震災を忘れない為に、太鼓祭りを継続させていきたい!

by
すでに集まった金額

51,000

目標金額
50,000円
102%
現在の応援人数

10

延べ12
募集終了まで残り

終了

2015/09/12 00:00に終了

震災で被災した気仙沼の太鼓を札幌の地で蘇らそうとはじめた『太鼓まつり』は今年で4回目を迎えました。今年も開催は決定していますが、運営資金は実行委員達が持ち出している状態です。来年以降も継続して続けていけるよう復興チャリティーの運営資金に皆様のお力をお借りできないでしょうかと思い、プロジェクトに応募をしました。

※このプロジェクトは、実施することが決まっておりますので目標金額を低く設定させて頂きました。


 

東日本大震災での復興ボランティアによる、太鼓との出会い

平成23年3月11日、午後2時46分。東日本大震災は起こりました。その二か月後の5月10日、実行委員長・庄田道則が、がれき撤去ボランティアとして札幌から出発しました。そこで出会ったのが、気仙沼千岩田(せんがんだ)地区の町内会で使われていた太鼓でした。

・・・偶然の出会い・・・

がれきの中から偶然発見された太鼓は津波の力で押しつぶされて変形し、泥まみれの状態でした。当時の気仙沼千岩田町内会会長さんは、「もうこの町内は全て何も出来なくなりました…。この太鼓も破棄してください…」と涙ながらに言います。「つぶれていますが何とか音は出ます。捨てるのは勿体ないので譲って頂けませんか?」といくつかのやりとりがあり、泥まみれの太鼓は廃棄処分行きのトラックに乗らず、札幌行きへ急遽変更となりました。

『震災に遭った太鼓を見て触って頂き、復興を願って頂きたい…。この太鼓を札幌の地で復活したい』
実行委員長・庄田の想いは日々つのり、町内会や近隣地域の方々の賛同を得る中、空高くその音色が響き渡るようにと名前を"みそらさん"と名付け、盆踊り・震災復興チャリティーイベントとして、平成24年8月12日(日)第一回『気仙沼千岩田地区太鼓まつり』が始まりました。


実行委員長・庄田が気仙沼千岩田宝千会自治会長さんより太鼓を譲り受けている様子

北海盆踊り普及連合会の相談役・雨堤昭三さんが太鼓を修繕してくださいました。
太鼓まつり実行委員会を立ち上げ、会議を重ねました。企画運営すべてゼロからの始まりでした。

会議の様子

お祭りの様子(下記は、2014年開催の開催記録となります)

スタッフはすべてボランティア。町内や札幌以外からもたくさんの方にご協力いただいて成り立っている「おまつり」です。


毎年恒例!大抽選会では一等のテレビが当たります。そのほかにも景品盛りだくさん!参加はなんと無料です。

みんなで輪になり北海盆踊り!太鼓"みそらさん"の音色は空高く響き渡りました。


焼きそば・焼き鳥・飲み物や縁日など、楽しめること間違いなし!


高校生バンドによる音楽イベントや、よさこい、ラムネ一気飲み、防災を呼びかけるAED装着の講習会も行いました。


もちろん、気仙沼の物産展も開催!おいしいふりかけなど、盛りだくさんです。各店舗の収益は千岩田の町内会へ直接寄付しています。

これまでに、第一回は来場者317名、第二回目は405名、第三回目は450名の方々がお集まり下さいました。震災を忘れない・復興を願って…これからも、このおまつりは続けていこうと思っています。

今年の開催概要~第4回気仙沼千岩田地区 太鼓祭り~

今年も、例年同様、開催予定です。概要は、以下をご確認下さい。

日時:2015年9月13日(土)10:00~16:00
場所:簾舞にある駐車場スペース 住所:札幌市南区簾舞1条1丁目1−10 地図:MAP
交通手段:じょうてつバス 真駒内駅発 定山渓温泉行き 定山渓線 簾舞小学校経由 旧簾舞通行屋前停留所より徒1分 駐車場あり
お問い合わせ先:FB(庄田)まで。                                  
                                                                                                       
開催概要のポスターは、下記をご覧下さい。                    

気仙沼千岩田地区より今年のトピックス

高台に移転新築した宝千会館にて実行委員長の庄田と当時の自治会長さん。
これまでの寄付金で会館にAEDを設置しましたと報告がありました。


そして、今年の6月には、太鼓"みそらさん"を乗せ、南三陸と気仙沼へ『琴と太鼓の調べ』と銘打って交流会に行っていただきました。里帰りした"みそらさん"は青空高く音色を響かせていました。そして今年もまた北海道の大地でたくさんの笑顔を集めることでしょう。

今回の募集金額の使用用途

今回、募集させて頂く資金については、お祭りの開催報告書の制作費に活用させて頂きたいと思います。さらに、残った資金については、震災復興のための義援金として、気仙沼へお送りさせて頂く予定です。

ご支援頂いたお礼について

今回、ご支援頂い方へのささやかなお礼として、下記のお礼を考えています。

ギフト1:1.000円 無制限
お礼のお手紙+お祭り開催報告書
防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)イベント当日来場者のみ1個

掌サイズのペンライト

ギフト2:3.000円 無制限
お礼のお手紙+お祭り開催報告書
防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)イベント当日来場者のみ1個 当日ご来場されない方には郵送いたします
 
ギフト3:5.000円 限定10名
お礼のお手紙+お祭り開催報告書
防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)イベント当日来場者のみ2個 当日ご来場されない方には郵送いたします
イベント当日あなたからの応援メッセージをステージ上で読み上げます
 
 ギフト4:10.000円 限定5名
お礼のお手紙+お祭り開催報告書
防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)イベント当日来場者のみ3個 当日ご来場されない方には郵送いたします
イベント当日あなたからの応援メッセージをステージ上で読み上げます
 
※支援頂いた全員の方には、イベント後の機関誌『きずな新聞』にて協賛金支援者様一覧にお名前を掲載させて頂きます。

気仙沼千岩田地区太鼓まつりの実行委員より      

震災を忘れない!気仙沼を支援したい!気持ちが輪になり札幌で立ち上がったお祭りです。企画・運営全て素人ですがボランティアの方々のお力もあり、毎年大盛況で開催させていただいております。実行委員一丸となって毎年お祭りを作り上げていく喜びはもう最高です!ボランティアスタッフも大募集です。

たくさんのご支援お待ちしています!! 実行委員一同 より

続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

お礼のお手紙
+お祭り開催報告書
+防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)
*イベント当日来場者のみ1個

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2015年10月
受付終了

3,000円

お礼のお手紙
+お祭り開催報告書
防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)
*イベント当日来場者のみ1個
*当日ご来場されない方には郵送致します。

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2015年10月
受付終了

5,000円

残り9口

お礼のお手紙
+お祭り開催報告書
防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)
*イベント当日来場者のみ2個
*当日ご来場されない方には郵送致します。
+イベント当日あなたからの応援メッセージをステージ上で読み上げます

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2015年10月
受付終了

10,000円

残り2口

お礼のお手紙
+お祭り開催報告書
+防災グッズ(手のひらミニサイズのライト)
*イベント当日来場者のみ3個
*当日ご来場されない方には郵送致します。
イベント当日あなたからの応援メッセージをステージ上で読み上げます

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2015年10月
受付終了