北海道夕張市にネットやIT好きが集まるギークハウスを作りたい!

現在の支援総額

533,000

目標金額
800,000円
66%
現在の応援人数

15

延べ23
募集終了まで残り

終了

2016/02/01 00:00に終了

最近、東京都内を中心にコンセプト型のシェアハウスが増えています。その中でもインターネットやITが好きな人々が集まるシェアハウスは「ギークハウス」と呼ばれています。全国で20拠点以上の「ギークハウス」が都内や地方などに出来ており、現在もその数は増える一方です。また、「ギークハウス」はたくさんの面白いアイデアを持った人々が集まる場所でもあるので、そこからさまざまな活動が生まれる可能性があります。そしてその「ギークハウス」を北海道夕張市にも作り、そこを拠点としてさまざまな活動を行いながらコミュニティを通じて情報を発信していきたいと考えています。例えば、テレワーキング(ネットを利用した就業)や花粉疎開、ツーリング、ウィンタースポーツなど様々な目的を持った人たちを呼び込み、ITに詳しい人やそうでない人も巻き込みながら、さまざまな活動を作り出していこうと考えています。そういった活動を通して、最終的に夕張市の地域活性に一役買いたいというのが今回のクラウドファンディングの主たる目的です。クラウドファンディングを利用しようと思ったのは、たくさんの人にこの活動を知って頂きたいということと、ギークハウス界隈以外の方からも支援を募り、地元や現地の方たちを巻き込みながら活動を広げていきたいと考えたからです。

(ギークハウスプロジェクトメンバー)

<<自己紹介>>

皆さまこんにちは、「ギークハウス@夕張」管理人の徳谷(とくたに)です。
この度はこのページを見ていただき誠にありがとうございます。

私は都内近郊でシェアハウスを運営しており、これから地方にも「ギークハウス」の拠点を増やしていこうと考えています。

<<ギークハウスとは>>

「ギークハウス」は、"ゆるく楽しく生きる"をモットーに、互いの価値観を尊重し合いながら生活しているシェアハウスです。エンジニアやクリエイターなど、インターネット文化やコンピューター・ITが好きな人々がたくさん住んでおり、コミュニティとしての側面もあり、ギークハウス仲間同士の横のつながりを作ることができます。

ギークハウス内では「ゆる飲み」という毎週金曜日にどこかのギークハウスで開かれる飲み会などがあり、他のギークハウスの住人や住民以外の方も気軽に参加できるイベントも企画しています。

今までに開催されたイベントの風景の写真をご覧下さい。


(ギークハウス岡山の管理人が東京に来た時に開いた一番左の彼を囲む会。みんないい笑顔)



(新宿2丁目にあるギークバーにて開催した手作りうどんの会)


(ゆる飲みでたまにボードゲームの会が突発で開かれることもあります)
 

<<このプロジェクトを始めたきっかけ>>

ギークハウスのメンバーは、インターネットやITが好きな人々が集まるシェアハウスを新たに作るべく、日本各地に旅行がてら物件を探しておりました。
そんな私たちが初めて夕張市に観光に行ったのは2015年9月のことでした。

そう、ギーク達は "旅行に出かけた際はその地域の役所に突入することを普段の習わし" としているのです。

 (いつもと同じノリで市役所に出かけたギーク達)
 

偶然立ち寄った夕張市の「市役所まちづくり企画室」にて、取り壊す予定であった物件を運良く紹介していただくことになりました。

物件の中を拝見した所、汚れた箇所は多数あったものの修繕すれば十分に使用できると考え、こちらの物件を入手・改修し、「ギークハウス」として運営を進めていこうと決めました。

それと同時に、50年ほど前に炭鉱で栄えていた夕張市が荒廃してしまった現実を目の当たりにし、かつて栄えていた面影を感じられる建物や町並みを見て、これは復興のチャンスだとも感じました。

新しいコンセプト型のシェアハウスである「ギークハウス」を夕張市に持ち込み、そこを起点として夕張市の地域の発展につなげていければよいなと考えています

 (夕張市役所)

(北海道新聞の方と出会い、今回の企画について2015年11月18日夕刊に掲載して頂きました)
 

