女性がキャリアプログラムを考えるのに役立つハンドブックを制作したい!

現在の支援総額

316,000

目標金額
300,000円
105%
現在の応援人数

48

延べ49
募集終了まで残り

終了

2016/01/16 00:00に終了

子宮美人化計画では、女性が健康で笑顔あふれる生活を楽しむために「自分のライフスタイルを自分で選択できる」セミナーや情報交換会の開催やメディアでの普及活動等、様々な活動を行っています。これらの活動を行って行く中で、手元で学べる冊子があればより多くの方へ伝えることが出来、共に学んでいけるのではということから、子宮美人化ハンドブックの制作を企画しました。

一般社団法人美人化計画とは!?

女性のQOL(Quality of Life=生活の質=笑顔あふれる毎日を送れる)向上を理念に、医療・健康・美容・教育の専門家をつなぐプラットフォームとして、2015年に発足。代表理事は、これまで約3万人の不妊女性を診てきた産婦人科医、桜井明弘。毎日クリニックで不妊の患者さんを診察する中で、若いうちからの教育の必要性を感じて「あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由(幻冬舎)」を出版し、シンポジウムを開催。大学や企業での実践報告(事例)や、専門家に登壇いただき、若い世代に必要な教育プログラム等について考えてきました。子宮美人化計画ホームページは、こちら 

主要メンバーなどはこちらをご覧ください。

いつ産む?仕事はどうする?~シンポジウムでの取り組み紹介~

2015年11月に行ったシンポジウムでは「出版」「大学でのキャリア教育授業」「企業での女性活躍推進研修」の3つの実践の報告をしました。

子供を産む産まないの選択は女性自身が決定することと考える一方で、女性の妊娠には限界があり、何歳でもできるわけではないことや、若い世代には妊娠の成立を知ることや望まない妊娠によるキャリアの中断など、婦人科医がキャリア教育や研修にどのようにかかわっているかについての話の中で、医療が他分野と連携する意義を共有しました。

参加者からは「40歳でも普通に産めると思っていたが実際はなかなか難しいということは最近知った。こういうことを早いうちから教えてほしい」「日本の性教育は避妊に偏っていて妊娠出産の神秘やすばらしさや、妊娠できなくなる年齢について誰も教えてくれない。ぜひそういう教育をしてほしい」「早いうちからの教育が必要だと思っていたのだが、実際にどのようにかかわっていけばいいのかがよくわかった」などといった感想をたくさんいただきました。
それだけでなく、「理学療法士として、医療と連携して妊娠出産にかかわる女性をサポートしたい。何かやれることはありますか?」「食生活の見直しなど、病院にかかるまえにやれることがあるはず。そういった指導をしたいし、学校に行って教えたい」というそれぞれの道の専門家から連携の申し出もいただきました。
報告してくださった大学の先生からも、自身のキャリアについて、「産む『適齢期』と仕事が軌道に乗るときが一緒で、どうキャリアを考えたらいいか。仕事を取れば出産が遅くなり、出産を取るとキャリアがある程度犠牲になる。といった課題も出てきて、より多くの立場の人たちと意見を交わす必要性を感じました。

 

3年前、医療の限界を感じた親友とのできごと

さまざまな方とつながって未来を語ったこのシンポジウムは、代表である桜井医師の3年前のある出来事から始まりました。
 
都内にも珍しく大雪が降った日、外来を終えた桜井医師のもとに親友のRからの留守番メッセージが。
 
「よう、元気にやってる? 前にも相談したけど、うちの奥さん、そろそろ本気で不妊治療始めようかな、って思って」
確か奥さんのY子さんも同級生だったはず、、。ということは42歳。さかのぼること数年前に、口うるさくそろそろこども作れよ、とアドバイスしていたのですが、すでに妊娠はかなり難しい年齢になっています。
後日、来院したY子さんは、自身が経営する会社の仕事が忙しく、産婦人科の受診もほとんどしたことがない、と。
診察すると不妊の原因となりそうな大きな子宮筋腫がみつかりました。
桜井医師は、まず「年齢と妊娠率」を挙げ、40歳を過ぎると妊娠が極端に難しくなることを説明しました。次にこれまで検診、治療を受けてこなかった子宮筋腫は不妊の原因になること。
最後に仕事に忙殺され「食事や睡眠、生活習慣が乱れている」ことから排卵さえも上手く行っていない可能性を説明し、現状では妊娠は極めて難しいとの結論を伝えました。
 
