【北海道比布町】100年の歴史と感謝の思いを込めた「ぴっぷいちごサイダー」を作りたい

プロジェクトイメージ
すでに集まった金額

1,487,000

目標金額
1,200,000円
123%
現在の応援人数

129

延べ259
募集終了まで残り

2

2022/01/29 00:00に終了

北海道の道北地域に位置する比布町では、ぴっぷいちご誕生100周年の歴史と感謝の思いを込め、大人から子どもまで味わえる「ぴっぷいちごサイダー」を開発します。このサイダーが契機となり、これからの100年200年と続くぴっぷいちごの更なる未来を創り出していきたい。そんな思いを込めて、作り上げますので、応援をどうぞよろしくお願いいたします。

スキーといちごのまち、比布(ぴっぷ)町




比布町は、北海道の中央部旭川市に隣接し、雄大な大雪山連峰を望む、人口約3,500人の小さなまちです。

農業を基幹産業として、100年作られてきた「いちご」をはじめ、町内の農家のほとんどは、お米を生産しており、北海道産米の最高峰「ゆめぴりか」発祥の地であります。また、道北一の広大なゲレンデに、極上のパウダースノーを楽しめる「ぴっぷスキー場」があり、まちでは「スキーといちごのまち」がキャッチフレーズとなるなど、自然豊かな農村地域です。
 

比布町のいちごは、100歳を迎えます!


比布町のいちご栽培は、大正10年(1921年)頃、数戸の農家が子どものおやつとして植えたことから始まりました。いちごで日本一有名な栃木県では、昭和20年代に栽培が始まったとされていますので、比布町は、全国でも先駆けていちごを栽培してきたまちかもしれません。

そんな比布町のいちご「ぴっぷいちご」は、本年令和3年(2021年)に栽培して100年を迎えます。
毎年、来園者が1万人を超える「観光いちご狩り」、北海道産いちごの新品種「ゆきララ」やケーキ・デザート用品種の「赤い妖精」の生産など、多様ないちご栽培の取組みがあるほか、いちごは農業に限らず、イベント企画やまちの景観、学校教育など、様々な場面に登場するまちの顔となっています。

いちご柄の街灯と橋。この橋は「いちごばし」と名前が付いています。

比布の子どもたちは「いちごっ子」と呼ばれます。学芸会では、いちご100周年を記念してくれました。
 

100年守り続けてきた伝統的ないちご栽培



まちの顔のいちごでありますが、100年間、順風満帆というわけではありませんでした。

ぴっぷいちごの作り方には、大正時代から続く栽培方法「露地(屋外)栽培」があります。これは、日光などの自然の恵みを直接受けることで美味しいいちごに育てる、比布の伝統的な栽培方法です。
一方で、露地であるが故に、雨風など天候の影響を受けやすく、病気も発生しやすいなど、収穫量が安定しないリスクの高い栽培となっています。また、「施設(屋内)栽培」にも取り組んでいますが、収入源となるお米と共にいちごを作っている方が大半であり、お米といちごの作業が重複する厳しい栽培となってしまいます。
そして何よりいちご栽培は、他の作物に比べ非常に労力と時間がかかることから、高齢化や人手不足などの影響を大きく受け、ピーク時には60件以上あったいちご農家は、今や3分の1の20件未満まで減ってしまいました。

しかしながら、これまで代々の生産者の皆さんが「まちの名産を守る」「ぴっぷいちごの灯を消さない」と大切な思いを受け継いできており、2年前からは、若い生産者の方々が、雪のある北海道ではほとんど見られないクリスマス時期の収穫を目指した新たないちご「冬いちご」に挑戦しています。
本年100年を迎え、このような歴史・生産者の思いを何か形にしたい。また、生産者だけではなく、100年間ぴっぷいちごを買い、愛してくれた方々がいたからこそ続いた歴史であって、そのような方々への感謝の思いを何か形にしたく、本プロジェクトを立ち上げることにしました。
 

100年の歴史と感謝を込めた思いを商品化!


