fb_kurume

0つのプロジェクトを支援しています。

 筑後川水問題研究会とくるめ革新懇話会が、NPOフードバンク北九州『ライフアゲイン』の原田昌樹理事長を講師に迎え2014年と2015年の2年連続フードバンク講演会をきっかけに、市民ボランティアに「筑後地方にもフードバンクが欲しい、つくりたい」気運が起こりました。しかし、いざ設立となると、先行する福岡県下の3フードバンク(北九州、福岡、ふくおか筑紫)がまず倉庫の確保に苦労している実情を見聞きして二の足を踏んでおりました。現代表の浦川は昨年末、母親からの遺産相続を次世代に投資することに決め、久留米市城島町に約150坪の中古倉庫兼事務所を購入しました。任意団体「フードバンクくるめ」は福岡県で第4番目、県南初のフードバンクとして、25名の参加でこの4月29日に設立総会を経て発足しました。まず、食品寄贈企業の開拓をしながら、子ども食堂への食品提供を皮切りに、福祉施設など支援先を広げ、最終的には個々の生活困窮家庭へ定期的な食品支援を目標にしています。当フードバンクは行政とも連携を取り合い活動を進めると共に、農業地帯を背景に米や農産物を供給することで、福岡県が主導して食品を合理的に分配する県下のフードバンク連携システムに参加します。そして、長期的な活動が対外的な信用度アップと倉庫や車などの不動産所有が可能になる来年4月にNPO法人化をめざしています。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    73,000円(13%)

フードバンクくるめに玄米保冷庫を

この4月に設立されたばかりの「フードバンクくるめ」では、数トン収納できる2坪サイズのプレハブ型玄米保冷庫を購入したいと考えています。筑後地方の農家は自家用に玄米を保管していますが、余剰の古米・古々米を持て余しています。これらの古米を農家から寄贈していただき、長期間に渡り品質を落とさずに保管できる玄米保冷庫に蓄え、需要に応じて精米後、福祉施設・子ども食堂・生活困窮家庭・里親家庭などに無償提供したいと考えています。「無償で提供された食品を無償で配る」という収益性がまったくないフードバンク事業は、みなさまのご理解と支えがなくては成り立ちません。どうか玄米保冷庫購入のため、ご支援をよろしくお願いいたします。 2坪サイズプレハブ型玄米保冷庫(写真提供:プレハブ冷蔵庫.com)