三菱ミラージュ&関根正人、全日本ラリーチャンピオンへ最後のチャレンジ!

現在の支援総額

905,000

目標金額
500,000円
181%
現在の応援人数

67

延べ68
募集終了まで残り

終了

2015/09/14 00:00に終了

プライべーターでも闘える事を証明したい

あらゆる条件の道を最速で走り抜ける競技、ラリー。私、関根正人は20代の頃から北海道をベースに全日本ラリー選手権に参戦してきました。「古い車でも腕次第で最新のマシンと互角に闘える」、そう考え、実際に約20年前の三菱ミラージュで2013年のラリー北海道でクラス優勝を飾るなど、実績を残してきました。そんな中、今年6月、来年からミラージュを含む古い車を全日本ラリー選手権から締め出すルールが突然発表されたのです。

当初の予定では、今年は1戦か2戦、無理の無い範囲でミラージュで参戦し、今後も長く出場し続けていくつもりでした。そこに寝耳に水のルール改正。 「来年から出られなくなるなら無理してでも今年頑張ろうか」 「ミラージュで出場できる最後のシーズンで好成績を残したい」 という思いが強くなり、シーズン途中からシリーズ参戦へ向けて動きだしました。現在は参戦した第4戦と第5戦で2戦2勝と好成績を収めており、シリーズチャンピオンの可能性は十分に残っています。また、全日本選手権はこれまでシリーズ2位が最高で、年齢的にもシリーズチャンピオンを狙う最後のチャンスという思いもあります。しかし現実をみれば、ほぼ自己資金のみで全日本ラリー選手権で上位を狙うのは生半可なことではありません。参戦にかかる費用を捻出し、車両も中古車から製作した競技車両を自分達でメンテナンスしての出場です。

シーズン途中、しかも古い車と言う事もあってスポンサーがつきにくく、資金的に厳しい状況が続いています。 ミラージュ&関根正人の最後のチャレンジに皆さまの力をお貸しください。

全日本ラリー選手権とは

映像や雑誌で、海外の森林地帯や市街地を乗用車が全速力で駆け抜け、それをたくさんの観客が見つめている映像を見たことがあるかもしれません。それがラリーです。WRC(世界ラリー選手権)を頂点として世界中で行われているモータースポーツで、F1のようにサーキットを走るレースとは違い、自分たちの車と同じ市販車をベースにしたマシンが普通の道を信じられないスピードで駆け抜ける姿が世界中の観客を虜にしています。

そのラリー競技の日本国内で最上位の大会となるのが全日本ラリー選手権です。車両の排気量や改造内容でいくつかのクラスに分けられており、私たちはハイパワー4WDで有名な「ランサー」や「インプレッサ」等のクラスの次のクラス、「JN-5」クラスに参戦しています。今年は年間9戦が予定されており、各大会の成績に応じて与えられたポイントの合計により、クラスごとに年間チャンピオンが決まります。

主要戦績
2015年 全日本ラリー選手権JN-5クラス 現在シリーズ3位
2013年 全日本ラリー選手権「ラリー北海道」にスポット参戦 JN-3クラス(当時) 優勝
2008年 全日本ラリー選手権JN-2クラス(当時) シリーズ5位
2003年 全日本ラリー選手権4輪駆動部門Bクラス シリーズ2位
2002年 全日本ラリー選手権4輪駆動部門Bクラス シリーズ2位
2000年 全日本ラリー選手権4輪駆動部門Bクラス シリーズ2位

写真3

現在の状況

第4戦「ARKラリー洞爺」、第5戦「がんばろう!福島MSCCラリー」ではミラージュが得意とするグラベル(未舗装路)でのラリーということもあり、2連勝する事が出来ました。そして、現在シリーズ途中からの参戦にもかかわらず僅差のシリーズ3位につけており、十分に年間チャンピオンを狙える位置にいま す。次の第6戦、群馬県のターマック(舗装路)で行われる「モントレーin嬬恋」にもエントリーしています。

参戦資金のご協力をお願いします。

1戦あたりの参戦経費はエントリー費、滞在費、メカニック日当、メンテナンス費用など最低でも50万円程度かかります。中でも、シリーズチャンピオンを狙う上で最も重要となる一戦が第7戦「ラリー北海道」ですが、アジアパシフィック選手権と併催ということもあり、スペシャルステージ(タイムを競う区間)の距離も他のラリーの3倍程度あり、車両の整備代やスペアパーツ代を含めると参戦経費も他のラリーの2~3倍かかってしまいます。

「ラリー北海道」は地元北海道での開催で2年前にも優勝している得意のイベントですし、シリーズチャンピオンを狙うには出場しないわけにはいかない大会でもあるため、スポンサー活動も行ってはいますが、参戦資金がとても厳しい。そこで皆さまのご協力をいただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。

写真5

経費と集めた資金の使い道について

残り4戦で総額約200万必要となりますが、自身の収入やスポンサー集めだけでは必要資金がすべてまかなえない状況です。今回は約1戦分にあたる50万円を設定しておりますが、より多くのご協力をいただけるようどうかお願いいたします。

主な内訳
ラリー北海道に向けた50万円の場合、
エントリー代 25万円
ガソリン代(主催者指定の\370/Lの燃料を購入する必要があります) 約5万円
宿泊費 選手2名(2名1組で戦います)+メカニック2名×5泊 約12万円
他、メカニック日当、レンタカー代等

リターン詳細

〈オリジナルステッカー〉
サイズは縦10cm×横10cm、色は紺色と白色となります。


〈車体にサポーターネーム〉
サイズは縦5cm×横15cmとなります。
お名前は個別にお伺いさせていただきます。

〈優勝した第4戦、第5戦分のインカーDVD〉
イメージは下記となります。


〈車体にサポータースペース〉
スペースを広告のように使用します。
車体サイドに設ける予定です。
こちらは要相談となりますので個別にご連絡します。


〈ダートコースにてコ.ドライバー体験〉
場所は北海道千歳市の新千歳モーターランドダートコースにて行う予定です。
日時は指定していただけますので個別にご連絡します。
『コ.ドライバー』とは、ドライバーの運転を補助する人のことです。
ナビのような役割で、コースを熟知し、ドライバーに指示を出します。
ラリーは2人1組のスポーツなので『コ.ドライバー』は大切な存在です。

続きを見る

支援金額とリターン

5,000円

お礼のメール
オリジナルステッカー
(詳細は本文中に記載します)

  • 23口が支援済み
  • お届け予定:2015年09月
受付終了

10,000円

残り0口

お礼のメール
オリジナルステッカー
車体にサポーターネーム(小)
優勝した第4戦、第5戦分のインカーDVD
(詳細は本文中に記載します)

  • 30口が支援済み
  • お届け予定:2015年09月
受付終了

20,000円

残り18口

お礼のメール
オリジナルステッカー
車体にサポーターネーム(小)
優勝した第4戦、第5戦分のインカーDVD
ダートコースにてコ.ドライバー体験
(詳細は本文中に記載します)

  • 12口が支援済み
  • お届け予定:2015年09月
受付終了

50,000円

残り9口

お礼のメール
オリジナルステッカー
優勝した第4戦、第5戦分のインカーDVD
ダートコースにてコ.ドライバー体験
車体にサポータースペース(※要相談)
(詳細は本文中に記載します)

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2015年09月
受付終了

100,000円

残り3口

お礼のメール
オリジナルステッカー
優勝した第4戦、第5戦分のインカーDVD
ダートコースにてコ.ドライバー体験
車体にサポータースペース(※要相談)
(詳細は本文中に記載します)

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2015年09月
受付終了