プロジェクトは、「100周年を何か形として残したい」という思いから、「ぴっぷいちごを味わうことができ、かつ100周年記念が形として残るもの」を何か開発できないか検討したことが始まりでした。
また、せっかくの100年なので、
100年前と同じ伝統的な栽培方法「露地栽培」でできたいちご(露地いちご)を使って何かできないか考えました。
しかし、いちごは鮮度を保てる期間が非常に短く、さらには露地いちごは3週間程度しか収穫できない凄く希少ないちごだったことから、1人でも多くの人に「100年目のぴっぷいちごに触れてもらうには」と考え、100年前子どものおやつとして始まったならば、今は子どもから大人にまで愛される”現代のおやつ”を作ろうと、またビンを記念品として残していくことができるだろうと思い、100周年記念サイダーを作ることにしました。
加えて、比布町をいつも一番大切に思っている人から「ぴっぷいちごでサイダーを作るのが夢なんだ」と、熱い語りがあったということからもヒントを得ました。

 

ぴっぷいちごサイダーの詳細



原材料としては、ぴっぷいちごを100%使用し、果汁割合をサイダーとしてはふんだんにいちごを使用する"いちご"パーセント(15%)に仕上げています。また、香料・着色料は一切使用せず、ぴっぷいちごそのままの味・香りが口いっぱいに拡がる爽やかなサイダーを開発中です。
なお、開発中ということで現在も試作段階ですので、ラベルなどはこれからになります。

<こんな感じで開発しています>

注がれるぴっぷいちごサイダー。

色と香りをチェック。

試飲で味を。

悩むおいしさ。実行委員長と副委員長。

いちごっ子(子どもたち)も開発に参加しました。

 ぴっぷ一丸で作る、100年の歴史と感謝の思いを込めた「ぴっぷいちごサイダー」をぜひ皆さんに届けたい。そしてこのサイダーが契機となり、皆さんと一緒にこれからの100年200年と続くぴっぷいちごの更なる未来を創り出していきたいと思いますので、ぜひ応援をよろしくお願いします。
 

ぴっぷいちごサイダー商品化スケジュール

2021年12月中旬  サイダー中身試作品完成
2021年12月17日 クラウドファンディング開始
2022年1月中旬  ラベル含めた商品完成
2021年1月28日 クラウドファンディング終了
以降、準備が整い次第、支援者に商品発送

 

支援金の使い道

サイダーの製造料と配送料に使わせていただきます。
 

プロジェクトの展望

 100年の歴史と感謝の思いを込めた「ぴっぷいちごサイダー」が契機となり、これから100年200年と続くぴっぷいちごの更なる未来を創り出していきたいです。
 

リターン(お礼の品)

「ぴっぷいちご大好き・お気持ちプラン」
1,000円/3,000円/5,000円/10,000円
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。


「ぴっぷいちご愛してる・お気持ちプラン」
100,000円
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。

「ぴっぷいちごサイダーお楽しみプラン」
3,000円

・ぴっぷいちごサイダー3本

「ぴっぷいちごサイダーもっとお楽しみプラン」
5,000円

・ぴっぷいちごサイダー6本


「ぴっぷいちごサイダーでお米食べるぞプラン」
10,000円
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー6本
・比布町産ゆめぴりか5kg

「ぴっぷいちごサイダーでスキー場行くぞプラン」
12,000円
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー6本
・ぴっぷスキー場1日券2枚
※ぴっぷスキー場は、今シーズン(2021.12月~2022.3月)または来シーズン(2022.12月~2023.3月)で使用可能です。

「これぞスキーといちごのまちプラン」
15,000円
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー2本
・ぴっぷ町冬いちご300g1パック
・ぴっぷいちご狩り招待券2枚
・ぴっぷスキー場1日券2枚
※ぴっぷいちご狩りは、2022.6月中旬~7月上旬までの開催となります。
※ぴっぷスキー場は、今シーズン(2021.12月~2022.3月)または来シーズン(2022.12月~2023.3月)で使用可能です。

