今こそ挑戦者に声援を。 高校生・大学生向け創業支援「mocteco」を継続したい!

すでに集まった金額

3,132,600

目標金額
3,000,000円
104%
現在の応援人数

124

延べ149
募集終了まで残り

終了

2020/06/16 00:00に終了

これまで高校生1名と大学生20名がエントリーし、4名(3社)が起業した創業支援プログラム「mocteco(モクテコ)」。「起業に挑戦したい」「試したい企画がある」高校生・大学生が思いをカタチにし、自分が本当にやりたいことを社会で試すプログラム。活動3年目となる2020年、プログラム継続に向けてクラウドファンディングに初挑戦します。


はじめまして。NPO法人北海道エンブリッジ 事務局長の江川です。
わたしたちは「誰もが志と誇りを持って楽しみながら働ける社会をつくる」をビジョンに活動しているNPO法人です。

2008年から札幌を拠点に活動をスタート。長期実践型インターンシップ「MYTURN」をコーディネートし、これまで750名以上の若者が、志ある74社の経営者と共に挑戦する機会を生み出してきました。

活動を続けていると「将来、起業がしたい」「好きなことを仕事にしたい」という声を大学生から聞くようになりました。その声に応えて2018年、高校生・大学生に向けた創業支援プログラム「mocteco(モクテコ)」をスタートしました。道内外から講師として協力頂いているメンターや、企業や個人で応援下さっている方々を中心に、高校生・大学生の起業を応援するコミュニティが出来上がりつつあります。

経済産業省の助成事業が2019年度終了し、2020年度からは行政予算に頼らず運営できる体制を札幌に築きたいと考えています。

活動3年目の今、プログラムを自立させるべく、クラウドファンディングに挑戦します。
まだ見ぬ3期生の挑戦とmoctecoを、ぜひ応援してください!

moctecoは、​2018年9月に北海道 札幌市でスタートした、高校生・大学生を対象にした創業支援プログラムです。プランのブラッシュアップだけを目的とせず、期間内に自分のプランで1人でも顧客をみつけ、自らの企画で100円でもお金を動かすことを目的とした実践型を重視しています。エントリー者が試してみたいと考える企画や、社会への問題意識を起点に事業企画を立ち上げ、実際に利益を生み出すまでをサポートします。

初年度の2018年は10名がエントリーし、1名が起業(株式会社うめひかり)。第2期は11名がエントリーし、そのうち3名(2社)が起業(株式会社SpinLife、クリライス)しました。その他のメンバーも在学しながら、夢の実現に向かって今も走り続けています。

例年9月開催のキックオフイベントから、3ヶ月間でプランを実行し、起業経験者や様々な分野のプロフェッショナルがその過程をサポートします。
成果報告会であるdemoday(デモデイ)では資金の調達や顧客・ファンの獲得を目指して事業成果の発表を行います。



2019年度のdemoday(デモデイ)では、観客からエントリー者が総額47万円の資金支援を受けました。  
※demoday修了後には個別相談や、活動場所となるサテライトオフィスの提供など、継続サポートする体制を整えています。


起業に興味を持つ高校生や大学生は多いですが、実際に自身のキャリアの延長線上に「起業」を見据えている学生は少ないのが現状です。  
プログラムを通じて「起業」をキャリアの選択肢に加えることで、高校生・大学生の社会と関わる幅をひろげ、北海道・札幌にイノベーターが生まれやすい環境をつくろうと取り組みが始まりました。

具体的には下記7点を実施しています。

■ その1「メンタリング」

一人につきコーディネータが一人つき、定期的にミーティングを実施。ビジネスプランや営業、プレゼンテーションのブラッシュアップなどを行いました。キャリアも含めた人生相談など、幅広くサポートしています。

