T.ayako

2つのプロジェクトを支援しています。

髙橋綾子。1985年福島県生まれ。2009年東北学院大学大学院人間情報学科前期博士課程修了。環境調査会社に勤務。東北地域の山々を歩き回る。多くの木材商人が「山にはもう木がない。」と嘆く一方、多くの林地残材が存在している現実に矛盾を感じ、作り手となることを決意。退職後、宮城、山形、東京で木工を学び、挽き物の世界に入っていく。2014年北海道中川町へ移住し、森の木々も、我々の生活も、どちらも豊かであるバランスを考えながら、木を選び、大切に使う、そんなものづくりを続けて行けるよう日々奮闘中です。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    237,500 (47%)

置き去りの木に命を吹き込む木工作家の出版プロジェクト~木との対話をかたちに~

「地域の未利用材を利用したものづくりがしたい。」と決意してからの5年間、木と向き合い、作品を作り続けてきました。この体験を経て、山地未利用材を利用したものづくり活動についてより詳しくわかりやすくご紹介できるような本を出版したいと考えるようになりました。作品を通じて「木」を語る以外に、文字を通じて「木」を知ってもらいたい。製作する本を読んで、もっと身近に木を感じられるような出会いがあると嬉しいなと思います。応援をどうぞ宜しくお願いします。