意書きをページ最下部に記載をしていますので、ご確認下さい。

応募者のプロフィール

山本 慎太朗(やまもと しんたろう)

平成12年10月17日生まれの17歳、小中学生は釧路市の学校に通い、高校は1時間以上かけて郊外の学校に通う高校3年生です。自分がやりたいと思ったことに対してはとてもまっすぐに挑戦し、諦めずに最後まで取り組む姿勢を持っています。とはいえ、私自身は、これまで何かに挑戦をすることもなく、行動をすることもしないまま高校生活を過ごしてきました。でも、釧路には面白い人がたくさんいることを知って、それなら自分がしたいと思うことに挑戦をしたいと思い、その一歩として、今回の北海道創業ビジネスグランプリに応募をして見事に地域大会の1位になることが出来ました。私自身も初めての挑戦で右も左もわからない状態ですが、今回のプロジェクトも本気で取り組んでおり、自分が今まで釧路に住んで、見て感じた、釧路地域が抱えている、釧路から若者が減り、地域が衰退していく問題を解決するつもりです。それ以外にも若者の釧路に対するイメージを良くし、釧路が『とてもおもしろい街』だということを、若者に伝えたいと思います。

釧路の魅力のひとつである、世界三大夕日の幣舞橋からみた夕日

身近の仲間を幸せにしたい!夢を叶える一歩を!

私は、標茶高校に通う高校3年生です。昔から何か世の中の役に立つことをしたいと漠然と思っていましたが、特に何をするまでも無く日々を過ごす高校生でした。しかしながら、私のまわりにいる友達は、学校環境に馴染めず不登校になったり、決められたレールに乗ることが、人生だと教えられる環境に疑問を感じる日々でした。それだったら、そんな友達の役に立てるようなことをしたい、現在の教育環境をもっとよりよくしたいと思うようになり、それにはまず、自分で行動しなくてはと思い、それには何が必要かと考える日々が続きました。

「教師になる」

今の身近に感じる問題を解決する手段として思い立ったのが、先生になることでした。先生になって、自分なりに生徒に寄り添う先生になりたい、生徒に教える立場ではなく、生徒から学ぶ姿勢を持つ教員になりたいと強く思うようになりました。その他にも、大人になって講座を持つ、本を書くなど、いろいろとやりたいことがたくさんある中で、ふと、自分は今、何が出来るだろう!?やりたいことがあるなら、今やるしかないと思うようになってきました。

まずは、一歩を踏み出す勇気を!

口だけの人間にはなりたくないので、思ったら行動に移すことが肝心だ!と思っていた矢先に、ちょうど北海道が創業ビジネスグランプリで起業者を募集していることを知り、私のような高校生でも思ったことを形にしていきたい、これまで行動せずにいた自分から、一歩踏み出そうと思い応募をしました。私にとっては大きな一歩となり、このアイデアが通りさらなる大きな一歩を踏み出そうとしているところです。

若者離れの街に、新たなしくみを!

提案したアイデアは、釧路から都会へ出ていく若者が多く、その原因は『釧路がつまらない街』という誤解を、若者が抱いているせいだと知り、その誤解を解き、釧路が『とてもおもしろい街』だと若者に伝え、若者を釧路に留めようと思ったことが、きっかけでした。鮭が成長して生まれ故郷に帰ってくるように、若者が大人(プロ)となって釧路に帰ってくるこのプロジェクトを『プロトナル』と名付けました。

プロトナル構想のきっかけ

まず釧路がつまらないなら大規模な娯楽施設を作れば良いと考えました。ですが、その考えを進めていく内に、「それでは他の地域や都会と変わらない」、「娯楽施設だけでは若者は留まらない」と思い、大切なのは施設ではないことに気が付き、それなら、今から釧路を変えるのではなく、今現在の釧路の良いところを探して若者に伝えたり、釧路で活躍する面白い大人と若者が交流したりするイベントを催せば良いと考え、今回のプロジェクトを実行しようと考えました。

相座聖美師匠との出会い

私がそう思えたのも、釧路で面白いことに取り組んでいる、相座聖美さんとの出会いが大きいです。相座さんは、釧路で女性に向けて起業を促進するシェアスペースを立ち上げて運営している女性です。会話も上手ですし、とてもパワフルで常に思いを形にしていく方です。私自身、こんなに魅力的な大人に出会う機会も無く、話を聞いていてもわくわくするし、繋げていただく大人達も面白い方が多く、こんなに面白い大人達がいる釧路を離れる若者は、もったいない。でも、若者が出会う機会も無いので、それなら、私がそのハブを担おうと思ったのが本プロジェクトのきっかけでもあります。今も、相座師匠からアドバイスをもらいながら、事業の実現に向けて準備をしているところです。

