武石伸也48歳 新たな夢の挑戦!鈴鹿8耐クラス優勝へ武石×タイガー宗和で挑む!

すでに集まった金額

2,105,000

目標金額
2,000,000円
105%
現在の応援人数

60

延べ77
募集終了まで残り

終了

2016/07/20 00:00に終了

昨年から始まった「夢」の続き。
48歳の武石伸也(たけいし しんや)が、また鈴鹿8時間耐久レースに挑戦します。
「夢」第2章では、タイガー宗和こと、宗和孝宏選手とタッグを組み、クラス優勝を狙います。
皆さんに感動を与えられるようなレースをお見せするために、全力で挑みます!

【「新たな夢」への活動が始まりました】

昨年、オートバイレースのトップカテゴリーから一度引退した47歳のライダーが皆様のおかげで再び国内最高峰のオートバイレース鈴鹿8時間耐久レースというヒノキ舞台に立つことができ、無事16位で完走することができました。

昨年は鈴鹿8耐で好成績を目指すために、1999年以来16年ぶりに全日本選手権(JSB1000)にもフル参戦し、レース勘(レースの駆け引き、セットアップ等) と体力面の確認を行い8耐に向けて準備してまいりました。少ない時間ではありましたが、オートバイのセットアップも良い方向へ進めることもでき、マシンの開発にも貢献することができたことや、なにより鈴鹿8耐で自分の予定走行時間を走りきることもできたことから、昨年の「47歳でもまだまだやれる」から進化した新たな“夢”を持つことができ、2016年から本格的にチャレンジすることを決意しました。

その新たな“夢”とは
50歳にル・マン24時間耐久レースに参戦し、参戦クラスで表彰台を目指す!

ことです。応援していただいた皆様と共に、ル・マンに行き日本のチームとして表彰台に上がることで、大勢の方々にレースの魅力を知っていただき、今の冷え込んだ日本のオートバイレース界をヨーロッパのような存在にすること。また情熱と諦めない気持ちで夢をかなえることができるということを知っていただき、 レース界の発展と若手の育成に繋げたいと思います。

その第一歩として2016年から自らが主となるチームを立ち上げ、全日本選手権フル参戦鈴鹿8時間耐久レース(SSTクラス)優勝を目指すことにしました。
ぜひ、皆様の応援そしておチカラを貸してください。

【鈴鹿8時間耐久レースとは】

 オートバイレースの最高峰・鈴鹿8時間耐久レース(通称:8耐)は、毎年7月末に三重県鈴鹿市で開催されます。歴史は古く、今年で39回目。1000ccのエンジンを積んだモンスター・マシンを2~3名のライダーが交代でライディングして、8時間先のチェッカー(ゴール)を目指します。気温は35度、アスファルトの路面は50度以上になる中、時速300キロを超えるスピードで競います。一日で3キロ以上も体重は落ち、レース中の心拍数は200を超える過酷なスポーツとして有名です。



 【目指すは鈴鹿8耐SSTクラス優勝!】

 私が活動するチーム名はSYNCEDGE4413(シンクエッヂ4413)です。SYNCEDGE4413は昨年のチームでレースの運営やセットアップなどのお手伝いを頂いたプロのレースチームで、今年から自分をメインとしたチームとして共に戦います。
チームコンセプトは「その向こうへ」 
チームスタッフは「感動が報酬だ!」という気持ちで活動しております。


鈴鹿8耐のパートナーは1980年代~1990年代のカワサキのレジェンド、タイガー宗和こと宗和孝宏(そうわたかひろ)選手です。宗和選手は現在全日本選手権で数年 前からチームイワキでST600にフル参戦しております。

マシンはBMW S1000RR。いわゆるメーカーの資金が大量に投じられたワークスマシンではありませんが、スタンダードの状態でのポテンシャルが高いマシンなのであまり改造することなく非常に強力な走りができます。世界選手権でも実績のあるマシンとパートナーと組むことでSST(スーパーストッククラス)に参戦し優勝を目指します!今年は、完走や上位入賞ではなくリアルに優勝を目標として参戦します。目標は高いほどやる気が燃え上がる仲間たちと共に戦います。

【夢のコラボレーション武石伸也×タイガー宗和】


本気で勝ちに行きます!
今年は夢のコラボレーションが実現!タイガー宗和こと宗和孝宏(そうわたかひろ)選手とタッグを組むことになり、今年二人の年齢を合わせるとちょうど100歳です。おそらく今年の鈴鹿8時間耐久レースのチームの中で最年長、最恐(顔)コンビになると思いますので、若い者には負けずにガンガン攻めたいと思います!