■ その2「若年相談創業所の開設」

起業に関心のある高校生・大学生を対象に、コーディネータが2年間で60名の相談を受け付けました。

■ その3「起業家等による講演」

学生起業家や企業経営者、スタートアップに精通したゲストを招き、事例を学びながら講演会を実施。講演後には講師とエントリー学生による個別のメンタリングも行いました。

<2018年度>
・石野 宏明 氏(個人事業主 / TOKYO STARTUP GATEWAY 事務局)
・坪井 俊輔 氏(株式会社うちゅう SAgri株式会社 代表取締役 / 横浜国立大学理工学部機械工学科)
・西元 岳 氏(Asility 代表 / 個人事業主 / フリーランスエンジニア)
・吉田 亮 氏(株式会社DO THE SAMURAI代表取締役 / 出雲観光大使)
・河嶋 峻 氏(合同会社Staylink 代表)
・下村 一樹 氏(株式会社ランドスキップ 代表取締役)
・齊藤 涼太郎 氏(FULMA株式会社 代表取締役)
・土屋 有 氏(国立大学法人宮崎大学 地域資源創成学部 / 面白法人カヤック 顧問講師 / マーケティング論、企業経営分析、ベンチャービジネス概論 / 多摩大学大学院 経営情報学研究科(MBAコース)客員教授)

<2019年度>
・川端 元維 氏(innovate with代表)
・土屋 有 氏(国立大学法人宮崎大学 地域資源創成学部 / 面白法人カヤック 顧問 / 講師:マーケティング論、企業経営分析、ベンチャービジネス概論 / 多摩大学大学院 経営情報学研究科(MBAコース)客員教授)
・佐別当 隆志 氏(株式会社アドレス 代表取締役社長)

■ その4「デモデイの開催」

成果報告としてメンターや支援者に対しプレゼンを行う場を設け、投資や支援していただく機会をつくりました。
テレビや新聞など取材も入り、新たなスタートの場としてプレゼンターが事業を拡げる機会になっています。
2018年は40名、2019年は60名にご参加いただきました。

■ その5「ミートアップ・コミュニティ形成」

moctecoが終わった後もメンバー同士や企業との交流会、ミーティングを定期的に開催しています。
デモデイが終わった後にオンラインで報告会の場をつくるなど、継続したコミュニケーションも大切にしています。

■ その6「活動拠点の提供」 

札幌市中央区・ジョブキタビル8階にある会員制スペース「space360」をエントリー者は自由に使うことができ、1期生と2期生、コーディネータ、メンターとの継続した交流も生まれています。

■ その7「MAKERS UNIVERSITY〜全校生徒革命児〜との連携」 

moctecoを終えたネクストステップの一つとして、東京で開催されている次世代のイノベーターを育成する学校「MAKERS UNIVERSITY」と連携。
さらに高いレベルで挑戦したい学生には引き続きサポートしています。

■山本 将志郎さん(株式会社うめひかり / 梅ボーイズ リーダー)
mocteco 1期生/北海道大学大学院 生命科学院 修士2年(エントリー当時)


プロフィール
梅農家に「うめぇっ」を届ける梅干し屋、梅ボーイズのリーダー。和歌山県の梅農家の生まれ。北海道大学薬学部卒業。 梅農家を継いだ兄が農業にやりがいを感じていなかった現状を見て梅干しの道に進むことを決意。梅干しを食べた人からの声が梅農家に届く仕組みの構築を目指す。夢は「梅干し界の坂本龍馬」。

プログラムのその後
就職を辞退し、株式会社うめひかりを設立。「昔ながらの梅干しの良さを伝えたい」と、札幌と和歌山みなべ町を行き来しながら、全国各地で梅干しの販売・食育イベントの開催などを行なっています。オンラインでの販売にも力を入れ、Youtubeチャンネル「梅ボーイズの小部屋」を立ち上げるなど、精力的に活動しています。

moctecoに参加して
「moctecoに参加するまでは就職までの事業として捉えていた梅干しの事業を、ひとまず就職までの間でやれるところまでビジネスにしよう!というマインドができました。それまで曖昧だったビジョンも、コーディネーターのお二人と話しているうちに明確になってきました。そして、そのビジョンに対して、今やろうとしていること(その時は梅干しで日本一周するという企画)をどうビジネスにしていくかという所を詰めていけるようになり、学生のノリからひよっこ起業家になれた気分でした。」
 

■齊藤 紗輝さん(株式会社SpinLife)
mocteco 2期生/天使大学看護栄養学部栄養学科4年(エントリー当時)


プロフィール
北海道旭川市生まれの道産子。高校時代からオーガニックに興味を持ち、オーガニック飲食店や関係者に取材を行う。「次の世代が安心して暮らせる社会をつくる」そんな想いから、食の大切さを伝える学生団体やイベントのプロデュースを手掛けてきた。大学在学中は管理栄養士を目指しながら、個人でケータリング事業「is better」を展開。中村恒星さんとの出会いから、完全栄養チョコレート「andew(アンジュ)」の商品開発をメインに担当。

