生産者の顔が見える北海道上川地方のご当地コスメを作りたい!

現在の支援総額

302,500

目標金額
300,000円
100%
現在の応援人数

22

延べ35
募集終了まで残り

終了

2016/08/12 00:00に終了

『肌に良い』『地域にいい』をかなえた上で、さらに「高品質の使い心地」など、消費者が本当に欲しくなるコスメ~ゴチソープ~という石鹸を作るプロジェクトです。 2016年に9種類の石鹸の開発に成功し、今回はハーブと日本酒などを活用した新しいラインアップに取り組みたいと思っています!使う人にとって満足度が高く、心から使いたくなる商品づくりを目指します。

●プロジェクトオーナーの和田絵理菜です。

1984年9月24日産まれ、北海道上富良野町出身です。私は北海道旭川市で化粧石けんの製造、企画、販売を行っております。敏感肌の方でも使えるコスメを作りたいという想いから、旭川市にある美容室「マーヴェラス」が立ち上げた化粧品製造工場で働いています。
コスメ製造に興味を持ったきっかけは、子供が敏感肌で市販の石けんでは肌が荒れてしまい、『この子でも使える低刺激で優しい石けんを作りたい』と思ったことです。

ゴチソープ開発のきっかけ~ごちそうさまをあたらしく~

日頃、何げなく口にしている食材が、地元で作られているかどうかを意識したことはあるでしょうか?
北海道に暮らす私たちは、贅沢なことに、自分たちの暮らす場所のすぐ近くで生産された新鮮な素材を手に取り、購入できて、食べることができる環境にいるのです。
また、旭川市内に住んでいる私は、ある生産者との出会いによって地元にこんなにすばらしい素材があるんだと気づかされました。そして、生産者さんのお話を聞くうちに『この魅力をもっと多くの人に伝えたい!』と思うようになりました。改めて周りを見渡してみると、旭川とその近郊の上川エリアは米や野菜、牛乳やハチミツなどとびきりおいしい素材が数多く生産されている土地でした。
「地元のすばらしい素材を、美容という切り口で発信できないだろうか」。
そんなふうに考えたことがきっかけです。
また、食事時の「ごちそうさま」という習慣を、毎日使うコスメでも感じることが出来るぐらいの品質の高いものを目指したいと思いました。

ゴチソープ開発の秘話~会って話して好きになる

そこで、美容という切り口から、女性だけではなく男女共に使うコスメということで石けんを作れないかと考えました。
まずは農家や酒蔵などの生産者の方にお会いして、こだわりや想いを話し合い、御社の素材で石けんを作りたいと交渉しました。しかし始めのうちは一筋縄ではいかないことが多かったです。

見ず知らずの人が来て、いきなり『あなたの作った素材で石けんを作らせてください!』なんて言われても、怪しいですよね。

特に生産物へのこだわりが強い生産者であるほど職人気質な方なので、自らの顔写真が載る商品に対しては慎重でした。我が子のように大切に育てた作物が原材料として使われて、そこに自分の名前と顔がしっかりと刻まれるとあれば、商品の質にこだわるのは当然のこと。上川の素材のすばらしさを伝えるには、「生産者の顔が見える石けん」という切り口でなくては意味がないと考え、諦めませんでした。何度も通い、熱意を伝え、試作品を実際に使ってもらっては改良しながら、やっとのことで2016年4月、9種類の石けん「ゴチソープ」が完成しました。

強い香りや色を付けていないため、素材の良さをシンプルに感じることができます。食品を扱う生産者自身が安心して使用できると認めた石けん。商品ポップに堂々と輝く笑顔の写真こそが、その何よりの証明です。

2016年4月完成のGOCHISOAP~9種類の紹介~

①『上森米穀店の黒米米粉ソープ』


②『上森米穀店の黒米ぬかソープ』


③『上森米穀店の焙煎黒米ソープ』

 

④『中富良野地酒「法螺吹」の酒粕ソープ』

⑤『平田こうじ店の米糀ソープ』

⑥『山路養蜂園の蜂蜜ソープ』

⑦『伊勢ファームの牛乳ソープ』

⑧『谷口農場のトマトソープ』

⑨『ふじくらますも果樹園のりんごソープ』

新ラインナップの制作と目指したいこと

今回のクラウドファンディングでは、上記の9種類に加えて、ゴチソープの追加ラインナップとして、上川地方のハーブや日本酒を原料に使用した石けんの試作をしたいと考えています。

