「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」で、北海道の魅力ある景観を伝えたい!

現在の支援総額

249,000

目標金額
200,000円
124%
現在の応援人数

15

延べ33
募集終了まで残り

終了

2016/10/15 00:00に終了

公益社団法人北海道宅地建物取引業協会と北海道では、北海道の魅力ある景観を発信するために「空き家のある風景 ポエム・フォトコンテスト」を実施する予定であり、この度、事業費の一部について皆さまのご支援をお願いするものです。

1.少子高齢化と過疎化が生む社会の現代病

近年、人口減少や既存住宅の老朽化、住宅に対する社会的ニーズの変化に伴い全国的に空き家が増加しています。
 道内における空き家は、年々増加傾向にあり、平成25年の国の調査によると、空き家の戸数は約39万戸、住宅総数に占める割合は14.1%と推計されています。今後も、全国的な少子高齢化の傾向とともに、北海道では大都市以外の過疎化も深刻になっており、さらなる空き家の増加が予想されます。



2.管理されなくなった空き家の行く先は・・・

人の管理が行き届かなくなった空き家は、傷みの進み具合も早くなり、やがて崩壊していきます。そうした空き家は、通行人などに危害を及ぼしたり、付近の交通に悪影響を生じさせたり、防犯など周囲の環境や衛生状態を悪化させ、地域のコミュニケーションも衰退させたりするほか、観光立国である北海道の景観を阻害するなど、多くの問題が生じます。
わたしたちは、こうした空き家が廃墟のような状態になる前に流通させることによって、北海道のすばらしい景観を維持していきたいのです。



※朽ち果てた空き家。こうなる前になんとかしたい。

3.わたしたちは日々空き家対策に取り組んでいます

北海道では、道が平成27年12月に「北海道の空き家等に関する取組方針」を策定し、様々な空き家対策に取り組んでおり、平成28年4月には、「北海道空き家情報バンク」を開設して、道内にある空き家の流通促進を図っています。
当北海道宅地建物取引業協会では、適正に管理された空き家の流通を促進するため、関係団体と手を取り合い、道と協定を結び、日々、道の空き家対策に協力を行っているほか、道から「北海道空き家情報バンク」の運営の委託を受けて、登録物件の発掘や登録の促進を図っていくことなどで、空き家対策への協力を積極的に行っているところです。
「北海道空き家情報バンク」には、札幌への通勤圏内にある空き家・空き地や、十勝平野の広大な大自然の中にある空き地、道東の温泉付き空き家など、多彩な物件247軒(7月末現在)の空き家・空き地が登録・掲載されており、延べ1万5千人以上の方がこのバンクにアクセスし、物件を閲覧しています。

※「北海道空き家情報バンク」トップページ
 https://www.hokkaido-akiya.com/
 
わたしたちは、北海道への移住などに興味のある人に対しても、積極的にバンクの利用をアピールしているほか、転居や施設入所などで、その家に住むことや管理がやむなくできなくなったときは、バンクに物件を登録するようおすすめしています。
「北海道空き家情報バンク」は、売買だけでなく、賃貸の登録をすることもできます。
 また、「北海道空き家情報バンク」への登録料や利用料が無料です。(宅建事業者が仲介した場合には仲介手数料が必要となります。)
北海道内の空き家や空き地の有効活用を通して、移住・定住の促進や住宅ストックの循環利用を図るとともに、地域の活性化や北海道の美しい景観を維持につなげていくため、是非、「北海道空き家情報バンク」の登録・利用を!

4.空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト開催に力を貸してください!

北海道にはすばらしい景観として守っていきたいものがたくさんあります。
北海道宅地建物取引業協会と道では、「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」を、目標金額達成後の9月下旬頃から実施し、北海道らしい「空き家」や北海道への移住などをテーマとした詩などの文芸作品や写真を全国から募集します。
優秀な作品は、インターネットサイトや、ポスター、リーフレットなどで、「北海道空き家情報バンク」のPR素材として活用するとともに、北海道への移住促進などでも活用され、全国のみなさんに北海道の魅力ある景観として伝えていきます。
そして、これにより、北海道内に点在する空き家のイメージ改善や、流通の活性化を目指すとともに、北海道外からの移住・定住者の増加を目標としていきます。
このクラウドファンディングを通して、皆さんと一緒に良好な景観の維持や空き家問題について考え、共にこの運動・取組を盛り上げていきたいと願っておりますので、ぜひご支援をお願いします。


空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト 作品イメージ その1

空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト 作品イメージ その2

5.ご支援いただいたみなさんへ

ご支援いただいた資金については、当北海道宅地建物取引業協会が厳正に管理を行い、北海道と共催で実施する「空き家のある風景 ポエム・フォトコンテスト」の事業の運営のみに活用させていただきます。この事業に必要な経費は、コンテスト募集ポスター等の募集経費や、作詩家や写真家ら審査員の謝金、副賞金・記念品、そして、ご支援いただいた皆さんに贈呈するカレンダーや道内特産品の返礼品を含めまして、約70万円を予定しており、そのうち、36万円を皆さんからのご支援に頼ることを計画としておりますが、まず、20万円のご支援をいただくことを第1の目標といたしました。

