農工大生の挑戦!廃棄物と水のリサイクル『エアロゲル』で環境に優しい工場を!

すでに集まった金額

32,000

目標金額
100,000円
32%
現在の応援人数

5

延べ5
募集終了まで残り

終了

2020/03/01 00:00に終了

世界最大級のビジネスコンテスト、ハルトプライズ。このコンテストの東京農工大学(以下、農工大)の学内大会で優勝した「Mhaerofilter(マイロフィルター)」チームは、廃棄プラスチックを用いて作られるエアロゲルを用いて、インドネシアのブティック工場から流れる排水問題を解決するというビジネスプランです。この廃棄物と水のリサイクルで環境問題の解決をするの事業化に向けて取り組むためにも、試作品の制作が必須ですが、肝心の制作資金がありません。そこで、皆さんからのご支援をお願いすべくクラウドファンディングを行うことにしました。ご支援をどうぞよろしくお願いします。

東京農工大学、ハルトプライズの運営支部からのお願い!

こんにちは、ハルトプライズの東京農工大学運営支部です!

私たち農工大大会は昨年度から運営をスタートさせましたが、第一回大会では3チームのみの参加でした。今年は代表であるKesevanを中心に大会参加者を集め、20チーム60人の参加となりました。環境問題に強い農工大ならではのアイデアがたくさん集まり、本当に白熱した大会になりました。活動を掲載した私たちのFacebook ページ⇩もぜひご覧ください!!

https://www.facebook.com/tuathultprize/

ところで、農工大は理系専門大学であるため、技術を持っていながらビジネスに繋げる考え方はあまり浸透してません。そこで、私たち運営支部は、彼らのプランを実現させるための支援を行うことを考えました。彼らの活躍によって農工大の学生がもっと世界で活躍していくきっかけになると信じています。

国際コンペ、ハルトプライズとは

ハルトプライズとは国連やビル・クリントン氏が後援するビジネスコンテストであり、2009年にはじまって以来、120か国、200万人以上が参加しています。数あるビジネスコンテストの中でもSDGsをテーマとし、社会問題の解決するためのアイデアを競い、事業化することをゴールとしています。今年のテーマは“利益を追求しつつ、地球に良いインパクトを与えるビジネスを組み立てること”でした。
このテーマは農工大の得意分野であり、ユニークなアイデアがたくさん生まれました。校内予選を突破したチームは世界22都市で開催される世界地域大会に出場し、マイロフィルターは東京大会に出場します。

校内予選で優勝したMhaerofilter(マイロフィルター)チーム

メンバーは、下記の4名です。

辰馬美貴(日本・有機材料化学2年)
Hua Yajun (中国・機械工学4年)
Aryanis Mutia Zahra (インドネシア・機械工学、バイオシステム修士3年)
Nur Rahmawati Ayukaryana (インドネシア・応用物理2年)

国際色豊かなメンバー構成となっています!

Mhaerofilter(マイロフィルター)のビジネスプランとは?

このアイデアの背景にはインドネシアの深刻な環境問題があります。インドネシアの特産品であるバティックを作成するには非常に多くの水を使用します。バティックとは、写真でメンバーたちが身に付けている布です。インドネシアの特産品であり、そのバティックを作る工場はインドネシア全土に40万軒以上存在します。これらが引き起こす排水によって深刻な川、土壌の汚染問題が起こっています。
そこで、環境に優しいリサイクルにより、きれいな水の供給が求められているのですが、この点に私たちは着目しペットボトルをリサイクルして作られた水ろ過フィルターとして、エアロゲルを作るアイデアを考えました。これによって廃棄物処理と水の再利用を同時に実現させるアイデアです。

アイデアを形にする支援を!

メンバーの二人の出身地であるインドネシアで現在進行形のこの問題を解決すべく、アイデアを形にする実験が日々行われています。すでに小スケールのエアロゲルのレシピは出来ていて、実用的な形での作成段階の手前まできています。しかしその試作品を作るには原料だけで少なくとも10万円以上必要となります。試作品の作成がこのアイデアを事業にする最初の一歩となります。まずは、この試作品を10個完成させるためにかかる原料費を、皆様の支援を仰ぎたいと考えています。

アイデアを事業に。そしてインドネシアへ

この世界大会を勝ち抜いてアイデアを形にし、そして事業にして環境問題解決へ繋げていくのがチームの目標です。これらは試作品を作ることがゴールではありません。今後軌道に乗れば、間違いなく利益を生み環境問題を解決する事業になることを私たちは確信しています。まず、試作品とその結果とともに、世界地域大会に参加してビジネスにするまでの次の一歩を踏み出すことを目指しています。
どうかインドネシアの環境問題解決に向けたこのプロジェクトの支援をお願いします!!

支援金の用途

試作品の制作 10万円

試作品制作のスケジュール
1月29日 クラウドファンディングスタート
2月末日  クラウドファンディング終了
~3月中旬  試作品完成
3月29~30日 東京で行われる世界大会参加
その後、試作品運用に向けて動く予定です。

リターン(お礼の品)

ご支援いただきました金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

3,000円
心を込めた感謝のメール
サポートメンバーとしての表彰状

6,000円
心を込めた感謝のメール
大会に参加しての感じたことや活動についてのご報告
サポートメンバーとしての表彰状
ロンボク(Lombok;
インドネシア産)の手織りミニバッグ
(17×20cm折りたたみ型)をプレゼント!!(写真は一例です)



10,000円
心を込めた感謝のメール
大会に参加しての感じたことや活動についてのご報告
サポートメンバーとしての表彰状
ロンボク(Lombok;
インドネシア産)の手織りバッグ
(38×38cm)をプレゼント!!(写真は一例です)
皆様のご協力をお願いいたします!!
続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

心を込めた感謝のメール
サポートメンバーとしての表彰状
 

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

6,000円

心を込めた感謝のメール
大会に参加しての感じたことや活動についてのご報告
サポートメンバーとしての表彰状
ロンボク(Lombok;インドネシア産)の手織りミニバッグをプレゼント!!(写真は一例です)
 

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

10,000円

心を込めた感謝のメール
大会に参加しての感じたことや活動についてのご報告
サポートメンバーとしての表彰状
ロンボク(Lombok;インドネシア産)の手織りミニバッグをプレゼント!!(写真は一例です)
 

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了