tsunami_kataribe

0つのプロジェクトを支援しています。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    26,000円(7%)

「つなみ動物ものがたり」冊子を制作して、防災の大切さを語りつなぎたい~つなみの教え~

25年前の1993年7月、日本海側で発生した北海道南西沖地震津波を経験した私は、スマトラの悲惨な現場を見て、一瞬の差で生と死が分かれる津波の恐ろしさを改めて痛感させられました。今後、どんな時間帯で、どこに津波が襲ってくるかわかりません。私自身は、幼い頃に「高台に逃げる」ことを学んだので助かることが出来ました。皆さんだったら、尊い命を途中で失わないために、どうしておけばいいと思いますか?そう考えた時に、自分の体験を元に、小さい子どもたちでも正しい避難、間違った避難がわかる様に冊子を作りたいと考えました。 世界共通語の『TSUNAMI』。島国日本はいままで幾多の津波被害を受けてきました。昭和35年5月に起こった南米チリ地震による津波で、日本では142名が犠牲となりました。それから半世紀、2011年3月11日(金)14時46分、東北地方太平洋沖地震による津波で2万人の犠牲者が発生。今もなお、行方不明者がいる中、私に出来ることを語り継いでいく為に、今回は、幼児を対象とした動物の防災絵本「つなみ動物ものがたり」の冊子をつくろうと思います。