shikacha

1つのプロジェクトを支援しています。

しかべ健康茶の会は、健康で活動できる世の中にしたく、健康茶で日々「健幸」な生活を送れることを目標に、2021年10月に発足しました。健康茶の栽培・製造及び頒布販売に向け起業準備中です。70歳以上のメンバーで日々頑張っています!

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    384,000 (76%)

北海道鹿部町から、無農薬タラノキを使った「シケルペティー」を多くの方々に届けたい!

北海道鹿部産タラノキを使ったお茶 【シケルペティー】を届けたい! 北海道、渡島地方(道南)にある噴火湾と北海道駒ヶ岳に面している鹿部町は、函館市から車で約50分ほどの距離です。 3つの漁港があり、駒ヶ岳が綺麗に見えます。 漁業が主な基幹産業です。特産品にたらこやほたて、昆布など海産物に恵まれています。 上述のとおり「農業がない」といわれていた漁師町。 そんな中で、2021年10月、ブルーベリーなどを栽培し農を作る活動をしている「BBC(ブルーベリークラブ)」の松田さんを代表に「しかべ健康茶の会」は発足しました。 この会の発足前の2019年4月から、BBCの皆さんと共同し、鹿部町の特産品を開発する事業(山村活性化支援事業)を活用して、タラノキの育成を行ってきました。タラノキの効能が、塩分を取りがちな鹿部の食生活にあっていることに着目したことによります。 人口約3700人で高齢化が進んでいる町にとって、皆様が健康で過ごせる町を目指し、鹿部町の名前の由来となる「シケルペ」の名前をお茶に名付け、タラノキの葉と樹皮を焙煎した「シケルペティー」の製造、販売をスタートさせました! 主メンバー70歳以上と高齢でもまだまだ元気ですが、次の世代に引き継ぎ、鹿部町で働ける環境と未来作りをしていきたいです。 今は人力不足の為、生産数に限りがありますが、今後販路を広げ鹿部町のお茶「シケルペティー」を、多くの皆さんに飲んでいただきたいです。 鹿部町から健幸に 多くの方々のご支援お待ちしています。