プログラムのその後
クラウドファンディング公開後、2日というスピードで最初の目標金額である100万円を達成。ネクストゴールを設定し、最終的に1,941,000円の支援が集まった。2020年1月20日、中村恒星さん、高橋佳愛さんと株式会社SpinLife(スピンライフ)を設立。大学卒業後はプロジェクトメンバーとして関わりながら「次の世代がワクワクして暮らせる持続可能な地球を創る!」をミッションに株式会社ツクルバで働く。


moctecoに参加して
「内部と外部で大きく2つの変化がありました。一つ目は、事業に対する自分自身の姿勢の(内部)変化です。事業はチームで行なっており、最初は事業の一部に他人事のような気持ちがありました。しかし、メンターである土屋さんや川端さん、西元さんに何度のブラッシュアップをして頂いたことで、少しずつ事業全体に対して自分が本気で向き合っていることに気づかされました。二つ目は、以前よりも多くの方に事業や私自身のことを知って頂けたという(外部)変化です。moctecoのイベントでは、学生はもちろん、社会人の方の姿も多く見られます。それにより、興味を持ってくださる方が増え、moctecoが終わった今でもずっと応援してくださる方がたくさんいるのは大きな変化であり、このプログラムの魅力です。」

■廣部 拓巳さん
mocteco 1期生/北海道大学 理学部 地球惑星科学科 3年(エントリー当時)※写真上段中央


プロフィール
宇宙理学専攻 大学2年時、自分のやりたいことを求めて、国内、海外インターンを経験しつつも、最終的に地域の温かさに触れ、北海道富良野市に辿り着く。その後、moctecoを通じて、地域で何をしたいのか、自身で富良野のゲストハウスにてインターンを行いながら、札幌と富良野の2拠点生活を行う。

プログラムのその後
富良野と若者を繋ぎ、地域の起爆剤となる事業をつくるため、東京のNPO法人ETIC.にて休学・修行。イベントの企画・運営・広報、学生のスタートアップ支援、コーディネートなどを行う。2020年度は札幌に戻ってNPO法人北海道エンブリッジに籍を置き、大学卒業年度の2021年、富良野を拠点に地域コーディネート事業を立ち上げるため準備をスタートする。

moctecoに参加して
「メンターのみなさんは東京や宮崎など様々な地域で自身の想いにあふれていて、それに向かって行動をしている経歴豊かな方々でした。そういった方々からのフィードバックをいただける機会は今までの札幌にはなかったかなと思います。またイベントのほかにも、エンブリッジのコーディネータの方々との面談を通して温かく応援していただける機会もあり、常にmocteco生は前に進めていける機会になっていると思います。」

 

これまでのエントリー者の喜びの声で一番多かったのが「自分の夢や目標を話せる相手ができた」ということでした。
様々な夢や目標が見つかっても、友人に気軽に話すことができず、そのまま抱え込んでいたという声を多く聞きます。

1,000人の社会人にアンケートを取った「日本人の夢調査2013(キリンビール社が実施)」というデータでは、日本人の約60%が15-24歳の間に夢を諦めていると結果が出ました。そしてその多くは、実際に試したわけではなく、なんとなく「才能の限界を感じた」と諦めてしまっているようです。  

moctecoでは、その道のプロフェッショナルや先輩起業家、共に挑戦する仲間、応援してくれる人、顧客、北海道・札幌に、そういった「夢を応援する人達が創るエコシステム(生態系)」が生み出されることで、夢を諦めないコミュニティを形成できると考えています。  

新しいことに挑戦することは、最初は誰にとっても恐いことだと思います。
誰もが挑戦したい時に挑戦できる。そして、その挑戦を応援する仲間がいる。
そんなエコシステムを北海道・札幌につくりたいと考えています。

 

2020年もプログラムを継続したいと前々から計画していましたが、コロナウイルスの影響を受け、クラウドファンディングを実施すること自体も多くの議論がありました。そもそもエントリーしてくれる学生はいるのか。イベントや合宿はできるのか。しかし、学生と面談する中で「もし今年やるなら参加したい」という声も多くありました。

