北海道の若者と地域を盛り上げる新しい文化「ほっかいどう三十路式」を開催したい!

現在の支援総額

76,000

目標金額
300,000円
25%
現在の応援人数

8

延べ8
募集終了まで残り

28

2017/07/22 00:00に終了

私たちは、30 歳が集まる同窓会イベント「ほっかいどう三十路式」を運営している実行委員(運営元:十路文化協議会)です。2016 年に初めて第一回目のほっかいどう三十路式を開催し今年度で 3 回目を迎えます。このイベントを通じて、人を繋げ、人が育つ環境を作っていきたい。今年のイベントもより多くの 30 歳に参加してもらえるよう、イベントを盛り上げていきたいと思いますので、ご支援宜しくお願いします!

『磨けば光る原石、北海道 』

これまで何度と言われて来た言葉として、「北海道には可能性がある。」ということ。この言葉にもう終止符を打とう。私たちが立ち上がり、開花させよう。 この可能性に溢れた大地。北海道を。 私たちは、そんな決意を持っています。企業の、社会の、地域の、全ての活力に成り得る。 三十路を迎える若者達が担うべき役割は大きく、そして可能性に溢れていると感じています。

人生の節目を祝う成人式って!?

日本における今日の形態の成人式は、第二次世界大戦の敗戦間もない1946 年 (昭和 21 年)11 月 22 日。埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された「青年祭」がルーツとなっています。敗戦により虚脱の状態にあった当時に、次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため、当時の埼玉県蕨町青年団長、高橋庄次郎(のち蕨市長)が主唱者となり青年祭を企画、会場となった蕨第一国民学校(現:蕨市立蕨北小学校)の校庭にテントを張り、青年祭のプログラムとして行われたそうです。この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となりました。

北海道の人口減少を食い止める、キッカケ!

いま、北海道は未だかつて無い危機に瀕しています。 課題は山積していますが、目を背けられないのは人口問題でしょう。北海道の人口が、2035 年に441 万人まで減少すると試算されており、2005 年から121 万人が減少することとなり、人口規模が1950 年代前半に逆戻りすると試算されています。(国立社会保障・人口問題研究所より)人口が2割以上減少するという事は、働き手の減少、社会保障費の負担増、さらなる少子高齢化と、深刻な影響が予想されます。そんな状況を打開する方法、これもまた「人」が握っているのだろうと考えています。では、「人」が何を手にすれば課題は解決するのでしょう。
積極性?経営センス?相手を思いやる心?優しさ?目標?夢を持つこと?

私たちは「キッカケ」だと考えました。 あと一歩の勇気で前を向ける。 その背中を推せる機会を創りたいと考えました。
三十路式イベントの考え方~「十路」文化を大切に~

二十歳。三十歳。四十歳。五十歳。
どんな人生を生きていこうか。
どんな人生を創っていこうか。 そんな事を考え続けてきた私たちは、より良い人生を設計する為に、10 歳ごとに区切りを設けて生きていければと考えました。 それが「十路」という文化です。
二十歳、成人。そこからの 10 年。いったいどんな人生だったでしょう。 三十歳。そこからの 10 年。いったいどんな人生だったでしょう。 思い描いていた人生を生きていますか。 過去の自分に会えるなら何と声をかけるでしょう。 昔の人達は「十路」という 10 歳ごとの区切りを大切にして生きていました。 きっと、今ほど裕福でも豊かでも無かった時代。長寿でも無かった時代。そんな時代には、人生に区切りをつけて俯瞰的に見る意識が必要だったのかもしれません。現在、確かに豊かな時代になったのかもしれません。 だけど、なぜだか不安で。もう少しの勇気が欲しいと感じる人が多いのはなぜでしょう。

「三十路式」というキッカケを創りたい。

私たちは、「十路」を意識して生きていこうと思っています。 まず取り組むことは「三十路式」という新たな文化の創造です。 成人式のあと、同世代で集まる機会ってどんな機会だろう。結婚式。同窓会。 地元に帰省したとき。年齢を重ねるごとに顔を会わせる機会が減っていくような気がしています。 もし、二十歳の時に「次は三十路式で会おう」と約束したとしたら。 もし、「こんな三十歳になっていたい」と二十歳の時に思い描けていたら。 歩く道はより鮮明に、より明確になると考えています。

ほっかいどう三十路式の内容
2017年1月28 日(土) 、北海道の各地で「三十路式」が同時開催され、1,000 人以上の三十路が集いました。東京や道外からの参加者も続々といました。 道内で38にも及ぶ自治体が後援し、三十路を迎える若者達にエールを送ってくれました。若者達は、それぞれにそれぞれの古里に想いを馳せました。そして、盛り上がりは最高潮へ。道内各地の三十路式会場を Skype で繋いで一斉乾杯をしました。この可能性に溢れた大地、北海道に感謝をし、それぞれの決意とともに。
ほっかいどう三十路式の札幌会場では、第一部のセレモニーへは150 名を超える参加者が出席し、第二部の三十路大同窓会へは370名を超える参加者となり大盛況のうちに会を終えることができました。
第一部では、運営の式辞に始まり、北海道知事の高橋はるみ様 、公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会2017年度会長の横田貴之様より祝辞をいただき、
志高い三十路のプレゼンテーションや北海道文化遺産にちなんだクイズなど華やかな雰囲気で三十路を祝うパーティが行われました。



