中川町産はちみつ(キハダ)でハニーマスタードを作って、食卓にさらなる美味しさを!

すでに集まった金額

90,000

目標金額
300,000円
30%
現在の応援人数

16

延べ16
募集終了まで残り

11

2018/09/01 00:00に終了

中川町産のはちみつ「キハダ」。このキハダのはちみつをPRするため、自社工場で製造しているウインナーやベーコンとの付けあわせとして「マスタード」との組み合わせを考え、ハニーマスタードの商品開発を企画しています。中川町で取れるはちみつをもっとおいしく食べてもらいたい!そんな思いで挑戦したいと思います!

森の恵みが豊富な中川町!

中川町は北海道の北に位置する人口1,500人の小さなマチ。北海道内の方でも中川町を知っている方は、圧倒的に少ないです。しかし、北海道第二の大河「天塩川(てしおがわ)」が町内を貫くように流れ、カヌーイストの聖地として親しまれています。また、白亜紀の時代には海の底だったことで、町内ではアンモナイトナイトなどの化石が数多く発見されており、博物館「エコミュージアムセンター」もあります。産業面では、中川町の商工会で音頭をとり、中川町の産品をブランド化する動きがあり、当社でもラーメンや醤油などの開発を行っています。

中川町の産品のブランド化「ナカガワのナカガワ」 商品イメージ

そして、話題にあがるのは、近年、中川町の森が見直され、森林文化の再生を掲げ、古きよき時代の森林文化を今に伝える取り組みが町ぐるみで進められています。その中で生まれた一つが「はちみつ」です。はちみつは、森の恵みを大切にするという思いを体現しているような品です。

中川町産の3つのはちみつ


中川町産のはちみつは、「キハダ」「アザミ」「シナ」の三種類があります。
菩提樹で知られるシナ、ポピュラーなアザミと違い、キハダのはちみつは、そのマイナーさから敬遠されがちです。しかし、みかん科の樹木であるキハダは、柑橘系の爽やかな香りが特徴で、樹木の樹皮の色が黄色ことから、漢字で「黄肌」と書きます。「黄肌」と書くくらい樹皮が黄色いミカン科の植物であるキハダのはちみつは、柑橘系のさっぱりとした香りで、シナやアザミを凌ぐ独創的な味わいが魅力です。

三男キハダはちみつの憂鬱

そしてまた別の時、中川町産のはちみつ販売をしていた時のことでした。「シナ」「アザミ」「キハダ」の三種類を販売しているのですが、シナ=菩提樹(高級感)、アザミ=知ってる、とどんどん売れていくのを尻目に、キハダは全く売れません。キハダのマイナー感に愕然としました。キハダを何とか売りたい、そう思ってもんもんとした日々が過ぎました。私自身が勝手に位置づけているのが、シナ・アザミが長男次男で、三男坊のキハダ。可愛くて大人しいキハダは、いつも兄貴達の影に隠れちゃって日の目をみないのです・・・。可哀想なキハダ・・・。何とかしてあげたい!

キハダはちみつとマスタードの出会い

他方で、昔から自社で手作りしているベーコンやウインナー、フランクフルトやロースハムなど畜肉加工品が得意だった当社。ある時、東京のお客様から「ウインナーに合うマスタードがあれば良いのに・・・」とお話を聞き、「マスタードは作ったことない」ので代替品がないかと思いながら、他社の原料や作り方などをいろいろ調べながらも時間だけが過ぎていました。上述のキハダのはちみつをメジャーにしたいという思いも抱いた時に、思い出したのが、お客様からご意見をいただいた「マスタード」だったのです。はちみつ×マスタード=ハニーマスタードならお子様から大人まで食べやすいし、肉料理などにも使いやすい!柑橘系のキハダのさっぱり感を一番優位的に発揮できるのが、肉料理との組み合わせであると思いました。そこで、キハダハニーマスタードの製造を一念発起しました。


当社自慢のソーセージに絶対合います!


こんがり焼いたソーセージをさっぱりと味わえちゃいますよね。

はちみつ×マスタードで深まる味わい

この味わいをもっと広めるため、自社で製造しているベーコンやウインナーの付け合せとして知られる「マスタード」と組み合わせることで、肉料理なのに後味さっぱりなマスタードを作れると考えました。キハダ特有の柑橘系の味わいが、肉料理との相性が抜群であると同時に、マスタードのアクセントによって、その味わいが引き立てられると思います。この中川町産キハダハニーマスタードを作り、キハダはちみつをもっと味わってもらいたいです。そして、商品の完成後は、ハニーマスタードをつけて食べるだけでなく、もっと日常的に使っていただけるようなレシピ提案やPR活動ができればと考えております。

サラダはもちろんのこと、ピザやチーズなど、色々な組み合わせで、今までとは違った味わいを楽しむことができるはずです!

キハダはちみつマスタードを通じて成し遂げたいこと

キハダハニーマスタードの製造販売を通して、キハダ(はちみつ)を知っていただくこと。
ハニーマスタードとの組み合わせで、自社製造のベーコンやウインナーの販売拡大や新しい食べ方の提案がお客様にできること。
食を通じてお客様の笑顔を広げ、中川町を広めること
この3点を成し遂げたいです。

支援金の用途

試作品はすでに完成しているので、キハダマスタードの製造資金(500個分)とPR資金を集めたいと思います。総額300,000円を見込んでいます。

生産スケジュール

2018.08~募集開始
2018.08.末 募集終了
2018.11まで 返礼品送付

リターン(お礼の品)

ご支援いただきました金額に応じて、下記の返礼品を予定しています。

5,000円【ハニーマスタード初対面セット】

キハダハニーマスタードとウインナーベーコンセット
内容:キハダハニーマスタード(140g)×1、自家製ウインナー(あらびき、行者にんにく、チーズ&チーズ)120g×各1、自家製ベーコン200g×1

10,000円【ハニーマスタード満喫セット】

キハダハニーマスタード2個とウインナーベーコン満喫セット
内容:キハダハニーマスタード(140g)×2、自家製ウインナー(あらびき、行者にんにく、チーズ&チーズ、ハスカップ&チーズ)120g×各1、自家製ベーコン(200g)×2

応募者プロフィール

近藤義徳

北海道十勝清水町出身。
8月9日で40歳になります。
平成13年中川町役場に就職。
平成19年有限会社匠舎に転職。趣味は料理とお酒。酒の肴づくりが好きです。
有限会社匠舎について
平成16年12月1日 創業
平成18年4月より町内の道の駅と加工センターを町の指定管理事業者として管理運営を行っています。町内での製造販売のほか、北海道外の百貨店で開催される北海道物産展に出店して、中川町のPRをしています。写真は、北海道物産展で大人気のステーキ丼と私。

続きを見る

支援金額とリターン

5,000円

【ハニーマスタード初対面セット】
キハダハニーマスタードとウインナーベーコンセット
内容:キハダハニーマスタード(140g)×1、自家製ウインナー(あらびき、行者にんにく、チーズ&チーズ)120g×各1、自家製ベーコン200g×1

  • 14口が支援済み
  • お届け予定:2018年11月
支援する

10,000円

【ハニーマスタード満喫セット】
キハダハニーマスタード2個とウインナーベーコン満喫セット
内容:キハダハニーマスタード(140g)×2、自家製ウインナー(あらびき、行者にんにく、チーズ&チーズ、ハスカップ&チーズ)120g×各1、自家製ベーコン(200g)×2

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2018年11月
支援する

EZOポイントで支援

100 EZOポイント