ダンサー・アーティストの新しい在り方の第一歩を!

by
すでに集まった金額

363,000

目標金額
500,000円
72%
現在の応援人数

44

延べ48
募集終了まで残り

終了

2020/03/02 00:00に終了

「ダンスの作家を育てたい」「振付家を札幌から輩出したい」というNPO法人コンカリーニョ理事長・斎藤ちずの呼びかけに応え、羊屋白玉(劇団「指輪ホテル」芸術監督)と札幌在住の6名のダンサーの小さな試演会とディスカッションからスタートした「Sapporo Dance Collective(サッポロダンスコレクティブ)」
2018年12月に第1作品「HOME」を創作発表し、2019年度は、2月29(土)と3月1(日)に予定しています。活動の中で、いくつもの夢と課題を発見し、ダンスをつくる、踊る以外にも、ダンスと観客をつなぐSuKiMaチーム、ダンサーの権利と労働環境に関する勉強会を行うHokkaido Artists Union Studies(略してHAUS)というチームも立ち上がり、探求と実践と分析を行うDANCEチームとともに、精力的に活動しています。

目前に控えた今年度の本公演を黒字成功させたい!生まれたばかりの貴重な場と活動を継続させたい!
それがきっと、閉塞しつつあるとも言われるダンスを巡る状況を変えていく力になっていくのではないか、と考えています。
黎明期のサッポロダンスコレクティブ、第2回公演を応援してください。目撃してください。

<サッポロダンスコレクティヴの成り立ち>

初めまして、Sapporo Dance Collective(サッポロダンスコレクティヴ・以下SDC)です。
私たちは、北海道札幌市の西方・琴似に位置する劇場「生活支援型文化施設コンカリーニョ」プロデューサー 斎藤ちずの「札幌から意欲的に活動するダンスカンパニーをどんどん輩出したい」という長年の想いから出発しました。その想いを受けた羊屋白玉(指輪ホテル)を招き、2017年に活動を開始し、2018年に正式発足しました。

 

【SDCの特徴 その1】こんなのあり?なクリエイティブ集団!

私たちは、トップが存在せず、横のつながりに重きを置いたコレクティヴという集団として、意欲のあるダンサーや表現者が集い、自由に思考を巡らせ、これまでの表現にとらわれない作品づくりを続けています。将来的にはダンスの作家が育ち独立していくようなインキュベーション機能を持つことも目指しています。また、アーティストの仕事が労働と認められ、未来を生き延びるためには何が必要かを考え、学ぶという挑戦も始めています。

【SDCの特徴 その2】多種多彩なメンバー構成!

SDCのメンバーは、プロのダンサーだけではありません。

 - 振付師、ダンサー
 - 小学校の先生
 - 小学生
 - 音楽家
 - デザイナー
 - 現役バリキャリウーマン などなど。

【SDCの特徴 その3】 作品テーマを身近なものに

私たちは、ダンスなどを見るのが初めての方にも、気軽にダンスを見に来ていただきたいなと考えています。
いわゆる踊るだけのダンスではなくセリフや舞台美術を用いることで、よりイメージの沸く演出も多く、思考を深めやすいとお客様からも直にお声をいただいています。今年の作品のテーマは「おせっかい」「ひきこもり」「なまはげ」「スケバン」「労働」「きのこ」など。比較的身近なものがテーマの作品は自分ごとへと引き寄せやすいのではないかと考えつつ作品をつくっています。
私たちの作品はまず考え、調べ、メンバーで語り合い、さらに思考を深め、再び話し合う……。そしてそれを体で表現し、ダンスに落とし込むというように、自分たちの経験や外部への調査、実験の積み重ねによりつくられています。様々なバックグラウンドをもつメンバーが集まっているからこそ、出来上がる作品です。