リターン

ご支援いただいた皆さんには、ささやかではありますが、次のお礼をさせていただきたいと存じます。

3,000円

・「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」のカレンダー 1部
※上記コンテストの優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの
~平成29年3月ころに発送いたします。 ~
※写真はイメージです。

5,000円

・上記カレンダー 1部
・次の北海道道内市町村の特産品の中から、1点
 ① 鷹栖特産品セット1(鷹栖町)
 【内容】オオカミの桃(トマトジュース)2本、鷹栖産米ななつぼし3合
    
 ※トマトジュース「オオカミの桃」は、完熟トマト100%の贅沢な逸品。
  トマト本来の甘味と酸味がマッチした、人気のジュースです。
  道内屈指のお米の産地である鷹栖町自慢の”ななつぼし”と一緒にお届けします。

 ② おとふけ乾麺セット(音更町)
 【内容】うどん2袋、平打ちうどん2袋、そうめん1袋、ひやむぎ1袋
    
 ※北海道小麦100%。腰の強い。歯切れのよい麺です。

 特産品については、いずれも平成28年12月までに発送いたします。

10,000円

・上記カレンダー 1部
・次の北海道道内市町村の特産品の中から、1点
 ① ピュアホワイトスープセット(南幌町)[限定10セット]
 【内容】ピュアホワイトドレッシング190ml×3本、ピュアホワイトスープ(2~3人分)
    
 ※南幌町が発祥地の白いとうもろこし「ピュアホワイト」で作ったドレッシング。
  キャベツの千切りなど、野菜にたっぷりかけて召し上がれ。甘ーいんです。

 ② 鷹栖特産品セット2(鷹栖町)
 【内容】オオカミの桃(トマトジュース)3本、鷹栖産米ななつぼし5kg
    
 ※トマトジュース「オオカイの桃」は完熟トマト100%の贅沢な逸品。
  トマト本来の甘味と酸味がマッチした、人気のジュースです。
  道内屈指のお米の産地である鷹栖町自慢の”ななつぼし”と一緒にお届けします。

 ③ おとふけ特産品よくばりセット(音更町)
 【内容】うどん1個、平打ちうどん1個、そうめん1個、ひやむぎ1個、十勝の煮豆3個(黒豆、あずき、金時豆)、甘納豆金時1個、スープバラエティミニ1セット、黒豆きな粉1個、音更大袖茹で大豆1個、つぶあん1個
     
 ※乾麺は北海道小麦100%で腰の強い歯切れのよい麺です。
  煮豆は甘さを抑えた甘露煮タイプの薄味仕立てです。
  イソフラボン含量が豊富な音更大袖振大豆が簡単に食べられる音更大袖茹で大豆。
  サラダに入れてもよし、かき揚げに使うもよし、80gの使いきりサイズです。

 特産品については、いずれも平成28年12月までに発送いたします。

~ まちの紹介 ~

南幌町(なんぽろちょう)

札幌から東へ焼く20kmに位置する南幌町は、農業を基幹産業とした田園風景豊かな町です。
天然温泉でゆっくり疲れを癒す「南幌温泉」があり、全国放送で紹介された「キャベツ天丼」を味わえます。
都市近郊型農業の発展と先進技術を導入し「安全で安心」な農作物の生産を行っております。

鷹栖町(たかすちょう)

上川盆地の西側に位置し、雄大な田園風景が広がる鷹栖町は、農業が基幹産業であり、道内屈指のお米の主産地です。
農産物も豊富で、安全・安心な食を提供しています。また、子育て支援も充実しており、中学生までの医療費無料化、放課後児童クラブの充実など、子育て世代に優しい施策を行っています。

音更町(おとふけちょう)

十勝平野の中央に位置し、農業と観光の盛んな町、音更町。
農業は、小麦、小豆の作付け日本一のほか、ビート、ばれいしょ、豆類、そ菜などが作られており、酪農も盛んです。
観光では、世界でも珍しい「モール温泉」の「十勝川温泉」があり、多くの観光客が訪れています。

皆さんのご支援よろしくお願いします!




 
続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

・カレンダー 1部
※「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」の優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2017年03月
受付終了

5,000円

・カレンダー 1部
※「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」の優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの
・北海道道内市町村の特産品
 「鷹栖特産品セット1(鷹栖町)」

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2016年12月
受付終了

5,000円

・カレンダー 1部
※「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」の優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの
・北海道道内市町村の特産品
 「おとふけ乾麺セット(音更町)」

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2016年12月
受付終了

10,000円

残り6口

・カレンダー 1部
※「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」の優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの
・北海道道内市町村の特産品
 「ピュアホワイトスープセット(南幌町)」

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2016年12月
受付終了

10,000円

・カレンダー 1部
※「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」の優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの
・北海道道内市町村の特産品
 「鷹栖特産品セット2(鷹栖町)」

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2016年12月
受付終了

10,000円

・カレンダー 1部
※「空き家のある風景ポエム・フォトコンテスト」の優秀作品を編集した平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)のもの
・北海道道内市町村の特産品
 「おとふけ特産品よくばりセット(音更町)」

  • 11口が支援済み
  • お届け予定:2016年12月
受付終了