urakawa_joba

0つのプロジェクトを支援しています。

うらかわ乗馬療育ネットワークは乗馬療育の普及・発展のために、乗馬療育を実施する団体、利用者、医療機関、行政、福祉従事者などのメンバーによって設立されました。 例えどこに住んでいようとも、ふれあい、協力し、生きがいを持って欲しい。浦河で培ってきた「乗馬療育」を、ひとりでも多くの方に知ってほしい。そして実際に体験していただき、その素晴らしさを感じて欲しい。馬を通して人と人が笑い合える未来の為に、わたし達は活動していきます。

プロジェクトイメージ
  • すでに集まった金額
    555,000円(111%)

バリアフリー馬車を通じて、乗馬療育をたくさんの人に知ってもらいたい!

太平洋に面した穏やかな気候と雄大な牧場風景、豊かな自然が広がる北海道浦河町。ここでは、昔から人と馬が寄り添い、暮らしてきました。馬は人に笑顔を伝え、新しい人と人のつながりを与えてくれます。浦河町では馬との共生文化を活かし、「乗馬療育」という取り組みが行われてきました。そんな馬の魅力を通して乗馬療育のことを、もっと多くの方に知ってほしい!という思いから、2年前から浦河町を飛び出し、馬とふれあう機会が少ない都市部で馬車会を開催してきました。今までも多くの方々に笑顔を届けてきましたが、継続するためにはポニーと馬車を運ぶ費用が必要になります。そこで今回、クラウドファンディングで馬車を運行するための費用を募集しますので、よろしくお願いいたします!!