【復興支援クラフトビール】厚真町産ハスカップクラフトビールで北海道を元気にしたい!

すでに集まった金額

453,400

目標金額
420,000円
107%
現在の応援人数

123

延べ198
募集終了まで残り

終了

2019/01/26 00:00に終了

平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震。厚真町で震度7を記録し、胆振地方を中心に甚大な被害が発生しました。被災された方々に何か支援がしたいと色々考え、自分たちの生業であるビール作りを企画しました。我々にはこれしかありません。復興応援のために厚真町産のハスカップを使ったこだわりのクラフトビールを作ります!さらには、このクラフトビールのお披露目会でもあるビールイベント「北海道ビアトピア(2019年2月16日~18日 3日間)」の売上の一部を義援金として寄付いたします!!その為のハスカップを仕入れ、ビールを製造するための費用のご支援をどうかお願いいたします。

北海道ビアトピア実行委員会からのご挨拶

はじめまして。私は、北海道ビアトピア実行委員会の委員長の森谷祐至です。


私自身は、2014年10月、札幌市中央区に「月と太陽BREWING」をオープンし、オーナーブルワーを勤めております。10年ほど飲食店で勤務したのち、ビール造りにのめりこみ、独立しました。店舗内で醸造したクラフトビールを提供するなど、様々なクラフトビールをたくさんの人たちに楽しんでもらうため、日々研究と醸造に励んでおります。
今回のクラウドファンディングを実行する北海道ビアトピア実行委員会は、大手ビール会社と道内ブルワー・ビアバーが手を取り合い、北海道をビールの聖地とすべくイベント企画等を行っております。現在、「アサヒビール」、「SAPPORO」、「The Brooklyn Brewery Japan」、「NORTHISLAND」、「月と太陽BREWING」、「Maltheads」が実行委員として参画しています。私は、ビール醸造歴が最も短く、若輩者ながらも実行委員長を務めさせていただいております。

ハスカップビールプロジェクトをはじめようと思ったきっかけ

9月6日3時7分、早朝の北海道を襲った胆振東部地震。地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
地震により発生したブラックアウトで札幌の自宅は停電が続いていましたが、自身の営む「月と太陽BREWING」は次の日には電気が復旧しました。そこで停電が続き、困っている方への電源供給、食材・メニューには限りがありましたが店を開けご飯の提供と不安の中でも心を満たして頂けるように懸命の営業を行いました。ありがたいことにお客様にも大変喜んで頂く事が出来ました。
しかし、そのような中、自宅の停電も復旧しTVから流れてくる被災地の様子に正直、呆然としました。何かしたい!そう思いましたがその時の自分では残念ながら何も出来ませんでした。

自分に出来ること。クラフトビールを造ること!

北海道胆振東部地震から約4ヶ月が経ち、まだ十分に復旧できていない部分もあるもののニュースでは復興が叫ばれています。
 
復興を目指し始めた今だから出来ることは無いか?
心から応援できる事はないか?
自分に出来ること。

 
それは被災地特産の何かでクラフトビールを造ることでした。
 
ビールは嗜好品です。だから飲まなくては普段の生活が出来ないというわけではありません。でもクラフトビールは飲んでもらう事で笑顔の花を咲かすことができます。飲んだ後に、明日も頑張ろうという思いになってくれる方を増やすことが出来ます。
そこから、被災各地を調べ、厚真町がハスカップを特産としており、日本一の作付け面積であること、そして地震で土砂に埋まってしまったハスカップの木がたくさんあることがわかりました。ハスカップのクラフトビールがアイディアに浮かびました。

ハスカップ×クラフトビールで厚真町を応援!

