学生団体SCANが運営する、大学生の研究発表会を継続運営させたい!

すでに集まった金額

83,000

目標金額
500,000円
16%
現在の応援人数

8

延べ8
募集終了まで残り

終了

2018/11/16 00:00に終了

いくつかの大学のゼミが集まり、地域の問題や課題を取り上げて検証し解決策を提案するという実践的なゼミ研究の発表会を企画しています。これによって大学間でお互いの研究を高め合うことと、学生による地域、企業、行政へ、直接の働きかけが出来るようになります。北海道を元気にするために、学生である私たちに何が出来るのか。その研究のサポートをする団体が『SCAN』です。

 

SCANとは何か?

SCANとは「Sophisticated Community and Academics for Networking」の略称です。そこに住んでいる人や企業、自治体が大学と一緒になることで、地域をよりよくしていこうという意味が込められています。運営のほとんどを学生でやっていて、大学の先生が顧問としてサポートしています。設立のきっかけは、昨年のページにあるので見てください。主な特徴は下記のとおりです。

活動目標 ”地域社会への貢献活動を発信していくこと”
活動の特徴 ”地域社会について研究をしている大学10チーム以上が年に一度集まり、プレゼンを行い、フォーラムで発表”
2010年から、これまでに8回の研究会を開催しています。道内だけでなく、道外からも大学が参加しました。
活動の改善点 ”「課題研究発表」から「政策提案重視」に変化”

去年の研究テーマ(3部門)をご紹介!

「地域特性の活用」部門
札幌大学(中山ゼミA)
『地域活性化に若者は必要。美唄市の滞在、交流人口の増大化への提言』
美唄市の衰退は若者の流出とその原因となっている環境などにあると考えました。 そこで、RESASやアンケート分析を通じて、現状や住民の声を知り、解決策を提案しました。
※発表の詳細は動画をご覧ください。

 

「スポーツコミュニティ」部門
釧路公立大学(下山ゼミB)
『高校野球出場は地域活性化~甲子園出場は、地域を元気にするか?』
地域との繋がりのあるスポーツイベントとして甲子園に注目し、一時的なものではない活性化についての可能性、その地域ごとの盛り上がりの差などを考え、比較しました。
※発表の詳細は動画をご覧ください。

「地域イノベーション」部門
奈良県立大学(下山研究室)

『シカの経済学』ー動物資源の経済的評価ー
奈良市の観光産業を支える「奈良公園の鹿」を保護・利用することのコストやメリットをいくつかの利用価値に分け、それぞれ具体的な数値を使って分析しました。
※発表の詳細は動画をご覧ください。

2018年SCANのテーマは、「地域コミュニティ」

今年度の大会テーマは”地域コミュニティ”です。地域コミュニティとは、「地域の人々が生活、交流している場所。その住民の集団」のことで、地域をよりよくするための活動そのものです。しかし地域では、住民同士のつながりが薄くなったり、お年寄りが孤立したりするなど、色んな問題を抱えています。そのため、住民にたよった地域のあり方、そのものを変えていく必要があります。もっとたくさんの人たちに関心を持ってもらって、地域の底力を掘り起こし、よりよい街づくりをしていきたいです。

去年から、事務局が札大に!

SCAN運営局が釧路から札幌に本部を移して2年目になりました。しかし、パソコンやプリンターなどの機材がないので、新規開拓をはじめとした様々な活動に影響が出ています。また、それらを購入するための資金が私たちにはありません。

運営スタッフからのお願い!

 SCANの広報を担当しています、1年の小野です。SCANは主に学生で構成される団体なので、資金力が少なく、毎年お金のやり繰りにとても苦労しています。よりよい研究会を作るために皆さんの応援が必要です。北海道を盛り上げていくにはどうすればいいのか。その研究を頑張っている学生のためにも、また北海道の発展のためにも、どうかご支援お願いします!

 スケジュール


支援金の用途

報告集の制作費補助に200,000円
発表会の会場費、意見交流会・懇親会費の補助に150,000円
新規高校・大学開拓の交通費補助に50,000円
記録用の機材補助費に70,000円
通信機器の補助費に30,000円 
合計50万円の資金が必要となります。

リターン(お礼の品)

ご支援頂いた金額に応じて、下記のお礼の品を予定しています。

1,000円 
サンクスレター、報告集にお名前を記載(希望者)

3,000円
サンクスレター、報告集 1部・ポスターにお名前を記載(希望者)

5,000円
サンクスレター、報告集 1部、報告集・ポスター・宣伝動画等にお名前を記載(希望者)

10,000円
サンクスレター、報告集 1部、当日クラウドスポンサーとしてご招待 1名分(資料代含む)
【会場までの交通費等は自己負担でお願いします】

10,000円
サンクスレター、報告集 1部、報告集・ポスター・宣伝動画等にお名前を記載(希望者)

50,000円
サンクスレター、報告集 1部、当日クラウドスポンサーとしてご招待 5名まで(資料代・懇親会費含む)
【会場までの交通費等は自己負担でお願いします】


※1 対象者様に今年度の報告集1部を郵送させていただきます。
※2 印刷日と支援日などの関係で、名前が全ての広報物に記載できない場合があります。ご了承ください。

応募者プロフィール


『SCAN』は北海道の学生研究会です。
『SCAN』という名称は、
S
ophisticated Community and Academics for Networking」の略であり、Scan(調べる)を通じて、企業・大学を含めた地域のつながりを、よりよいものにしていこうという意味が込められています。先ほどにも言ったように『SCAN』では、私たち地方の大学生が、地域の問題に関して、学生ならでは視点を生かした研究発表を行っていきます。
さらに詳しく活動を知りたい方はこちらへ!!
https://scan-946.jimdo.com
youtube
twitter
Blog
 
続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

・サンクスレター
・報告集にお名前を記載(希望者)

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

3,000円

・サンクスレター
・報告集 1部
・ポスターにお名前を記載(希望者)

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

5,000円

・サンクスレター
・報告集 1部
・報告集・ポスター・宣伝動画等にお名前を記載(希望者)

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

10,000円

・サンクスレター
・報告集 1部
・当日クラウドスポンサーとしてご招待 1名分(資料代込)
【会場までの交通費は自己負担でお願いします】

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

10,000円

・サンクスレター
・報告集 1部
・報告集・ポスター・宣伝動画等にお名前を記載(希望者)

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

50,000円

・サンクスレター
・報告集 1部
・当日クラウドスポンサーとしてご招待 5名分
(資料代・懇親会費も含む)
【会場までの交通費は自己負担でお願いします】

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了