私たちを必要とする人に出会うために札チャレラジオを一年間放送したい!

現在の支援総額

60,000

目標金額
200,000円
30%
現在の応援人数

12

延べ12
募集終了まで残り

終了

2015/12/01 00:00に終了

私たち札幌チャレンジドは、障がいを持つ人(チャレンジド)にパソコンやインターネットを教えて、社会参加と就労支援をしています。今年、活動を始めて15年が経ちました。最初はパソコンも事務所もない状況でしたが、やる気のある人たちが集まり行動することによって活動が拡がり、今では地域“公共財”としての役割も少しは担えるような、夢のような成長を遂げられました。
このような成長を遂げられたのは企業、行政、ボランティアさんなど応援してくださるみなさまのお陰です。ですが、まだまだ札幌チャレンジドの活動が知られていない一面もあるため、私たちはその活動を知っていただくためにクラウドファンディングを利用させていただくことにしました。
そして、まずはその活動の一歩として、コミュニティFM 三角山放送局で一年間、札幌チャレンジドの番組を放送し、活動内容を伝えていきたいと思います。みなさまのご支援をよろしくお願い申し上げます。   

札チャレロゴ
 

〈札幌チャレンジドとは〉

札幌チャレンジドは、障がいを持つ方にパソコンやインターネットを教えて、社会参加と就労支援をしています。

(1)就労支援
毎日約25人のメンバーが仕事に従事しています。在宅で働いているメンバーもいます。
平均年齢36歳、男女ほぼ半々、障害種別は問いません。身体(上肢・下肢)5割、精神・発達5割です。
主な仕事は以下の仕事でワークシェアしながら取り組んでいます。

・動画サイト監視業務
・航空運賃情報のデータ化業務
・ショッピングサイトデータ登録業務
・写真画像加工業務
・イベント情報編集業務
・商用イラスト作成業務
・データ入力業務
・ホームぺージ製作/更新業務
・テープ起こし
・記事作成業務
・事務局補助業務
・パソコン講師講習業務 等

企業さまの理解と協力によって、着実に受注が増え、賃金も向上しています。
(賃金の推移)
賃金の推移

(就労メンバーが働いている職場)



(2)就職支援
札幌チャレンジドでは、企業への就職支援もしています。
毎日約10名が就職を目指して、パソコンの勉強やコミュニケーションのトレーニングをしています。
—2011年11月から2015年3月まで—利用者数…47名
—就職決定者数…25名   53.2%の就職率!
職場への定着まで責任を持って取り組んでいます。

移行支援

(3)パソコン講習
札幌チャレンジドは、元々、パソコンボランティア団体として生まれました。
2000年の設立時から継続して、障がいのある人にパソコン講習をしています。
ピーク時には年間延べ3,000人に教えていました。
現在は、年間数百人に講習しています。
目の不自由な方にも音声読み上げソフトを使ってパソコン操作を教えています。
札幌市の「札幌市障がい者ITサポートセンター」も受託しています。

(パソコン講習会場)
 
 

〈札幌チャレンジドの歴史〉

札幌チャレンジドは設立して、今年で15年目を迎えました。
これからも日々様々な支援を行い続けます。
 
2000年 設立
2001年 NPO法人化
2002年 最初の常駐事務局員配置
2003年 札幌市障がい者ITサポートセンター受託
2006年 就労継続支援サービス(A型)開始
2011年 就労移行支援サービス開始


〈札チャレラジオ内容〉

ラジオの放送は、2016年1月から12月の一年間、毎週一回、30分間の放送を予定しております。 放送時間帯は、11月下旬に決まります。
ラジオでは、毎回、活動に関わっている様々な方々をゲストにお迎えします。そして、ゲストの方とのトークを通じて、札幌チャレンジドの活動内容を伝えていきたいです。MCは札幌チャレンジドのスタッフが順番に担当します。そしてこの活動が
一人でも多くのチャレンジドの役に立つきっかけとなれば幸いです。
 

<支援金額>

 支援金額は、1口 5,000円です。
ラジオ番組は一年間に約50回放送予定のため、5,000円でラジオ番組1回あたり100円の資金になります。
多くの方に番組1回あたり100円として支えていただきたいと考え、今回のリターンは、一口5,000円とさせていただきました。支援してくださった方には、個別に掲載可否を確認の上、札幌チャレンジドのホームページにお名前掲載させていただきます。
  
必要な金額:120万円(クラウドファンディングで集める金額以外の一般寄附も含みます)
クラウドファンディングでは寄付金目標80万円のうちの20万円を募集します。
(幅広い方々に支えていただきたいと願っています)
不足分の40万円は自己資金を充当します。

● 支出見込み
・ 放送料 : 80万円(三角山放送局へ支払い)
・ゲスト交通費 : 10万円
・ ラジオ起こし : 10万円(毎回、チャレンジドメンバーが文字に起してホームページに掲載します)
・事務費 : 20万円(寄付者へのお礼やクラウドファンディングの手数料等)
合 計 :120万円
※なお、目標金額に届かなった場合も札幌チャレンジドが自己負担し、ラジオ放送を実現します。

〈リターン詳細〉

リターンはカレンダーと札チャレ通信(広報誌)をセットでお贈りします。

・カレンダーに関して
カレンダーは、2016年4月~2017年3月の卓上カレンダーとなり、札幌チャレンジドのメンバーがデザインします。
カレンダーを立てる台の部分は、障がいのある人が木工で各種製品を製作しているNPO法人札幌クローバー会さんにお願いして作ってもらいます。発送までに少しお時間がかかりますが、一生懸命作りますので、楽しみにお待ちください。

・会員誌に関して
会員誌では毎月、札幌チャレンジドの活動内容、事業報告や札幌チャレンジドに関わる人たちからのメッセージなどを掲載しています。
(参考URL http://s-challenged.jp/?page_id=1970)
また、リターンとしてお贈りさせていただく広報誌は1・2月合併号となります。

(例)2015年10月号広報誌の内容
・ロゴマークとコーポレートカラーの変更
・札チャレラジオ番組開始に向けた寄附のお願い
・「障がいのある方のためのパソコンボランティア養成講座」のご案内
・就労移行支援/就労継続支援(A型) メンバー募集
・平成27年度 11月 iPad講習受講者募集集
・札チャレ講習のご案内(10, 11月)
・就労継続支援(A型)グループ紹介
・就労移行支援グループ紹介
・講習グループ紹介
・パソコン Q&Aコーナー
・事務局日誌



事務局スタッフ


皆さまのご支援宜しくお願い申し上げます。
続きを見る

支援金額とリターン

5,000円

(1)2016年4月~2017年3月の卓上カレンダーをご寄附の記念品としてお贈りします。
(2)お礼のメールと札チャレ通信である広報誌(平成28年1・2月合併号)を一部お贈りします。
*詳細は本文に記載します。
 

  • 12口が支援済み
  • お届け予定:2016年02月
受付終了