厚真町のハスカップを副原料として購入し、ハスカップ農家さんを応援したい。
そしてこのクラフトビールを購入いただくことで多くの皆さんのご協力を得ながら、厚真町、ひいては北海道全体を元気にしていきたい。
その想いを形にすべく、厚真町の皆さんが笑顔に、元気になっていただくために、このクラフトビールの売上も含め、北海道ビアトピアの売上の一部を義援金という形で道内に還元したいと考えています。さらに、ハスカップのクラフトビールを造るなら、ハスカップの作り手さんの想いを知りたい、その想いを自分の造るクラフトビールで表現したいと強く思いました。イベント等でつながりのあった「北海道・札幌市政策研究みらい会議」を通じて厚真町役場の方に出会い、厚真町のハスカップ農家の中心人物である山口さんをご紹介いただきました。

厚真町、山口さん家のハスカップ

初めて訪れた厚真町。
実際に現地を伺うと、市街地は区画整備のため比較的新しい家が多く建物には大きな被害が無かったそうですが、幌内地区、吉野地区、富里浄水場…実際に自分の目の前に広がる光景に言葉は出ず、呆然とするしかありませんでした。豊かな恵みをくれる大自然が突如として牙をむくのだという事を思い知らされました。


その後、山口さんの営むハスカップ農園 山口農園さんを伺うことが出来ました。


山口さんの第一印象は「笑顔」です。
親しみやすいその笑顔で、被害を受けた農園を案内してくれながらお話ししてくれます。


厚真のハスカップは勇払原野のハスカップ群生地が開発される時に厚真町の農家さんが野生の木を自分の畑や庭に移植したのが始まりだそうです。山口さんは「母は、野生の苦く酸っぱいままでは将来ハスカップは売れなくなってしまうと思い私と弟に『苦いのを見つけたら印をつけなさい。一本につき100円あげるから』と提案。お小遣いほしさに、喜んでハスカップに印をつけました。こんな風に苦いハスカップを選り分けながら、約30年かけて、20本の木に絞り込んできた歴史があります。」とおっしゃっていました。

 

ハスカップは実が柔らかく機械で収穫すると実がつぶれてしまいます。だから収穫は手摘みのみ、一粒一粒を丁寧に摘んで収穫をするそうです。一度は一般企業に就職された山口さんですが、家庭のご事情もありハスカップ農園を継ぐ事を決意し、やるからには厚真町のハスカップを日本一にしようと努力されたそうです。こうしてハスカップでは珍しい品種登録をされ、長年追求し続けてきたおいしさの結晶である2つの品種は「あつまみらい」と「ゆうしげ」と名付けられました。しかしながら、山口さんの思い、行動はこれだけではありませんでした。

守りたい思い。厚真町のハスカップで育てたい想い。

品種登録が決定した後、山口さんは周囲を驚かす行動に出ます。苗木を厚真町以外に持ち出さないことを条件に町内生産者に増殖を許可したのです。
山口さんいわく「『最初だけ苗木を買ってもらうけど、自分たちで畑いっぱいに増やしてくださいね』って。自分が苗木を売って金儲けする形だと、流行らないし、普及しないと思ったんです。
通常、品種の遺伝子の権利者は苗木を売っても増殖は許可しないものだそうで、農協をはじめ周囲も「長年苦労して、これでせっかく儲けになるのに、何を考えているんだ」と呆れる人も多かったとのこと。それでも山口さんにとっては、厚真町のより多くの人がハスカップを育て、おいしさが伝わることの方がはるかに大事。厚真町のハスカップを日本一にしたいとの強い想いからでした。
その想いは常日頃から私が思っている「儲けよりも1人でも多くの方にクラフトビールを楽しんでいただきたい、そして北海道をクラフトビールの王国にしたい」という想いに通じるものがありました。
作付面積で日本一となるなど、順調に進んでいた中でおきた北海道胆振東部地震。
震源から7キロに位置していた山口農園も土砂崩れで5,000本中500本のハスカップの木が埋まるなどしたほか、地割れが確認された畑もあったそうです。他の農園では9割以上のハスカップの木が土砂に飲み込まれてしまった方もいらっしゃるそうです。