「全て付けます!ぴっぷまるごと大満喫プラン」
100,000円
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー2本
・ぴっぷ町冬いちご300g1パック
・ぴっぷいちご狩り招待券2枚
・比布町産ゆめぴりか5kg
・ぴっぷスキー場1日券2枚
・ぴっぷスキー場シーズン券1枚

※ぴっぷいちご狩りは、2022.6月中旬~7月上旬までの開催となります。
※ぴっぷスキー場は、今シーズン(2021.12月~2022.3月)または来シーズン(2022.12月~2023.3月)で使用可能です。

応募者プロフィール


ぴっぷいちご誕生100周年記念事業実行委員会と申します。
私たちは、このぴっぷいちご誕生100周年を大いに盛り上げたい思いのもと、いちご栽培歴30年以上の方から若手の方まで比布を代表する生産者と、町農協・役場でタッグを組んだ活動組織です。
これまでこのサイダーづくりに向けた活動のほか、100年作られてきたいちごの生産を直に知ってもらいたいと、小中学生を対象に露地いちごの定植体験を実施したり、ぴっぷいちごを使う町内9店の飲食店を「ぴっぷいちご紹介キャンペーン」としてPRを実施したりと活動してきました。
今回のサイダーづくりを、最大かつ集大成の企画として活動していますので、ぜひとも皆さまの応援をよろしくお願いします。

続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

リターン画像

「ぴっぷいちご大好き・お気持ちプラン1000」
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。

  • 15口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

3,000円

リターン画像

「ぴっぷいちご大好き・お気持ちプラン3000」
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

3,000円

残り291口 リターン画像

「ぴっぷいちごサイダーお楽しみプラン」
・ぴっぷいちごサイダー3本

  • 59口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

5,000円

リターン画像

「ぴっぷいちご大好き・お気持ちプラン5000」
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。

  • 15口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

5,000円

残り85口 リターン画像

「ぴっぷいちごサイダーもっとお楽しみプラン」
・ぴっぷいちごサイダー6本

  • 95口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

10,000円

リターン画像

「ぴっぷいちご大好き・お気持ちプラン10000」
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。

  • 18口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

10,000円

残り50口 リターン画像

「ぴっぷいちごサイダーでお米食べるぞプラン」
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー6本
・比布町産ゆめぴりか5kg

  • 40口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

12,000円

残り94口 リターン画像

「ぴっぷいちごサイダーでスキー場行くぞプラン」
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー6本
・ぴっぷスキー場1日券2枚
※ぴっぷスキー場は、今シーズン(2021.12月~
 2022.3月)または  来シーズン(2022.12月~
 2023.3月)で使用可能です。

  • 6口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

15,000円

残り75口 リターン画像

「これぞスキーといちごのまちプラン」
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー2本
・ぴっぷ町冬いちご300g1パック
・ぴっぷいちご狩り招待券2枚
・ぴっぷスキー場1日券2枚
※ぴっぷいちご狩りは、2022.6月中旬~7月上旬
 までの開催となります。
※ぴっぷスキー場は、今シーズン(2021.12月~
 2022.3月)または  来シーズン(2022.12月~
 2023.3月)で使用可能です。

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

100,000円

リターン画像

「ぴっぷいちご愛してる・お気持ちプラン」
ご支援いただいた金額は、全てプロジェクトに活用いたします。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する

100,000円

残り20口 リターン画像

「全て付けますぴっぷまるごと大満喫プラン」
【セット】
・ぴっぷいちごサイダー2本
・ぴっぷ町冬いちご300g1パック
・ぴっぷいちご狩り招待券2枚
・比布町産ゆめぴりか5kg
・ぴっぷスキー場1日券2枚
・ぴっぷスキー場シーズン券1枚
※ぴっぷいちご狩りは、2022.6月中旬~7月上旬
 までの開催となります。
※ぴっぷスキー場は、今シーズン(2021.12月~
 2022.3月)または  来シーズン(2022.12月~
 2023.3月)で使用可能です。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2022年03月
支援する