鉄の街から「鉄のクラフト」を発信したい!~トンテンカンプロジェクト始動!~

現在の支援総額

53,500

目標金額
1,000,000円
5%
現在の応援人数

10

延べ13
募集終了まで残り

終了

2017/04/01 00:00に終了

室蘭は鉄の街、ものづくりの街と言われながら、一般市民、子どもたちには何も伝わっていない。 室蘭ならではの鉄のものづくりの体験を通して、万人にものづくりの面白さを重要性を認識してもらいたい。その中でも特に子供たちに自分で「もの」を生み出す事の楽しさを与えるキッカケを提供したい。将来を担う子供たちに、与えられてばかりの子供たちに、この「もの」で溢れた世の中で、新しい「もの」目に見えるものばかりでなく見えない「もの」をも創造する必要性を感じてもらう機会を創りたい! さらに、赤く熱した鉄を叩いたり、ねじったりして作るキーホルダーやマグネットなどの制作体験イベントを定期的に開催して得たノウハウと、「あんなモノが欲しい!」「こんなモノは作れるの?」という声から産まれる鉄の街、室蘭発の「鉄のクラフト」を発信したい!

鉄の街、室蘭とは!?

室蘭は『鉄の街』として知られ、そして栄えてきました。鉄は重厚で長大な産業として室蘭を支えてきたわけですが、生産量の減産に伴い人口も急速に減少しました。


工場の夜景はとても綺麗です。

テツプロの成り立ち

私たち「テツプロ」はこの鉄冷えの街室蘭に危機感を覚え、何とか昔の様な活気の溢れた街にしたいと当時40代に満たない若手の経営者が一念発起し2004年に産声を上げました。 室蘭と言えば「鉄」。では鉄を題材にして町興しに活用できないかと様々なアプローチをしてきました。 『鉄』を愛でること、触れること、加工すること、あるいはそれを食べることなど、もっと鉄と人との身近な関係があるはずです。私たちは、このような人と『鉄』の身近な関係に焦点をあて、それらをうまく用いながら、室蘭の街を新たに盛り上げようと活動をしてきました。 2005年に鉄の溶接や加工を体験できるイベント「アイアンフェスタ」を開催した際に、溶接体験で人気だった鉄の人形を改良してボルト人形「ボルタ」が誕生し、「ボルタ工房」を開設して十人以上の雇用を生み出すことに成功しました。現在では沢山の人々に支えられ、130種類以上、月産3,000個を超える室蘭を代表する物産品にまで成長することが出来ました。 一方で2007年から街の家具屋さんの倉庫を借用し「輪西8条アトリエ」を開設して、鉄の芸術家の卵の方々に制作活動の場を提供するチャレンジプログラムを開始しました。その間に制作に必要な器材を少しずつ少しずつ増やして現在に至ります。

アイアンフェスタの様子




ボルタ工房の様子




輪西8条アトリエの制作体験の様子



本プロジェクトのトンテンカンプロジェクトとは!?

トンテンカンプロジェクトとは、鉄を通じて街づくりを行うプロジェクトです。具体的には、鉄を加熱しハンマーで変形させるなどの、鍛造で製品を作っていくことを目指します。この製法は、ヨーロッパの各地では親しまれているロートアイアン(鍛鉄)とも呼ばれています。
「鉄の街室蘭ならではのアイアンワーク製品で、たくさんの工房が作られる事により雇用が産まれ、製品を買いにたくさんの観光客が訪れ、ものづくり体験をする事により街に回遊が産まれ、街が活気を取り戻す!!」
こんな途方もない夢を目指すプロジェクトです。

『トンテンカンプロジェクト』の“トンテンカン”とは、炎で赤らめた鉄をハンマーで叩いて鍛える際の音を表現しました。手作業で鉄をはじめとした金属を加工して、色々なモノやカタチを生みだす人が沢山いる。室蘭の街を歩くと“トンテンカン、トンテンカン”と方々から槌音が聞こえる。そんなまちの姿を思い描きトライするプロジェクトでもあります。

「トンテンカンプロジェクト」に取り組み始めたきっかけ

『鉄のまち』として知られている室蘭ですが、室蘭の街の中を歩いて、実際のところどれくらい『鉄のまち』を感じられるでしょうか。2004年、市民の手で“室蘭の特性を活かしたまちづくり”に取り組もうと、NPO法人テツプロの前身となる任意団体鉄の街プロジェクトを立上げました。
立上げ当初から、室蘭と言えばやはり『鉄のまち』だと、『鉄』にこだわることが活動の柱になりました。しかしながら、“製鉄所や工場のある地域”という事以上に『鉄のまち』らしさを感じられる場面にはなかなか出会えません。『鉄のまち』に住んでいても、とりわけ『鉄』が身近なものというわけではないんだなぁ、と思ったりもしました。室蘭の街の中で『鉄のまち』らしさに出会う場面を少しずつ増やしていく。これが私たちの取り組む、市民による『鉄のまち』づくりです。

大掴みですが、次のような作業を行き来しながら進めていきます。
①鉄その他の金属を加工した工芸品・日用雑貨などを造る工房の整備

②ものづくり体験イベント等で出展してきたクラフトの見直し
③鉄のまちクラフト作製のためのリサーチ、モニタリング
④新規の販路開拓を含めた販売計画
⑤製作・販売から製作体験への展開
⑥作り手の育成、体制づくり

皆様のご支援が励みとなります。
このプロジェクトで生みだす鉄のまちクラフトが、思わず手に取ってしまう魅力的な逸品になるよう、地元である室蘭に住む方々や室蘭を離れた方々にいいね!と言ってもらえるよう、皆様の力を貸して頂けたら幸いです。

クラウドファンディングで必要な経費

今回のプロジェクトに取り組むにあたり、下記の費用が必要になってきます。
商品開発費    500,000円       制作費(人件費) 300,000円  
販売促進費    100,000円       広告宣伝費    100,000円

スケジュール

2017年5月上旬までに「鉄のクラフト」新商品を開発して販売を開始する。

お礼の品(リターン品)

支援頂きました金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

500円

サンクスレター

1,000円 

ボルタのポストカード1~10までのお好きなカードを1枚

5,000円 

ハンマートーンキーホルダー アルファベットキーホルダー  アイアンマグネットのどれでもお一つ

10,000円

「鉄のクラフト」製作体験チケット(発行日から1年間有効)
上記のハンマートーンキーホルダーとアイアンマグネット両方の各一回の制作体験チケットを差し上げます。
コークスで真っ赤に熱せられた鐵をハンマーで叩くことができます。
制作には2時間位要しますので、余裕を持って来て下さい。1年間有効です。
制作に必要な物は何もありません。手ぶらでお越し下さい。


100,000円 

オリジナルハンドメイドアイアンクラフト4種類セットを1セット

続きを見る

支援金額とリターン

500円

サンクスレター

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2017年05月
受付終了

1,000円

ボルタのポストカード10種類のなかから、お好きな1枚を差し上げます。

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2017年05月
受付終了

5,000円

ハンマートーンキーホルダー、アルファベットキーホルダー、アイアンマグネットの中からお好きな物をお一つ差し上げます。

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2017年05月
受付終了

10,000円

ハンマートーンキーホルダーとアイアンマグネット(大・中・小どれか一つ)両方の制作体験チケット(1名)を差し上げます。完成品は勿論持ち帰りできます。体験期間は、発効日より1年間有効ですので、都合の良いときに体験しに来て下さい。

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2017年06月
受付終了

100,000円

残り10口

オリジナルハンドメイドアイアンクラフト4種類をセットにしてお届け致します。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2017年06月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了