 
ハスカップの木は1キロの実を収穫できるまでに10年かかるそうですのでその損害は計り知れません。
しかし、希望は残っていました。土砂崩れはお母様の代から選抜し大切に育てていた苗木達の直前で止まっていました。「奇跡の苗木達」、これがあればまたがんばれる。山口さんの目にはあきらめや悲観は微塵もありませんでした。そして自分の農園だけでは無く、厚真産ハスカップ復興のため震災の被害に遭われたハスカップ農家さんのハスカップ苗木の支援を行うため「ゆうしげ基金」を立ち上げて精力的に活動しています。
 
私は山口さんからどんな悲惨な状況になっても現実を認識しどうにかしようという、力強さを感じました。そして、その印象的な笑顔からは逆に私が元気をもらいました。

そんな山口さん達厚真町の方々が作った厚真町産ハスカップ。 
心を込めて丹念に手で摘み取られたハスカップ。

その味を邪魔しない、引き立て、ハスカップらしさを感じられるクラフトビールにしたい。
そしてその色を大事にし、醸造したいと強く思いました。何よりハスカップの作り手さん達の笑顔や前への歩みを止めない力強さが感じられる一品にしたい、そう思っています。

北海道ビアトピアを札幌三越で開催!

北海道ビアトピア実行委員会は、平成31年2月16日(土)から18日(月)までの3日間、札幌三越本館の10階催事場において北海道にゆかりのあるビールを集めたイベントを開催します。このイベントは、大手ビール会社と道内ブルワー、ビアバーが協同で開催する初のイベントとなります。今回のイベントは復興支援を大きな目標と掲げ、北海道ビアトピア実行委員会が売上の一部を義援金として寄附させていただきます。

今回、私たちがつくる厚真町産ハスカップを使用したビールはこのイベントでしか飲むことができません。

ハスカップの甘酸っぱさや色を活かし、素材の美味しさが伝えわるように心を込めて作ります。


※この写真はイメージです。

来場いただいた皆様にビールを楽しんでいただくのはもちろんです!
しかし、それだけではなく、このハスカップビールを飲んでいただくことで、

被災地のことを想ってほしい。
厚真町のハスカップを知ってほしい。
北海道を元気にしたい。

このように考えております。

ビールづくりに使用するハスカップは、山口さんをはじめとした厚真町の農家の方々が想いを込めて作ってきた「あつまみらい」という品種です。正直に言って、私がこれまでにつくってきたビールとは比べられないほどに材料費がかかってしまいます。ですが、なんとかこのビールをつくりあげ、たくさんの方々に飲んでいただきたいのです!

どうか、厚真町を支援するために、北海道を元気にするために、北海道をビールの聖地にするために、ハスカップビール製造へのご支援をお願いします。

プロジェクトで必要となる経費

今回のハスカップを使ったクラフトビールを製造するのに、総額420,000円がかかります。その内訳は下記の通りです。

ハスカップ購入費用 200,000円
ビール製造等諸経費 185,000円
リターン経費      35,000円

プロジェクトで達成したいと考えていること

ハスカップビールを醸造し、厚真町を支援、そして北海道を元気に

プロジェクトを通じて叶えたい夢・目標など

・ビールがもつ大きな力を伝えたい。
・作り手の想いを形にしたい。
・みんなが笑顔に、元気に。

リターン品(お礼の品)

ご支援頂いた金額に応じて、下記のお礼を予定しています。今回のハスカップクラフトビールは、このイベントのみで提供を予定していますので、この機会に是非、ご賞味いただき応援して下さい!