素材の候補:森のガーデンのハーブ
旭川から車で約60キロのところに、大雪森のガーデンという約700品種の草花が植栽された庭園があり、大雪山系を一望できる高台に出来たガーデンとして季節を通じて様々な草花を楽しむことが出来、隠れた名所になっています。この施設内にハーブガーデンあり、ここで育てられたハーブを石鹸の素材にする予定です。ハーブは、併設レストラン「フラッテロ・ディ・ミクニ」の料理にも利用されており、バジル、カモミールなどのハーブのなかから、いくつかのハーブを乾燥させて作りこんでいく予定です。「食べてよし!使ってもよし!」のカラダによいハーブ石鹸づくりを目指します。

素材の候補:高砂酒造の日本酒
旭川市内にある明治32年創業の高砂酒造の日本酒を利用予定です。上述した中富良野地酒「法螺吹」の酒粕の原材料は、こちらの酒造のものになります。今回の開発では、日本酒そのものを利用した石鹸を予定しています。大雪の水で作られたお米での地酒づくりにこだわり、手間ひまを惜しまないその姿勢は今でも守りつがれ、そのよさを失わないよう、素材を活かした開発を行っていきます。

高砂酒造の創業時写真

 皆さまに愛される商品をご提供し、継続した収益を得ることで、北海道の食材の良さと、その生産者の想いやこだわりを消費者に知ってもらう仕組みを目指します。
また、まだ立ち上げたばかりなので、商品は石けんだけですが、今後は地域と協力しで無農薬栽培されたハーブや食材を使った入浴剤、さらには、ヘアケア用品、洗剤などを商品化していけるよう頑張ります。

必要となる経費

一つ一つ手作りでの試作品づくりとなり、少しずつ工夫と改良を重ねながらの開発には、最低限下記の費用を見込んでいます。足りない分は、自社にて負担予定です。

試作原材料費   150,000円
パッケージ製作費 120,000円
手数料       30,000円
合計         300,000円

目指す未来~素材のやさしさをカタチにしたい~

上川の食材の魅力をコスメ製品でこの先もずっと伝え続けていけるよう、「ゴチソープ」というブランドを作りました。ひとつひとつ丁寧に手作り、人の肌に触れる物は人の手で作ることがこだわりです。
 
私たちはこのプロジェクトによって、多くの方に末永く愛される良い商品をつくっていきます。
作ってほしい商品などをリクエストいただければ、積極的に取り組んで参りますので、今後商品の種類はどんどん増えていくと思います。
必ず良い商品を作り、支援してくださった皆さまにもお得感・満足感を感じていただけるよう、精いっぱい頑張りますので、どうかご協力をよろしくお願いいたします。

リターン品(お礼の品)

ご支援頂いた金額に応じて下記のお礼の品を予定しています。

 ●ご支援いただいた方全員のお名前または団体名を、GOCHISOAPのフェイスブックページに、
2016年9月から無期限で掲載させていただきます。

掲載のご希望の有無、掲載内容につきましては、プロジェクト達成後にアクトナウのメッセージ機能にてお伺いいたします。

1,000円

・お礼のメッセージ+石けんお試しサイズ(2センチ×2センチサイズ)

3,000円

・お礼のメッセージ+石けん1個(9種類から1つ)+新作1個セット

5,500円

・お礼のメッセージ+石けん2個(9種類から1つ)+新作2個セット

30,000円

・お礼のメッセージ+石けん1年分(24個セット)新作品も含みます。




 
続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

お礼のメッセージ+石けんお試しサイズ

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2016年10月
受付終了

3,000円

お礼のメッセージ+石けん1個(9種類から1つ)+新作1個セット

  • 13口が支援済み
  • お届け予定:2016年10月
受付終了

5,500円

お礼のメッセージ+石けん2個(9種類から1つ)+新作2個セット

  • 15口が支援済み
  • お届け予定:2016年10月
受付終了

30,000円

お礼のメッセージ+石けん1年分(24個セット)新作品も含みます。

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2016年10月
受付終了