<<夕張市の現状について>>

『夕張市の人口が1万人割り込む!財政破綻したメロンの町が見せる未来の日本』

夕張市かつては炭鉱の都市として栄えていました。

しかし、深刻な財政難のあおりを受け、事実上財政破綻し、人口は最も多かった1960年4月末の11万6908人から2015年9月末までに9968人にまで急減してしまいました。

夕張市ホームページ夕張市の人口推移(国勢調査ベース) より抜粋

市は「炭鉱から観光へ」とテーマパーク、スキー場の開設、映画祭などのイベントの開催、企業誘致により地域経済の再生、若年層を中心とする人口流出の抑止、雇用創生などを図ったものの、振るわず、財政を圧迫している状況です。

(夕張炭鉱での採掘のイメージ図)


(「"愛しているよ"とその女の前で言えなくちゃ
    男は惚れていることにはならないのでございます。」ということだそうです。) 
 

<<夕張の魅力について>>

夕張市は破綻したというイメージが強い方が多いかもしれませんが、素晴らしい所がたくさんあるのです。

・花粉が飛ばない地域
・夕張の雪はパウダースノーと言われており海外の方からも人気がある
・人があまり入らない手付かずの渓流釣り場がたくさんある
・旬の時期であれば絶品のメロンが格安で食べられる etc


(ご存知夕張メロン)

マウントレースイスキー

(大夕張ダムことシューパロ湖)
 

<<「ギークハウス@夕張」の立地>>

現在準備中の「ギークハウス@夕張」の住所は、北海道夕張市本町3-63-5です。
付近には市役所や道の駅もあり、とてもアクセスの良いところです。
札幌からは車で約1時間半で行くことができます。
また、新千歳空港からのアクセス手段は、車・直通バス・JRがございます。
車の場合は、新千歳空港から約1時間です。
直通バスは、新千歳空港から夕張市まで2015年12月5日(土)~2016年4月3日(日)の期間運行しています。
(2016年1月18日(月)~1月30日(土)は全便運休・その他一部運休日があります)
なお、JRでJR新千歳空港駅からJR夕張駅まで行くことも可能です。(ただし乗換あり。所要時間は乗換方法により異なります。)

そして下記は空港や周辺施設からのおおよそのアクセス所要時間です。
(「ギークハウス@夕張」から近い順記載します)

・『夕張本町郵便局』まで車で約1分
・『夕張市役所』まで車で約2分
・『JR夕張駅』まで車で約3分
・『マウントレースイスキー場』まで車で約3分

・『夕張屋台村』まで車で約5分
・『夕張市石炭博物館』まで車で約6分
・『幸福の黄色いハンカチ想い出広場』まで車で約10分
・『夕張市平和運動公園』まで車で約10分
・『夕張鹿鳴館』まで車で約10分

・『合宿の宿ひまわり』まで車で約15分
・『道の駅 夕張メロード』まで車で約25分
・『ゆうばり自然体験塾』まで車で約25分
・『シューパロ湖』まで車で約30分

・『滝の上公園』まで車で約35分
・『小林酒造』まで車で約35分
(Google Mapより)

(北海道の地図)
 

<<ギークハウス@夕張で実現したいこと>>

「ギークハウス@夕張」では、こんな事を実現しようと考えています。

(1)Airbnb(民泊で旅行客を泊めるサービス)を使って外国人観光客を呼び、訪問者との国際交流を図れる場を作る
(2)定期的にイベントを開催し、面白いネタやボードゲームなどを取り入れてみんなで楽しめる場を提供する
(3)市に協力を依頼して、個人の家を宿にできる民泊やセグウェイで自由に走れるなどの特区を実現させる
(4)すばらしい自然を利用したレジャーなどを自ら実践し紹介する
(5)近隣の廃校を活用して、宿泊施設として活用したり、プログラミングなどの勉強会を行ったりする
 

<<クラウドファンディングの資金内訳>>

目標金額 80万円
・夕張遠征の費用 
(遠征費 12万、渡航費 15万)
・リフォームに必要な費用 (物品調達・DIYなど40万)
・リターンに必要な経費 (印刷代&発送代他 5万円)