第二部では、2016 年 4 月にリニューアルオープンされたキングムーを貸切り、30 歳のアーティストを中心に会場を盛り上げ、同級生との再会や新たな出会いとなる北海道最大の大同窓会となりました。


ほっかいどう三十路式のプログラムでもっとも重要なのは ”人” 。それぞれが 30 年という年月の中で培ってきた経験・知識・技術・人脈・価値観・地域愛が繋がり、また広がっていく。実際にほっかいどう三十路式の中で出会い、仕事で繋がる人。友人になる人。新しい転職先を見つける人など様々な波及効果を生むことができました。他のイベントにはない、刺激、懐かしさ、出会いを感じるほっかいどう三十路式。多くの参加者が一生に一度しかない三十路の祭典を楽しんでいただける結果となりました。

今の時代に”三十路式”が在る意味。
時代が進むにつれて”成人”という境界線もどこか曖昧になっている昨今。堀江貴文氏や糸井重里氏など、” 30 歳成人説” を唱える著名人も少なくありません。晩婚化も進み仕事や家庭を含めた社会責任を認識を強めるタイミングとしては 30 歳を成人という方が今の時代には合っているのかもしれません。” ほっかいどう三十路式 ” はそういった社会責任を認識する 30 歳というタイミングで、今一度地域への関心、人の繋がり、社会への価値還元などを共有する機会を持つことが最大の存在意義だと感じています。



結婚、出産、育児、昇進、転職、独立など人生のライフイベントは 30 歳前後を転機とする方がほとんどです。その 30 歳が集まり、共有し、刺激を与え合う機会を持つこと。そしてそれぞれの十路の過ごし方を意識することが地域や社会に向けて若者達の可能性を広げていってくれると信じています。

ほっかいどう三十路式プロジェクトにご支援いただける皆さまへ

ほっかいどう三十路式は次回開催を2018年1月末を目指し活動しております。1年目、2年目を経て少しずつ認知度も上がり、微力ながら地域を盛り上げるイベントとして注目の声も増えて参りました。これも偏に北海道の皆さまのご支援の賜物と感謝しております。これからも、理想とする”三十路式を文化にする”という目的のために邁進して参りますので今後とも皆さまのお力添えをいただけたら幸いです。

ご支援いただく資金については以下の目的で使用させていただきます。

・第三回ほっかいどう三十路式イベント当日開催費用(会場費/飲食費など)
・第三回ほっかいどう三十路式 広報費用(広報媒体制作費/広告宣伝費など)
・第三回ほっかいどう三十路式 渉外費用(スポンサー営業活動費など)

ご支援いただく皆さまへ

”三十路式らしい” 心ばかりのお礼の品をご用意させて頂きました。

【 Aコース:3,000円 】

・お礼状
(※ 運営より心を込めてお礼状を送付させていただきます。)

【 Bコース:5,000円 】

・お礼状
・第三回ほっかいどう三十路式 ゲスト席 招待状(1名)
(※ 2018年1月末開催予定 第三回ほっかいどう三十路式 ゲスト席への招待状を送付させていただきます。)

【 Cコース:10,000円 】

・お礼状
・ほっかいどう三十路式 後援自治体様の特産品詰め合わせ
(※ ほっかいどう三十路式にご後援いただいている自治体様の特産品詰め合わせを送付させていただきます。)

【 Dコース:30,000円 】

・お礼状
・ほっかいどう三十路式 特集冊子へのインタビュー記事掲載
(※ ほっかいどう三十路式より9月発行予定の特集冊子の印刷版/電子版にてインタビュー記事を掲載させていただきます。企業や商品、サービスのPRや人材募集などの告知等にご活用いただけます。又、ほっかいどう三十路式公式HPや公式Facebookページにて特集冊子の告知、配信をさせていただきます。 )

今後ともほっかいどう三十路式を見守っていただけましたら幸いです。皆さまからご支援いただきます資金については大切に大切に三十路式と地域のために活用させていただきます。

続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

【Aコース】
・お礼状

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
支援する

5,000円

残り28口

【Bコース】
・お礼状
・ほっかいどう三十路式 ゲスト席 招待券(1名)

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
支援する

10,000円

残り27口

【Cコース】
・お礼状
・ほっかいどう三十路式 後援自治体からの特産品詰め合わせ

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
支援する

30,000円

残り9口

【Dコース】
・お礼状
・ほっかいどう三十路式 特集冊子(電子版含む)インタビュー記事広告枠
(※ 代表者又は社員の方をインタビュー記事を特集冊子に掲載。企業PRにご利用いただけます。)

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2017年09月
支援する