【バイク人口を増やすのはオヤジの仕事】

 レースファンはかつてモータースポーツに情熱を燃やした40~50代の方々が中心になっています。残念ながら10~20代のファンは激減。このままでは世界に通用するモータースポーツが衰退してしまいます。かくいう私も48歳と中年ですが、おじさんたちがレースの楽しさ、おもしろさを伝えて無理やり手を引いていかなければいけないと感じています。

チームではJ-GP2で29歳の中本郡(なかもとぐん)にライディングチャンスを与えるなど若手育成にも取り組んでいます。こういった流れを地元北海道の若きライダーたちのためにも組み立てておきたい。北海道のオヤジのひとりとしてそう考えています。

【活動資金のご支援をお願いします】

 レースはお金がかかる。それは事実です。レース用タイヤは前後で200,000円以上で、数セットが一回のレースで使用されます。ブレーキパッドなど酷使されるパーツも走行ごとに交換。特殊なパーツは一般に市販されているものよりも高価になります。その他、オイル、交換用パーツ等々。その他、事前テストなどかかる移動交通費や宿泊費用なども加わってきます。もちろん経費はぎりぎりまで削り、活動資金の確保にも奔走しています。事業での収益に加え、ライディングスクールやスポンサー活動も行っています。が、8耐参戦費用だけでも800万円以上。とても追いついていないのが現状です。そこで皆様のサポートをいただきたいと考え、このプロジェクトを立ち上げました。今年は自らがメインのチームということもあり、スポンサー様の広告宣伝活動にも積極的に取り組んでいこうと考えております。ご協力をよろしくお願いいたします。

【プライベート映像配信を行います】

 8耐は衛星放送でテレビ中継されます。しかしオンエアされるのはトップ走行のごく限られたチームだけになりがちです。そこで私たちはインターネット回線を使ったUSTREAMで、プライベート映像を配信しようと考えています。走行シーンはお届けできませんが、緊迫するピット内作業やサーキットまで応援に来ていただいたサポーターたちの声、そして走行を前後のライダートークなど、プライベートチームだからこそできるライブ感たっぷりのハートフルな番組をお届けしたいと考えています。

8耐出場に際しての経費と集めた資金の使い道について

このプロジェクトは、マシン代、エントリー代、部品代、テストやレースの旅費交通費、食費、スタッフ日当、輸送費など総額で普通は1000万円以上 かかる のですが、今回自分はチームオーナではありませんが、ほぼオーナー同様の形で参戦しておりますので、バイク、チームスタッフ関連から8耐及びJSB1000参戦費用を含め総額2000万円以上かかります。
その金額は自分の仕事、その他ライディングレッスンを行ったり、自らライ ディングをしてセッティングのお手伝いをさせて頂いたりの活動の他、壮行会などのイベント活動だけでは足りず、関連企業へのスポンサー回りも行っておりますが、なかなか必要資金までは到達できない状況にあります。
今回は、8耐参戦資金の700万円のうち、200万円をクラウドファンディングで集め、残る500万円は武石自身が集めます。 ご支援頂いたお礼として、下記を考えています。

■3,000円コース(ギフト1)

2016年8耐仕様マシン入札参加権+FB Never-say-never名前掲載+年賀状メール+オリジナルステッカー
【2016年8耐仕様マシン購入権】
今年の8耐に使用したマシンBMW S1000RR(Tカーになる場合があります)をそのままの状態で購入する権利を得ることができます。世界にたった一台のプレミアムマシンがあなたの手に。8耐仕様にするために350万 円以上の改造費がかかっており、車体を入れると600万円近くするマシンを半額近い価格で手に入れることができるかもしれません。
※入札形式により購入者を決定する予定です。