様々な環境に予期せぬ変化があっても、彼らは変わらず学年を重ね、卒業が近づいていきます。

環境に期待せず、どんな状況でも夢を応援できるように、わたしたち自身も「機会」をつくる挑戦を止めたくないと思っています。  
声を上げ、その声を応援する人が一人でもいる社会をつくりたい。
「今こそ挑戦者に声援を」をコンセプトに、札幌のこれからを一緒につくっていけたらと思い実施することにいたしました。


moctecoのキャッチコピーは「みつかる、生きてく目的」
企画段階から一緒に議論し紡いで頂いた、コピーライター池端宏介さんの言葉です。わたしたちの指針ともなっている、moctecoからのメッセージをご紹介します。

▼ 

ちいさな「プロジェクト」だって、
りっぱな「シゴト」になる。


みんなで就職活動。
それだけが社会の入口じゃない。
生き方、働き方は、もっともっと多様でいい。

あなたの個人的な趣味でも、
共感してくれる人がいれば商売になる。
あなたが気にかける小さな社会問題も、
うまく仕組み化すれば、よりよい変化につながる。

自分発信のプロジェクトを、社会と直結させよう。
mocteco【モクテコ】は、
あなたの企画の「やってみる」をサポートします。

まずはプロトタイプでも、
実際のお客さん相手にビジネスを走らせてみよう。

その流れの中で、地域の先輩、
仲間たち、 お客さんと意見交換しながら、
商品やサービスをブラッシュアップしていこう。

迷いが出たら、立ち戻ればいい。
やりながら見えてくることは、たくさんあります。
「シゴトをつくる」という経験があるのとないのでは
その後の人生に大きなちがいを与えるはず。
あなたのほんとうの目的は、
あなたの中で、やがてはっきりしてくるから。

2020年5月3日 クラウドファンディングスタート
2020年6月15日 クラウドファンディング終了
2020年6月16日 エントリー受付開始
2020年7月31日 エントリー締切
2020年9月18日 キックオフイベント開催(2020/9/18 Fri 19:00-21:00@札幌開催予定)
2020年10月16日〜17日 合宿
2020年11月20日〜21日 合宿
2020年12月19日 デモデイ開催(2020/12/19 Sat 13:00-17:00@札幌開催予定)
※コロナウイルスの影響で、イベントはオンラインに変更となる可能性があります。

いただいたご支援は、mocteco 2020年度プログラム(第3期)を運営するための資金に充てさせていただきます。
プログラムの多くは、学生への告知活動や、運営準備、期間中にサポートをする人件費、会場費や講師の謝金・旅費交通費などです。

moctecoの運営には、経済産業省から2/3助成を受け、自社負担金140万円と、経済産業省助成280万円で賄い運営しておりました。
しかし、その助成金が2019年度で終了することとなり、持続化できる方法を模索しています。


プログラムの運営ではほとんど利益が出ないため、クラウドファンディングに初挑戦し、より多くの方々の力をお借りし、札幌・北海道の文化として根付くまで継続することができればと思っています。そのため、最低限プログラムを実施するための運営費をご支援いただけないでしょうか。ゆくゆくは、専従の運営者を一人雇用できるまでにプログラムを育てたいと思っています。

>費用の内訳(予定)
運営スタッフ 人件費(準備〜実施まで9ヶ月間) 800,000円
外部コーディネータ 600,000円
会場費(イベント2回/合宿2回)250,000円
広報費(宣伝・印刷など) 150,000円
サテライトオフィス運用費 200,000円
講師謝金・旅費・通信費(イベント2名×2回+合宿2名×2回=計8名分)500,000円
リターンにかかる費用 200,000円
クラウドファンディング利用手数料 300,000円
-------------
計 300 万円

ご支援いただいた金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

■3,000円
【 サンクスメールコース 】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
*高校生・大学生のみ「キックオフイベント」「デモデイ」参加無料チケット各1名分(イベントはオンラインに変更となる可能性があります)


■5,000円
【キックオフ&デモデイ参加コース】

①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③キックオフイベント@参加無料チケット 1名分
④デモデイ@参加無料チケット 1名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。


■10,000円
【mocteco生の商品を買って応援コース】


①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③1期生『株式会社うめひかり』の梅干し「梅と紫蘇」、2期生 阿部くんの「鹿皮小銭入れ」のどちらかをお選びください。お選びの際は「応援メッセージ」にご指定下さい。 ※キックオフまたはデモデイでのお渡しに限らせて頂きます。北海道外の方は別途ご相談下さい。
④キックオフイベント@参加無料チケット 1名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 1名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。