それでも夫妻の熱意にほだされ、桜井医師はまず子宮筋腫の手術を提案。自ら執刀し、不妊の原因のひとつを取り除きました。続いて不妊治療としては、あくまでも彼女に時間がないため、最終段階となる体外受精を、一足飛びに開始しました。通常の段階を踏むと、年齢的にも卵子がどんどん老化してしまうためです。
 
Y子さんは忙しい中、時間をやりくりして一生懸命治療に通いましたが、そもそも体外受精に必要な卵子がなかなか採れませんでした。原因のひとつである子宮筋腫を手術で取り除いても、食事や睡眠、適度な運動といった「ごく当たり前の」生活習慣を整えないとよい卵子が採れず体外受精さえも行えないのです。
 
半年、1年が過ぎ、夫妻は治療に疲れ、とうとう妊娠を諦めるという結論に至りました。
 
桜井医師は、言います。「私は、彼と小学校の時から一緒にすごしていました。成績はいいのにやんちゃで、よく一緒にいたずらをして叱られました。一方で人間的な魅力があり、スポーツ万能、クリエイティブな才能もある彼のことは親友ながら、うらやましいと思っています。そんな彼にどんな赤ちゃんが産まれたんだろう。私も会いたかったです。あと5年、治療を開始するのが早かったら、二人に赤ちゃんを抱かせることができたはず、と思うと、我が事のように、大変悔しく、本当に残念でなりませんでした。医師としてできることはすべてやったつもりなのに、どうしても越えることのできないものがあるのだと思いました。」
 
このような患者さんは、一人や二人ではありません。日々の診療の中で、「もっと若いうちから妊娠の限界や生活習慣の重要性を知っておきたかった」「こんなに妊娠することが難しいとは知らなかった」と涙を流す患者さんに寄り添うため、桜井医師のクリニックでは、受付や看護師が常にカウンセリングや傾聴の勉強をしています。
 
 当事者である女性も、パートナーである男性も、まず正しい知識をもった上で自己決定できるような、キャリア教育プログラムが必要だと痛感しました。
 
また、現代医療のもうひとつの限界、待合室にあふれかえる患者さんひとりひとりにじっくりと時間をかけてむきあい、生活習慣の改善やカラダ作りなどに踏み込む余裕がなく、それぞれの専門家とチームになっていくことが重要だと思っています。ボディワーカーさんたちとのコラボレーションも積極的です。ハンドブック作りに協力してくださった方々ともぜひコラボレーション講座を行いたいと思います。

 


歯周病は不妊になる!?現代に必要不可欠な医師同士の横の連携

代表の桜井以外にも、高い志を持った医師がサポートドクターとして参加しています。診察室に安穏とせず、日々研鑽をかさね、さまざまな立場の人とディスカッションをし、より患者さんの役に立とうと努力をしている医師ばかりです。もちろん産婦人科だけでなく、内科、整形外科、眼科、歯科など多岐にわたっています。
そんな中でも医師同士の連携により、歯周病と不妊の関係がゼロではない可能性もわかってきました。歯周病は糖尿病や高血圧症をはじめとした万病の元。医師の連携プレーによって、病魔を克服できることも少なくないのです。
そのほか鍼灸師、骨盤矯正等のボディワーカー、セラピスト、生殖医療相談士、看護師、教育関係者など、各界の専門家が垣根を越えて笑顔の女性を増やすために支援する体制を作っていますが、もっともっといろいろな方や団体と連携しながらチームでプロジェクトを行い、イノベーションを起こせる仲間を増やしたいと思っています。

ハンドブックで学び、行動し、未来をつくる!