1,000円

【お礼メール】
支援いただいた皆様に感謝を伝えさせていただきます。

2,000円

【北海道ビアトピアでハスカップビール!】
お礼メール & ハスカップビール1杯
※ハスカップビールは2/16~2/18の北海道ビアトピア会場内でのみ受取可能。北海道ビアトピア受付でお名前を確認させていただき、引換券をお渡しいたします。

3,000円 30口を追加!(2019年1月15日追加)

  【限定グラスで北海道ビアトピアを楽しむ!】
お礼メール & ハスカップビール1杯 & 北海道ビアトピアオリジナルグラス(リターン限定製造)
※ハスカップビールとオリジナルグラスは2/16~2/18の北海道ビアトピア会場内でのみ受取可能。北海道ビアトピア受付でお名前を確認させていただき、引換券をお渡しいたします。

10,000円 2019年1月17日追加!

【ビール醸造をあなたと一緒に!】
お礼メール&クラフトビール醸造お手伝い(月と太陽BREWING)

麦芽から麦汁を作りホップを入れてビールの命となる酵母を入れるまでの過程を、お手伝いをしていただきながら五感で味わってもらう見学会です。
(作業時間はおよそ8時間ほどで時間が長いので途中の出入りはご自由に!)
月と太陽BREWINGブルワーが醸造所内にて、こだわりや楽しみ方を直接お伝えしますので、当日は気の済むまで五感でビールを味わって下さい。その時にしか味わえない、ビール好き必見の体験にご招待!
(作業しながらビールが出来上がる過程をご説明致します。ビールの無料試飲有り!ビールを醸しながらビールを飲んでビールをとことん楽しみましょう!!)

※日程等の詳細は、支援者様へ別途メール等で連絡させていただきます。
※ハスカップビールの醸造ではありません。
※北海道ビアトピアとは別日です。
※当日醸造するビールは月と太陽BREWINGでご指定させていただきます。
※御支援者様の付き添いで御支援者含め2名様まで同時参加可能と致します。

30,000円

【ハスカップビールにあなたが考えるステキな名前を!】
お礼メール & ハスカップビール1杯 & 北海道ビアトピアオリジナルグラス(リターン限定製造)&ハスカップビール命名権
※ハスカップビールとオリジナルグラスは2/16~2/18の北海道ビアトピア会場内でのみ受取可能。北海道ビアトピア受付でお名前を確認させていただき、引換券をお渡しいたします。
※ビール命名については、支援者様へ別途メール等で連絡させていただきます。
※ビールの名前は常識の範囲内でお願いします。常識を逸脱している場合はお断りする場合もあります。


皆さんからのご支援をお待ちしています!
続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

【お礼メール】
心を込めてお礼メールを送ります。

  • 13口が支援済み
  • お届け予定:2019年02月
受付終了

2,000円

残り41口

【ハスカップビール1杯 】(お礼メール付)
北海道ビアトピアで厚真町産ハスカップを使用したビールを飲むことができます。
※このリターンは北海道ビアトピア会場限定でお渡しいたします。詳しくは本文をご覧ください。

  • 79口が支援済み
  • お届け予定:2019年02月
受付終了

3,000円

残り0口

【ハスカップビール1杯 & 北海道ビアトピアオリジナルグラス】(お礼メール付)
北海道ビアトピアで厚真町産ハスカップを使用したビールをリターンのために製作したグラスでお楽しみいただけます。
※このリターンは北海道ビアトピア会場限定でお渡しいたします。詳しくは本文をご覧ください。

  • 80口が支援済み
  • お届け予定:2019年02月
受付終了

10,000円

残り0口

【ビール醸造をあなたと一緒に!】
お礼メール&クラフトビール醸造お手伝い(月と太陽BREWING)1名様分(同伴者1名まで)

※詳細は本文にて

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2019年03月
受付終了

30,000円

残り0口

【ハスカップビール命名権】(お礼メール & ハスカップビール1杯 & 北海道ビアトピアオリジナルグラス付)
厚真町産ハスカップビールに命名できる権利を持つことができます。
その他、北海道ビアトピア会場において、ハスカップビールをオリジナルグラスでお楽しみいただけます。

※本文を必ずご覧ください。
ビールとグラスは北海道ビアトピア会場でお渡しいたします。

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2019年02月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了