CancerSupportHokkaido

1つのプロジェクトを支援しています。

NPO法人キャンサーサポート北海道は、北海道でがんに関する支援や啓発、教育を広く行う特定非営利活動法人です。患者・家族などの当事者だけでなく、医療者や支援者、行政関係者などがんに関わるさまざまな人がつながり、患者サロン、勉強会や研修会、患者や家族の「夢をかなえる」プロジェクトを通じ、「がんになっても希望を持って暮らせる社会にしたい!」との想いから活動しています。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    375,000円(107%)

北海道でがんとともに生きる人々の体験記を出版したい!

北海道のがん患者の体験談を集めた本を作って多くの人に届け、がんやがん患者に対する見方や偏見を変えたい!  私たちはNPO法人キャンサーサポート北海道の「がんの語り手養成講座」に参加したがん患者・体験者です。北海道のがん患者の体験談を集めた本を作って多くの人に届け、「がんやがん患者に対する見方や偏見を変えたい!」との思いから、がん体験記出版プロジェクトをはじめました。 原稿と本の表紙のイメージを手にする出版プロジェクトメンバー   私たちが作りたいのは、芸能人や有名人の体験記ではなく、私たちにとって身近な、北海道で暮らし、北海道で治療を受けた普通の人々の体験集です。それを自費出版ではなく、書店に並び、新聞にも広告が載る、単行本として出版したいと思っています。  ひとつのがん体験記が、  別の患者さんを勇気づけるかもしれません。  がんやがん患者に対する社会の見方や偏見を変えるかもしれません。  がんになっても生き生きと暮らす人々、日々を大切に生きる人々がいることを、知ってほしいのです。  この夢を実現するため、「応援者」をクラウドファンディングを通じて募集します。日々を生きる生活者としてのがん患者や体験者の姿を伝え、多くの人とわかちあいたい。貴重な体験を子供に残したい、誰かに伝えたい。がん患者と家族が自然体で生きられる社会にしたい。 皆さまの温かいご支援をいただけると嬉しいです。