・システム利用料 (決済手数料込 8万円)
 

<<リターンの説明>>

・サンクスメール
管理人より愛を込めたメッセージをお送りします♪

・ステッカー
 ギークハウス特製ステッカーを1枚お送りします。




・夕張メロン
現地で調達した夕張メロンを産地直送します。
夕張メロンの収穫が6月より始まりますので、お届けするのは6月中旬以降の予定です。



・宿泊券
オープン後にお泊りいただける「ギークハウス@夕張」の宿泊券です。
有効期限は、オープン日より1年とさせていただきます。
泊数に応じて、個別で日程調整をさせて頂きますので別途ご連絡させていただきます。
また、現地までの渡航費は実費となります。予めご了承下さい。
※「ギークハウス@夕張」の正式オープンは2016年4月を予定しておりますが、
改装中でも宿泊したいという方がいらっしゃいましたらご相談していただければと思います。


<<この新しい挑戦を成功させるために>>

これは「ギークハウス@夕張」の内装の写真です。現在は家具や寝具を準備している途中です。
オープンは2016年4月を予定しております。正式なオープン日や準備中の動き、完成後の内装写真は「ギークハウス@夕張」の下記ホームページで随時更新していきます。
【ホームページURL : https://www.facebook.com/geebari/

また、下記は搬入予定の家具や道具一覧です。
・ストーブ、洗濯機、掃除機、照明、ソファ、テーブル、寝具(布団・毛布・枕)、調理器具(電子レンジ・フライパン・鍋・食器等)

足りないものはこれからすべて揃えていきます!

(現在の「ギークハウス@夕張」)
 

<<最後に>>

私たちは「ギークハウス@夕張」を通じてもっと夕張市を盛り上げるために皆さまの支援を必要としています。先日、北海道へ訪問した際には現地の方々から食べ物や家電の差し入れを頂きとても助かりました。
このようにすでにご協力していただいている方々もいますが、その他にも改修をする為に必要な道具や物資が足りていない状態です。

また、「ギークハウス@夕張」を住みやすいシェアハウスへと変え、夕張の良さをたくさん感じてもらう為のキッカケを作っていきたいです。夕張に観光でいらした方にぜひ一度立ち寄っていただけるスポットにもしたいです。

皆様ご支援心よりお待ちしております!
応援の程よろしくお願いします!
続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

(1)サンクスメール
(2)ギークハウス特製ステッカー1枚
※詳細は本文中をご覧ください。

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2016年01月
受付終了

3,000円

残り46口

(1)サンクスメール
(2)ギークハウス特製ステッカー1枚
(3)「ギークハウス@夕張」1日宿泊券
※現地までの交通費は自費となります。
※日程等は個別にご連絡させていただきます。
※詳細は本文中をご覧ください。

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2016年01月
受付終了

8,000円

残り94口

(1)サンクスメール
(2)ギークハウス特製ステッカー1枚
(3)夕張メロン2玉
※夕張メロンの収穫が6月より始まりますので、お届けするのは6月中旬以降の予定です。
※詳細は本文中をご覧ください。

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2016年06月
受付終了

10,000円

残り13口

(1)サンクスメール
(2)ギークハウス特製ステッカー1枚
(3)「ギークハウス@夕張」4日分宿泊券
※現地までの交通費は自費となります。
※日程等は個別にご連絡させていただきます。
※詳細は本文中をご覧ください。

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2016年01月
受付終了

30,000円

残り2口

(1)サンクスメール
(2)ギークハウス特製ステッカー1枚
(3)「ギークハウス@夕張」1週間分宿泊券
※現地までの交通費は自費となります。
※日程等は個別にご連絡させていただきます。
※詳細は本文中をご覧ください。

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2016年01月
受付終了

60,000円

残り3口

(1)サンクスメール
(2)ギークハウス特製ステッカー1枚
(3)「ギークハウス@夕張」1ヶ月分宿泊券
※現地までの交通費は自費となります。
※日程等は個別にご連絡させていただきます。
※詳細は本文中をご覧ください。

  • 7口が支援済み
  • お届け予定:2016年01月
受付終了