令和5年度北海道インターハイ登山大会の開催を応援してほしい!

プロジェクトイメージ
すでに集まった金額

166,000

目標金額
2,000,000円
8%
現在の応援人数

28

延べ34
募集終了まで残り

25

2023/02/28 00:00に終了

2023年夏、北海道でインターハイ登山大会が開催されます。北海道での開催はなんと36年ぶりとなり、全国予選で勝ち抜いた都道府県の代表校47校の男女それぞれ4人1パーティーで登山、野営の体力、技術、知識を競い合います。
まさに、心技体知のオールラウンドスポーツとなる、全国高校インターハイ登山大会。
しかしながら、選手・監督・スタッフ総勢で約800名の規模となり、運営費がまだまだ足りていません。事故などなく無事に開催ができるよう、応援をどうぞよろしくお願いします!

インターハイ登山競技とは?

全国の予選を勝ち抜いた都道府県代表男女47校ずつが4人1パーティーで登山、野営の体力、技術、知識を競う心技体知のオールラウンドスポーツです。
選手は総数で約400名、監督が約100名、役員と補助生徒が約300名の規模になります。

登山大会では、次の3つの項目がトータル100点満点で競われます。

項目1:体力

高校1年生~高校3年生の15歳~18歳の男女が4人のパーティーを組み、登山ルートを踏破します。

北海道インターハイの登る山域は3つです。
1つめが十勝山系(上富良野岳、上ホロカメットク山、十勝岳:11.5km)
2つめが大雪山系(黒岳~北鎮岳~裾合平:13km)
3つめが大雪山系(旭岳:8km)

急登あり、ガレ場あり、雪渓ありのバリエーション豊かなルートですが、雄大な火山地形や日本最大の高山生態系を歩く楽しみの多い大会コースです。

項目2:技術

登山するためにはルートに合わせた歩行技術が必要です。また、そのための装備を使う技術、パッキング術、宿泊を伴う縦走登山を想定した野営技術、調理技術などが審査されます。

項目3:知識

登山を行う地域の自然環境や登山技術の知識、気象に関わる知識、地図に関わる知識、登山だけには限りませんが応急処置など医療に関する知識がペーパーテストにて問われます。また、天気図の作成テストや登山中の地点確認テストなどが行われます。


マナー登山活動を行う上で、自然環境の保護や行動中、テント生活のマナーなどがチェックされます。

大会準備

北海道インターハイまで残すところ準備期間が7ヶ月となりました。
令和4年度は9月に北海道高校山岳部の生徒70名ほどと大会役員に幕営地である東川町に集まってもらい、選抜大会を行いながら役員も実際に山中で動き、安全な大会のための安全対策会議を行いました。
安全を担保するために、選手の活動にはコース隊長、班長、支援、通信等の役割の役員が張り付き、救急措置に対応する山岳医や山岳看護師の方の帯同や緊急搬送に備えての自衛隊の方々の参加、幕営地(キャンプ地)での水、トイレの確保など他競技にはない多大な準備が必要です。
今回の安全対策会議で北海道の選手、役員一体となって、来年の大会の成功に向けて一歩を踏み出した感想です。
今回の安全対策会議も指導者研修会を兼ねながら、いろいろな部署の支援をいただきました。登山専門部の限られた予算の中では費用面で厳しいものでしたので、様々な予算をかき集め、少しの赤字で乗り切ったのが現状です。
全国高体連やJMSCA(日本山岳・クライミング協会)などに視察などの費用援助をお願いしていますが、全体としては数百万円の資金が不足しています。また、多くの過去のインターハイでは全国から参加する選手や監督さん、役員の方に向けて「おもてなし」事業が行われています。開催地の清掃活動や花壇の整備、激励のぼりの作成などの活動の他、地元の特産品や野菜、果物などを下山してきた選手や監督さん、役員さんなどに食べてもらい、疲れを癒やしてもらう活動も行われています。地元の皆さんの好意で行っていただいていますが、原材料費や提供のための準備資金は地元の企業の方々の寄付などで補填されている状態です。
北海道大会に全国から参加される選手、監督、役員の方々に「気持ちよく」「楽しく」「充実した」活動をしていただくために、クラウドファンでイングを利用させていただき、北海道インターハイ登山大会成功のために、広く資金の補助をお願いしたいと思います。

支援のお願いスケジュール

 令和5年1月1日~2月28日
   3月 返礼品発送

支援金の使い道

安全対策費用 100万
生徒、監督、役員おもてなし費用 150万
その他役員招集、役員要請、補助生徒栄養費 150万
返礼品の製作・準備 100万
計500万円のうち、まずは200万円を目指していきます。

リターン

ご支援いただきました金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

【北海道インターハイを全力で応援】
5,000円/10,000円
支援金は大会の運営に活用します。

【大会オリジナルTシャツで応援!】
5,000円
お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びください。

※2枚以上の場合も複数口数で応援ください。

応募者プロフィール


令和5年度全国高等学校総合体育大会登山大会登山隊長 北海道旭川北高等学校教諭 内海健一

大会本部および開催地の中心は北海道東川町!



東川町は、北海道のほぼ中央に位置し、東部は山岳地帯で、大規模な森林地域を形成しています。また、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域の一部になっています。
東川町の中心部にある東川町民運動公園が幕営地(キャンプ場)となり、
北海道の峰といわれる大雪山連峰の最高峰旭岳(2,291m)は東川町域に所在し最終日に頂きを目指します。その他、2日目の登山行動は北海道上士幌町から美瑛町にかけて広がる十勝岳連峰、3日目は上川町層雲峡から大雪連峰黒岳と旭岳に次いで北海道標高2位の北鎮岳に向かいます。
すべての地域が道北の上川地方に属し、登山やスキー、アウトドア活動の中心となる地域の一つです。

続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

【北海道インターハイを全力で応援】※2023年1月17日追加!
支援金は大会の運営に活用します。お礼のメールをお送りいたします。

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:大雪山系 コマクサ・インディゴ
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:大雪山系コマクサ/ライム
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:大雪山系コマクサ/ブラック
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:十勝連邦チングルマ/アイビーグリーン
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 9口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:十勝連邦チングルマ/ガーネットレッド
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:十勝連邦チングルマ/ホットピンク
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:十勝連邦チングルマ/アーミーグリーン
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

5,000円

リターン画像

お礼のメール+大会オリジナルデザインTシャツ(1枚)
デザイン・色:十勝連邦チングルマ/ブラック
※サイズは、S/M/L/LL/3Lの5種類からお選びいただき、応援コメントにサイズを記載してください。

 

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

10,000円

【北海道インターハイを全力で応援】
支援金は大会の運営に活用します。お礼のメールをお送りいたします。

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2023年03月
支援する

EZOポイントで支援

5,000 EZOポイント