■30,000円
【mocteco生の商品を買って『超』応援コース】

①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③1期生『株式会社うめひかり』の梅干し「梅と紫蘇」と、2期生 阿部くんの「鹿皮小銭入れ」※キックオフまたはデモデイでのお渡しに限らせて頂きます。北海道外の方は別途ご相談下さい。)
④キックオフイベント@参加無料チケット 2名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 2名分 ※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。


■50,000円
【mocteco生の商品を買って『超超超』応援コース】


①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③希望者のみ、WEBサイト、キックオフ・デモデイ当日の式次第に、お名前を掲載いたします。
④1期生『株式会社うめひかり』の梅干し「梅と紫蘇」、2期生『株式会社Spinlife』の完全栄養チョコレート「Andew」、2期生 阿部くんの「鹿皮小銭入れ」の商品をお渡し致します。※キックオフまたはデモデイでのお渡しに限らせて頂きます。「Andew」は数に限りがございますので先着10名様となります。北海道外の方は別途ご相談下さい。)
⑤キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑥デモデイ@参加無料チケット 3名分 ※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。


■50,000円
【mocteco スポンサーAコース(企業&個人様向け)】

①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③WEBサイト、キックオフ、デモデイ当日の式次第にロゴを掲載いたします(小サイズ)。
④キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 3名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。
※個人でもご購入可能です。


■100,000円
【mocteco スポンサーBコース(企業&個人様向け)】


①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③WEBサイト、キックオフ、デモデイ当日の式次第にロゴを掲載いたします(小サイズ)。
④キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 3名分
⑥「キックオフイベント」及び「デモデイ」にてスポンサーとして企業紹介をさせていただきます(来賓席をご用意いたします。)
⑦デモデイ開催日に企業チラシの配布をすることができます(1種類まで)。
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。
※個人でもご購入可能です。


■300,000円
【mocteco 特別スポンサーコース(企業&個人様向け)】


①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③WEBサイト、キックオフ、デモデイ当日の式次第にロゴを掲載いたします(大サイズ)。
④キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 3名分
⑥「キックオフイベント」及び「デモデイ」にてスポンサーとして企業紹介をさせていただきます(来賓席をご用意いたします。)
⑦キックオフ、デモデイにご登壇いただき、賞を設定いただくことができます(賞の内容は別途事務局と相談させて頂きます)。
⑧デモデイ開催日に企業チラシの配布をすることができます(3種類まで)。
⑨デモデイ後の交流会(クローズドイベント)にご招待いたします。
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。
※個人でもご購入可能です。


■1,000,000円
【mocteco エンジェルサポーターコース】

①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
※全ての特典をご利用頂けます。別途ご相談させていただければ幸いです。
※法人・個人でもご購入可能です。


 

NPO法人北海道エンブリッジ

NPO法人北海道エンブリッジは、現代表である浜中 裕之が大学に通いながら札幌で長期インターンシップを広げる活動を始め、在学中にNPOを創業し現在に至ります。
「社会と学生をむすび、未来の選択肢を拡げる」をミッションに、これまで「長期インターンシップ」を通して100プロジェクト以上を生み出し、500人以上の大学生を送り出してきました。
2018年、新たに若者の創業を支援する創業支援プロジェクト「mocteco」、北海道各地でインターンをする「INTO THE LOCAL」という新たな2つの取り組みをスタート。
実践的な場での経験を通じて得た学びから、自分自身の新しい可能性に出会うサポートを通じて「地域全体で若者を育成する仕組みをつくる」を目的にさまざまなセクションと連携しながら、若者が地域で挑戦できる環境づくりに取り組んでいます。



■浜中 裕之(
代表理事)

1985年留萌市生まれ。北海学園大学在学中に活動を開始し2007年NPOを設立。 1次産業や福祉、観光、IT、モノづくりなど、地域産業に数か月間大学生を送り出す「長期実践型インターンシップ」で500人以上をコーディネート。 2018年2月経済産業省・中小企業庁「創業機運醸成賞」受賞。北海学園大学非常勤講師。