マシン写真

【FB Never-say-never名前掲載】
あなたの名前を、武石伸也のFacebook Never-say-neverに名前を掲載させていただきます。

【年賀状メール】
2017年に武石伸也から年賀状メールが届きます。いち早く来年の抱負や活動内容について知ることができるかもしれません。

【オリジナルステッカー】
武石伸也レーシングプロジェクトのオリジナルステッカーをお送りいたします。あなたのバイクに貼ればタイムが縮まるかもしれません。(写真は、下記)

■5,000円コース(ギフト2)

ギフト1+2017年卓上カレンダー+オリジナルスポーツタオル

【2017年卓上カレンダー】
2017年のオリジナル卓上カレンダーをお届けいたします。

【オリジナルスポーツタオル】
武石レーシングプロジェクトのオリジナルスポーツタオルをお届けいたします。時間の関係でレース終了後の送付となります。

■10,000円コース(ギフト3)

ギフト1+ドキュメンタリーDVD+2017年卓上カレンダー+オリジナルTシャツ

【武石伸也鈴鹿8時間耐久レースドキュメンタリーDVD】
2016年鈴鹿8時間耐久レースにおいての、武石レーシングプロジェクトとしてのドキュメンタリーDVDをお送りいたします。テレビでは見ることのできないシーンやレース裏の生々しい現場の様子をお届けいたします。


【2017年卓上カレンダー】
武石伸也のオリジナル卓上カレンダーをお送りいたします。2016年の活動の写真などが印刷された卓上カレンダーになります。ぜひ新年からご利用ください。

【オリジナルTシャツ】
2016年8時間耐久レース用に新たにデザインしたTシャツをお届けいたします。
※色:白、サイズ:S/M/L

※このデザインはイメージ画像です。変更になるかもしれません。

■20,000円コース(ギフト4)

ギフト3+武石伸也サイン、応援者名前入り記念写真(四つ切サイズ)

【武石伸也サイン、応援者名前入り記念写真】
2016年、鈴鹿8時間耐久レースでのベストショット写真(四つ切サイズ)に武石伸也直筆のサインと応援していただいた方のお名前を添えてお送りいたします。

■30,000円コース(ギフト5)

ギフト4+ライダーと監督との記念撮影会

【ライダーと監督との記念撮影会】
武石伸也、チーム監督、チームスタッフとの記念撮影会にご参加いただけます。レース前の武石伸也とも少し会話することができます。※ピットウォークの際にお声掛けください。ピットウォーク券(2,100円)をご購入していただく必要があります。

■50,000円コース(ギフト6)

ギフト5+RQ記念撮影券+8耐観戦チケット

【SYNCEDGE4413レースクイーン記念撮影権】
SYNCEDGE4413レースクイーンと特別記念撮影会にご参加いたけるチケットをお届けいたします。ピット裏のチーム関係者しか入ることができないスペー スでの権利者のみの独占撮影会(15~20分程度)(29日か30日のどちらか1日のみ)での撮影ができます。もちろんマシンの側やチーム関係者を交えて の撮影もできますので、あなた好みの撮影を楽しんでください。
※ピットウォーク券またはパドックパスはご自分でご用意いただく必要があります。
※ピット内に入ることはできません。また、ご希望される撮影にお応えできない場合がありますのでご了承ください。

左)柏木まりちゃん 右)鈴木 亜子ちゃん

【鈴鹿8時間耐久レース観戦チケット】
2016年鈴鹿8時間耐久レース観戦チケットをお届けいたします。時間の関係上、当日お渡しになる可能性がありますのでご了承ください。

■100,000円コース(5名限定)(ギフト7)

ギフト6+パドックパス+ピット内見学+V.I.P観戦チケット(5席)

【パドックパス+ピット内見学+V.I.P席】
なかなか手に入れることができないパドックパスは、ピットウォークにご参加いただけるほか、V1・B・Qエリアでもご観戦いただけるパスです。また、本来は絶対に入ることができないピット内も数分程度ですが見学していただけるようにいたします。レース当日 はピット裏のチーム関係者しか入ることができないホスピタリティテント内のモニターでレース観戦をお楽しみいただける特別なチケットです。チームと共に間 近で8耐を感じていただき、臨場感のある8耐をお楽しみください。
※レース当日はピット内に入ることはできません。
※パドックパスの販売開始日が、現在日程不明のためわかり次第記載します。

■300,000円コース(1名限定)(ギフト8)