今年の活動を通して私たちが感じたこと。「女性の幸せ」「笑顔の毎日」を最終ゴールとするなら、まずは「教育」から。人生は選択の連続だと言われます。多くの選択肢から選び取るには知識が必要となります。そして、選び取るスキルも必要となります。
 

 


今回のハンドブックをもとに、セミナーやさまざまな専門家とのコラボレーション企画を行いたいと思います。
ハンドブック制作は、この企画に賛同してくれた雑誌の編集長だった吉田さんにお願いしました。
彼女もまた、ワークライフバランスに悩んで試行錯誤中の女性でもあるのです。

プロジェクト募集金額について

製作費:450,000円 
 ※デザイン料などは趣旨に賛同し考慮していただいますがプロの方が入ります。
印刷代:250,000円(B516ページ:1000部)
配送料:調査中
これらのうち、300,000円のご協力をお願いいたします。

ハンドブックの活用方法

ハンドブックをもとに講演を行い、授業や研修プログラムを作成します。
実際に大学生にこのプログラムを実施していき、4月と8月の自社主催の研究会で発表、精度をあげて学会発表もしていきたいと思っています。

リターン(お礼の品)について

支援を頂いた金額に応じて、下記のリターンを予定しています。
1,000円
お礼のメール

3,000円
お礼のメール+オリジナルステッカー

5,000円
お礼のメール+オリジナルステッカー+今回制作するハンドブック1冊+桜井医師執筆の書籍


10,000円
お礼のメール+オリジナルステッカー+今回制作するハンドブック1冊+桜井医師執筆の書籍
+桜井医師による相談(メール)1回+制作したハンドブック1冊

30,000円
お礼のメール+オリジナルステッカー+今回制作するハンドブック1冊+桜井医師執筆の書籍
+桜井医師による相談(メール)1回+冊子にお名前掲載

100,000円
お礼のメール+オリジナルステッカー+今回制作するハンドブック1冊+桜井医師執筆の書籍
+桜井医師による相談(メール)1回+冊子に広告掲載(4分の1)

200,000円
お礼のメール+オリジナルステッカー+今回制作するハンドブック1冊+桜井医師執筆の書籍
+桜井医師による相談(メール)1回
+冊子にお名前掲載
+女性の妊娠出産・不妊・卵子凍結、その他、産婦人科領域の出張講演
(日程、交通費などは別途ご相談いたします。)

2015年12月7日追記
当プロジェクトは、女性の妊娠などに関する知識の普及を目的としております。そのため、特定の宗教の布教活動に利用される場合や連鎖販売その他のいわゆるマルチ商法等に利用される場合その他の女性の妊娠などに関する知識の普及という目的に合致しない用途でリターンを利用される場合には、クラウドファンディング成立後であっても拠出いただいた金銭相当額をお返しすることでリターンの提供の全部とみなすことができるものとします。

私達が目指すゴール

若い女性が望めば、いつでも赤ちゃんを産むことができるようにするためには、当事者の女性への啓発だけではなく、男性、特に企業のトップや管理職など、社会の意識を変えていく必要もあります。
つまりいつでも赤ちゃんを産めるカラダと社会を作ることがこのプロジェクトのゴールです。

主催者からのコメント


皆さんからのご支援お待ちしています!
続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

お礼のメール

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2016年02月
受付終了

3,000円

お礼のメール+オリジナルステッカー

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2016年02月
受付終了

5,000円

残り26口

お礼のメール+オリジナルステッカー
+桜井医師執筆の書籍
+今回制作するハンドブック1冊

  • 24口が支援済み
  • お届け予定:2016年02月
受付終了

10,000円

残り12口

お礼のメール+オリジナルステッカー
+桜井医師執筆の書籍
+今回制作するハンドブック1冊
+桜井氏による相談1回(メール)

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2016年04月
受付終了

30,000円

残り7口

お礼のメール+オリジナルステッカー
+桜井氏執筆の書籍
+今回制作するハンドブック1冊
+桜井氏による相談(メール)1回
+冊子にお名前掲載

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2016年04月
受付終了

100,000円

残り4口

お礼のメール
+オリジナルステッカー
+桜井氏執筆の書籍
+今回制作するハンドブック1冊
+桜井氏による相談(メール)1回
+冊子に広告掲載(4分の1)

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2016年04月
受付終了

200,000円

残り2口

お礼のメール+オリジナルステッカー
+桜井氏執筆の書籍
+今回制作するハンドブック1冊
+桜井氏による相談(メール)1回
+冊子にお名前掲載
+出張講演(詳細は本文掲載)

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2016年04月
受付終了