■江川 南(事務局長/コーディネーター/デザイナー)
1991年北海道札幌生まれ。 札幌大谷高校美術科を卒業・札幌のデザイン専門学校を卒業後、 札幌のデザイン会社で、グラフィックデザイナーとして3年間の仕事を経験。 その後「ソーシャルデザイン」「キャリア教育」に興味を持ち、NPO法人北海道エンブリッジへ転職。 「一人一人が自分らしい最高の人生を設計しクリエイトできる社会」を目指し、 長期インターンシップのコーディネートやインターンマッチングイベントの企画・運営、 様々なデザインからブランディングなどに取り組んでいる。

続きを見る

支援金額とリターン

3,000円

【 サンクスメールコース 】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
*高校生・大学生のみ「キックオフイベント」「デモデイ」参加無料チケット各1名分(イベントはオンラインに変更となる可能性があります)
 

  • 34口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

5,000円

【キックオフ&デモデイ参加コース】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③キックオフイベント@参加無料チケット 1名分
④デモデイ@参加無料チケット 1名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。

  • 30口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

10,000円

【mocteco生の商品を買って応援コース】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③1期生『株式会社うめひかり』の梅干し「梅と紫蘇」、2期生 阿部くんの「鹿皮小銭入れ」のどちらかをお選びください。お選びの際は「応援メッセージ」にご指定下さい。※キックオフまたはデモデイでのお渡しに限らせて頂きます。北海道外の方は別途ご相談下さい。)
④キックオフイベント@参加無料チケット 1名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 1名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。

  • 50口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

30,000円

【mocteco生の商品を買って『超』応援コース】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③1期生『株式会社うめひかり』の梅干し「梅と紫蘇」と、2期生 阿部くんの「鹿皮小銭入れ」※キックオフまたはデモデイでのお渡しに限らせて頂きます。北海道外の方は別途ご相談下さい。)
④キックオフイベント@参加無料チケット 2名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 2名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。

  • 11口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

50,000円

【mocteco生の商品を買って『超超超』応援コース】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③希望者のみ、WEBサイト、キックオフ・デモデイ当日の式次第に、お名前を掲載いたします。
④1期生『株式会社うめひかり』の梅干し「梅と紫蘇」、2期生『株式会社Spinlife』の完全栄養チョコレート「Andew」、2期生 阿部くんの「鹿皮小銭入れ」の商品をお渡し致します。※キックオフまたはデモデイでのお渡しに限らせて頂きます。「Andew」は数に限りがございますので先着10名様となります。北海道外の方は別途ご相談下さい。)
⑤キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑥デモデイ@参加無料チケット 3名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

50,000円

【 mocteco スポンサーAコース(企業&個人様向け) 】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③WEBサイト、キックオフ、デモデイ当日の式次第にロゴを掲載いたします(小サイズ)。
④キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 3名分
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。
※個人でもご購入可能です。

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

100,000円

【 mocteco スポンサーBコース(企業&個人様向け)】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③WEBサイト、キックオフ、デモデイ当日の式次第にロゴを掲載いたします(小サイズ)。
④キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 3名分
⑥「キックオフイベント」及び「デモデイ」にてスポンサーとして企業紹介をさせていただきます(来賓席をご用意いたします。)
⑦デモデイ開催日に企業チラシの配布をすることができます(1種類まで)。
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。
※個人でもご購入可能です。

  • 8口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

300,000円

【 mocteco 特別スポンサーコース(企業&個人様向け)】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
③WEBサイト、キックオフ、デモデイ当日の式次第にロゴを掲載いたします(大サイズ)。
④キックオフイベント@参加無料チケット 3名分
⑤デモデイ@参加無料チケット 3名分
⑥「キックオフイベント」及び「デモデイ」にてスポンサーとして企業紹介をさせていただきます(来賓席をご用意いたします。)
⑦キックオフ、デモデイにご登壇いただき、賞を設定いただくことができます(賞の内容は別途事務局と相談させて頂きます)。
⑧デモデイ開催日に企業チラシの配布をすることができます(3種類まで)。
⑨デモデイ後の交流会(クローズドイベント)にご招待いたします。
※イベントはオンラインに変更となる可能性があります。
※個人でもご購入可能です。

  • 3口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

1,000,000円

【mocteco エンジェルサポーターコース】
①代表の浜中、事務局の江川から、お礼のメールをお送りいたします。
②mocteco3期生の様子を伝えるメールマガジンを月1回お届けします(2020年9〜12月)
※全ての特典をご利用頂けます。別途ご相談させていただければ幸いです。
※法人・個人でもご購入可能です。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2020年09月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了