農工大生の挑戦!生産から廃棄までリサイクルするゼロ廃棄物処理システムを世界へ!

すでに集まった金額

201,000

目標金額
400,000円
50%
現在の応援人数

25

延べ25
募集終了まで残り

9

2020/03/01 00:00に終了

世界最大級のビジネスコンテスト、ハルトプライズ世界地域大会への出場が決まったStercus(スターカス)。国立大学法人 東京農工大学(以下、農工大)の留学生が集まったチームです。彼らは、ミミズを活用して有機肥料を生産し、温室効果ガス削減も実現しながら収穫量を増やすといった生産から消費までのすべてをリサイクルするゼロ廃棄物処理の循環型システムビジネスプランを考えています。東京農工大学の学内大会では惜しくも2位になるも激戦の世界中のオンライン敗者復活戦を勝ち抜き、クアラルンプール地域大会への出場権を獲得しました。しかしながら、学生であるチームメンバーには、試作品を作る資金が足りません。農工大の技術力を世界を送り出し、社会問題への一石を投じるためにも、チームへの支援をお願いします!

農工大ハルトプライズ運営支部からのお願い

こんにちは、農工大ハルトプライズです!!

私たち農工大のハルトプライズに出場する為の学内選考会の大会は昨年度から運営をスタートさせましたが、第一回大会では3チームのみの参加でした。今年は代表であるKesevanを中心に大会参加者を集め、20チーム60人の参加となりました。環境問題に強い農工大ならではのアイデアがたくさん集まり、本当に白熱した大会になりました。

活動を掲載した私たちのFacebook ページ⇩もぜひご覧ください!!

https://www.facebook.com/tuathultprize/

国際コンペ、ハルトプライズとは

ハルトプライズとは国連やビル・クリントン氏が後援するビジネスコンテストであり、2010年にはじまって以来、120か国、200万人以上が参加しています。数あるビジネスコンテストの中でもSDGs(持続可能な開発目標)をテーマとし、社会問題を解決するためのアイデアを競い、事業化することをゴールとしています。
今年のテーマは“利益を追求しつつ、地球に良いインパクトを与えるビジネスを組み立てること”でした。

世界地域大会出場決定!!

校内予選では惜しくも2位となってしまったスターカスは、オンライン敗者復活戦を勝ち抜いて、世界22都市で開催される世界地域大会の出場権を獲得しました!!スターカスは、今回、クアラルンプール大会に出場することが決定しました。

Stercus(スターカス)の紹介 


メンバーは、
Esther Tamakloe (Ghana出身。農業科学、動物学専攻)
Thidphaxay SOULIYA (Laos出身。獣医学専攻)
Prince Boateng AMOAH(Ghana農業科学、作物科学専攻)
真砂野瑠佳 (環境資源科学専攻)

アイデアが生まれるまでの背景

地球規模の気候変動をもたらし、人々の暮らしに大きな被害をもたらすと考えられている地球温暖化。その地球温暖化現象の主な要因としてメタンガスがあげられます。ガーナではその排出量のうち40%が有機廃棄物から排出されています。そしてその有機廃棄物の95%は有益に再利用することができると考えられています。しかし実際はその有機廃棄物は埋め立て地に捨てられています。またガーナでは化学肥料の継続的な使用に伴う土壌微生物の死滅や水の汚染などの問題も抱えています。そこで有機廃棄物を効果的に管理することでこれらの問題を解決できるのではないかと考えました。

そのビジネスモデルとは??

彼らのアイデアは、有機廃棄物とミミズによって分解されることで作られる、ガーナで改良されたバーミコンポストと呼ばれるミミズ堆肥を生産することで、農薬の使用量を削減しながら、有機廃棄物を効果的に管理することを目的としています。このスターカスハウスにより、廃棄物処理ゼロの循環型システムを実現させます。

アイデアを形にして実現したいこと

実は、アイデアを持ちながら、それを実現させるための資金が足りていません。試作品(主にミミズ堆肥の作成)を完成させること、そしてクアラルンプールで行われる地域大会に参加にかかる渡航費がなければ、素晴らしいアイデアもただのアイデア止まりになってしまいます。この大会で私たちはアイデアを競うことではなく、本当にこのスターカスハウスを事業化することを目標にしています。

Stercusからメッセージ

私たちは利益だけでなく、環境と人の生活の両面でインパクトを与えるビジネスになることを信じています。地球は人の生きる唯一の場所であり、厳しい気候変動から地球を救い、変化に適応する方法を見つけるためにできる限りのことをしていくべきだと考えています。このような考えから今回、この生産から消費までのすべてをリサイクルするゼロ廃棄物処理の循環型システムを生み出しました。どうか私たちのアイデアの実現にご協力お願いいたします。
私たちのFacebookページもできました!
https://www.facebook.com/stercusofficial

集めたい金額の内訳

彼らのプランを実現させるためには、下記の費用がかかります。
試作品の作成 15万円

往復航空券(成田-クアラルンプール 4名分) 20万円
※一人当たり5万円を見込んでいます。

滞在費 5万円
※2日間で一人当たり1万円を想定しています。

合計で40万円をクラウドファンディングにて、応援をしてもらいたいです!

<<スケジュール>>

1月29日 クラウドファンディングスタート
2月末 クラウドファンディング終了
~3月中旬 プロトタイプの作成
3月19~21日まで クアラルンプール大会に出場

リターン(お礼の品)

ご支援いただきました金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

3,000円
心を込めた感謝のメール
サポートメンバーとしての表彰状

6,000円
心を込めた感謝のメール
大会等の活動についてのご報告
サポートメンバーとしての表彰状

10,000円
6,000円のリターン品に加え
さらに先着でガーナのお土産もプレゼント!(写真は一例)



30,000円
10,000円のリターン品に加え、クアラルンプールからポストカードをお送りします!

皆様からのご支援をお待ちしています!
続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

心を込めた感謝のメール
サポートメンバーとしての表彰状

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2020年04月
支援する

6,000円

心を込めた感謝のメール
大会等の活動についてのご報告
サポートメンバーとしての表彰状

  • 7口が支援済み
  • お届け予定:2020年04月
支援する

10,000円

6,000円のリターン品に加え
さらに先着でガーナのブレスレットもプレゼント!(写真は一例です)
 

  • 15口が支援済み
  • お届け予定:2020年04月
支援する

30,000円

10,000円のリターン品に加え
クアラルンプールからポストカードをお届けします!

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
支援する

EZOポイントで支援

100 EZOポイント