ギフト7+チームサブスポンサー権利(マシンステッカー)
お申し込み締め切り2016年7月15日

※ステッカーのデータ(aiデータ)をお送りいただく必要があります。

※丸印のついた箇所のどちらかになります。

【プロジェクトの紹介】

※参照 札幌人図鑑 ユーチューブのURL(下記をクリックしてください)
武石伸也の「人となり」がお分かりいただけるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=b1S-tHPWboQ
https://www.youtube.com/watch?v=yTHrk0Tu48c
 
2016年 全日本ロードレース フル参戦
     鈴鹿8耐参戦 (SYNCEDGE4413Racing)
     パートナー:宗和孝宏
2015年 全日本ロードレース フル参戦 ランキング14位
     鈴鹿8耐参戦 15位完走(CONFIA Flex Motorrad39)
     パートナー:酒井大作、大西敬紀
2014年 全日本ロードレーススポット参戦
     鈴鹿8耐参戦 14位完走(Motorrad39)
2013年 全日本ロードレーススポット参戦
     鈴鹿8耐参戦 リタイア(Motorrad39)
2012年 鈴鹿8耐参戦 参戦(ドカッティ)
2009年 鈴鹿8耐参戦 2位表彰台(Trick Star RT)
2008年 鈴鹿8耐参戦 リタイア(Trick Star RT)
 
2000年  スーパーバイク参戦(ヨーロッパ各国を転戦)
1999年  Kawasakiワークスライダー
 ~
1996年  Kawasakiワークスライダー
1992年  鈴鹿8耐初参戦 日本人初の予選1位獲得 決勝3位
1991年  国際A級昇格 チームブルーフォックス
1985年  東海大四高スキー部で活躍
1967年  誕生(昭和42年生まれ)48歳
続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

【ギフト1】
①2016年8耐仕様マシン入札参加権
②FB Never-say-never名前掲載
③年賀状メール送信
④オリジナルステッカー

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

5,000円

【ギフト2】
①2016年8耐仕様マシン入札参加権
②FB Never-say-never名前掲載
③年賀状メール送信
④オリジナルステッカー
⑤卓上カレンダー
⑥オリジナルスポーツタオル

  • 15口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

10,000円

【ギフト3】
①2016年8耐仕様マシン入札参加権
②FB Never-say-never名前掲載
③年賀状メール送信
④オリジナルステッカー
⑤ドキュメンタリーDVD
⑥卓上カレンダー
⑦オリジナルTシャツ※サイズ(S/M/L)
 

  • 21口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

20,000円

【ギフト4】
①2016年8耐仕様マシン入札参加権
②FB Never-say-never名前掲載
③年賀状メール送信
④オリジナルステッカー
⑤ドキュメンタリーDVD
⑥卓上カレンダー
⑦オリジナルスポーツタオル
⑧オリジナルTシャツ※サイズ(S/M/L)
⑨武石伸也サイン、応援者名前入り記念写真(四つ切サイズ)

  • 10口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

30,000円

【ギフト5】
①2016年8耐仕様マシン入札参加権
②FB Never-say-never名前掲載
③年賀状メール送信
④オリジナルステッカー
⑤ドキュメンタリーDVD
⑥卓上カレンダー
⑦オリジナルスポーツタオ ル
⑧オリジナルTシャツ※サイズ(S/M/L)
⑨武石伸也サイン、応援者名前入り記念写真(四つ切サイズ)
⑩ライダー、監督、記念撮影会

  • 9口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

50,000円

【ギフト6】
ギフト5に掲載されているリターン品
⑪レースクイーン記念撮影券(※パドックパスは別途ご購入ください。)
⑫観戦チケット※観戦チケットは当日お渡しになる可能性があります。

  • 17口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

100,000円

残り0口

【ギフト7】
ギフト6に掲載されているリターン品
⑬パドックパス
⑭チームスタッフ体験プラン
⑮8耐VIP観戦チケット(ピット裏VIP席モニターで観戦することができます。)
※観戦チケット及びパドックパスは当日お渡しになる可能性があります。

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了

300,000円

残り1口

【ギフト8】
ギフト7に掲載されているリターン品
チームサブスポンサー権利(マシンステッカー)申込締切2016年7月15日
※ステッカーのデータをお送りいただく必要があります。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2016年08月
受付終了