くしろフィス運営 株式会社うつくしろ 代表取締役 相座聖美さん

プロトナルプロジェクトの全貌

定期的に大人と若者が交流する場を作っていく予定ですが、その大人を選択する基準は、私が面白いか!?と思えることです。大人が大人をゲストにするトークショーやセミナーはたくさんあると思いますが、それは価値観の違いだったり、あまり興味が持てないことも多いです。それだったら、私のように高校生の目線で面白いと思えることが、若者にとっても、山本の視点だったら面白い話が聞けるかもと思ってもらえるような、敷居を下げて大人と若者が交流するイベントを定期的に開催したいと考えています。若者にとっても、ロールモデルとなる大人に出会えるきっかけにもなるし、大人にとっても若者と交流できるし、街にとっては、若者が地元に残りたいと思える、残った若者が地元で就職するというそれぞれにメリットがあると考えています。

プロトナルにかかる費用

プロジェクトのプレイベント実施に掛かる費用:
■1回につき
・会場費(9時~22時まで借りて2万~3万円) 
・宣伝広告費(1万~2万円)、事務用品費(1万)に当てたいと思います。
10月から3月まで毎月開催を予定し、5万円/回×6ヶ月分=30万円 を見込んでいます。
また、10月21日にプレイベント(ゲストは調整中)を開催する予定で、その後、毎月1回プレイベントを開催していく予定です。今回のクラウドファンディングでは、この開催費用を集めたいと考えています。

プロトナルプロジェクトのスケジュール

2018年10月1日 クラウドファンディング開始
2018年10月21日 プロトナルプレイベントを実施(予定)
以降は、月に1回程度のプロトナルプレイベントを開催
2019年3月までに起業屋号は、「センカラット」を予定しています。

プロトナルが目指す、地域の好循環モデル

このプロジェクトで若者の釧路のイメージを良くし、釧路から都会へ出て行く若者を減らし、出て行っても戻ってきてもらい、出て行った先で得た情報や経験を釧路の若者に伝えていって欲しいと考えています。僕はこの釧路地域のためのプロジェクトが進んで、プロジェクトが軌道に乗ってきたら、他の地域のための活動をしたいと考えています。

リターン(お礼の品)

ご支援頂いた方には、ありがとうカード、プロトナルイベント招待券、プロトナルイベントゲスト招待券(イベントゲストとして喋ることができる)などを予定しています。

1,000円

僕が書いたありがとうカードをお送りいたします。

3,000円

ありがとうカードとプロトナルイベント招待券 1名分(2019年内有効)をお送りいたします。

5,000円(5口)

ありがとうカードとプロトナルイベントゲスト招待券 1名分(2019年内有効)をお送りいたします。

10,000円(5口)

ありがとうカードとプロトナルイベントゲスト招待券 1名分(2019年内有効)×1とイベント招待券(2019年内有効)✕5をお送りいたします 。

応援宜しくお願いします!

本プロジェクトについての注意事項

※本事業への寄附は、地方自治法第96条に規定する負担付き寄附ではなく、指定寄附としてお受けしますので、いただいた寄附金は返還いたしません。

※寄附金は北海道への寄附となり、寄附額と同額を創業予定者へ補助し、また、目標金額に達しなかった場合についても、寄附額と同額を創業予定者へ補助いたします。(北海道からの返礼品はありません)

※平成30年10月14日(日)に開催予定の北海道創業ビジネスグランプリ表彰式で、全道最優秀賞、全道優秀賞、全道特別賞の3賞に選ばれた創業予定者については、北海道から寄附額と同額を限度に上乗せして補助を実施いたします。

※寄附者の情報及び寄附金額については、創業予定者からの定期的な事業報告や返礼品送付への対応のため、寄附された創業予定者へ連絡させていただきますので、予めご了承願います。

※年度内に創業できなかった場合は、創業予定者への補助は行わず、寄附金については、北海道の産業の活性化に資する事業に活用させていただきます。また、補助額が寄附額を下回った(寄附金に余剰が生じた)場合や、補助金の返還が生じた場合も同様に、活用させていただきます。

※寄附金の募集金額は、事業計画ごとに100万円以下で設定しています。なお、100万円を超える寄附については、受け取りをご遠慮することとなりますので、予めご了承ください。

※ご不明な点がありましたら、北海道経済部地域経済局中小企業課中小企業支援グループ(電話:011-204-5331)までお問い合わせください。
続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

僕が書いたありがとうカードをお送りいたします

  • 12口が支援済み
  • お届け予定:2019年01月
受付終了

3,000円

・ありがとうカード
・プロトナルイベント招待券 1名分(2019年内有効)

  • 9口が支援済み
  • お届け予定:2019年01月
受付終了

5,000円

残り4口

・ありがとうカード
・プロトナルイベントゲスト招待券 1名分(2019年内有効)

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2019年01月
受付終了

10,000円

残り4口

・ありがとうカード
・プロトナルイベントゲスト招待券 1回(2019年内有効)
・イベント招待券✕5(2019年内有効)

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2019年01月
受付終了