shiretoko_nemuroshibetsu

0つのプロジェクトを支援しています。

「標津転車台保存会」です。北海道の東の端、標津(しべつ)町に残されている鉄道遺産の保存・活用を目的に活動しています。ゆくゆくは町内外の鉄道遺産、産業遺産とも連携して、かつて「奥根室」と呼ばれた地域を盛り上げていこうと考えています。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    835,400円(55%)

「最果ての終着駅」ねむろしべつの転車台から、ふたたび蒸気機関車C11-224を送り出したい

はじめまして、「標津転車台保存会」です。北海道の東の端、旧国鉄標津線「ねむろしべつ」駅跡地には、人力で押し回す転車台が残されています。また、町内には蒸気機関車C11-224も残されています。しかし、かつて毎日稼動していたこの転車台と蒸気機関車も、駅舎を失って30年が経とうとする現在、錆び付いてきてしまっています。 今一度、C11-224を転車台に置き、自分たちの手で回すこと、そしてこの地域を支えた鉄道の遺産を知り、伝えることで、地域の活気を取り戻すことが私たちの夢です。同じ夢を見てくれる方、応援してくれる仲間を募集しています。30年前の駅での光景を、再現しませんか。