JunichiOkada

3つのプロジェクトを支援しています。

会社員として勤務する傍ら、「北海道ムスリムインバウンド推進協会」を設立。 同協議会ではムスリムゲスト受入拡大を目指して事業者様と共に「ハラール認証」に頼らない【情報開示型】の対応を推進しております。また『札幌を「食のバリアフリー」な街にする』ことを目標に、米粉を使ったグルテンフリー対応やベジタリアン対応の推進で、北海道の「食」ファンを拡大すべく活動しています。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    13,000円(3%)

札幌を「食のバリアフリー」な街に! ~世界中に札幌のファンを増やそう~

 「食」に制限がある方にも、札幌の「食」を堪能していただき「札幌に来てよかった!」あるいは「札幌に行ってみたい!」と思っていただきたい。そして『札幌は「食のバリアフリー」な街』と理解していただくために、受入可能な飲食店のプロモーション動画を制作するプロジェクトを実施したいと考えています。  ASEANを中心としたインバウンド需要は増えていく一方でムスリム対応やベジタリアン対応、そして世界に蔓延するグルテンアレルギー対応等は多くの飲食店が追いついていません。また、せっかく対応している飲食店があっても「うまくPRできていない」という課題があります。そこで「食のバリアフリー」によるおもてなしを拡大したく取り組んでいきますので、応援宜しくお願いします!