「さっぽろ・だんす・これくてぃゔ 発足二年目に思うこと」


ディレクター 羊屋白玉
ひとりの天才振付家がいて その下にダンサーが控え 振り付けられるという時代はもう終わった と私には思えます。
しかし作品やスタイルの再生産は ダンスが歩き続けるための両足を鍛えてゆくという意味もあると思います。
先日選挙がありましたが 現代国家はもはや政策をどうこうして改まるような社会じゃない。賞味期限は切れていると思えました。
ダンスも同様です。賞味期限切れを見直すこと 食事が作られる台所を見直すように、ダンスが作られる環境も見直すことが必要です。
その過程に クリエーションや 今まで知らなかった社会の萌芽があるのではないか。
例えば ダンサーや振付家は 知的労働者であること、労働者であることを認められるような環境と社会をつくること。
その始まりは ただの人の集まりの中に 豊かで刺激的な小さな集まりの人と人の隙間に隠れていると思います。


▼SDCが掲げる大きな2つのミッション

①アメーバー組織による自由なスタンス
ダンサーやアーティスト、クリエイターが自由に思考を巡らせこれまでの表現にとらわれない作品づくりができる貴重な場を持ち続けること
SDCは、既存のダンスカンパニーのようなトップ(振付師)からダウン(ダンサー)への一方向なベクトルを持つ集団とは一線を画します。上下よりも横のつながりを基盤とし、トップを存在させないネットワーク型の集団を重視するコレクティヴの在り方に重きを置いています。


創作現場では、意欲のあるダンサーやアーティスト、クリエイターが集い、リサーチ、フィールドワーク、ディスカッション、研究を経て、作品を練り上げます。実験の場として、充分な時間をかけてダンスの作家が育ち、いずれ独立していくようなインキュベーションの機能をもつ場を目指しています。また、自由に思考を巡らせ、これまでの表現にとらわれない作品作りができる貴重な場であると同時に、それまで別々のフィールドにいたダンサーや、アーティストやクリエイター同士が出会い、ある種の創造的化学反応が起きることも期待できると考えています。

Sapporo Dance Collective(サッポロダンスコレクティヴ)という団体名もその背景から名付けられました。

② アーティストの労働環境の安定化
ダンスの作家がいずれ独立していくインキュベーション機能を持つ場を目指す一方で、初代ディレクターとして招かれた羊屋白玉はある疑問を持ちました。

それは、
「それだけではダンス作品をつくるのに充分な環境ではないのではないか」
「そのダンス作品をどのように届けるのか、そして当のダンサーたちは、どのように暮らしてゆくのか」
アーティストの仕事が労働と認められ、未来を生き延びるためには何が必要か。SDCでは今年度からアーティストの働く環境を正しく見直していくための挑戦も始まっています。
上記2つのミッションを胸に、日本ではまだ希少なコレクティヴという形でダンス作品づくりができる貴重な場を存続させる、アーティストの働く環境を正しく見直す、これらのミッションのため作品の制作過程を披露し、お客さんとのディスカッション・トークを行う3回のワークインプログレスを経て、2020年2月29日(土)、3月1日(日)に本公演を行います。

2018年の「HOME」の紹介

昨年発表したSDC第1作品「HOME2018」は、8月の出演者オーディションから、約4ヶ月のリサーチ・クリエーション期間を経て、12月に公演を行いました。9月に起こった北海道胆振東部地震とブラックアアウトという共通の経験をモチーフとし、それぞれのファミリーヒストリーの共有、リサーチとディスカッションを重ね、インタビューから音をつくりこんだり、体験をダンスにしたり、構成・演出を担当した羊屋白玉の誘導の下、大変好評をいただける作品となりました。ミッションに向けた一歩は着実に踏み出せたものの、多くの課題も発見された初年度となりました。

クラウドファンディングをするわけ~前回の反省を活かす為に~

SDCが正式にスタートした2018年の公演。発見された課題の大きな一つが、この取り組みにかかる費用の調達です。
公演は、助成金とチケット収入により成り立っております。
昨年は初年度のため知名度の低さなどもあり、チケットの売れ行きが最後まで伸び悩んでしまいました。
ここでの収支はおおよそマイナス50万円で幕を閉じました。
今年、再び赤字を出してしまった場合、来年度以降の存続が危ぶまれます。

日本のダンス業界ではまだ珍しい、コレクティブという新たな場を存続するために。
アーティストの労働環境をよりよくするべく活動する場を残すために。
本公演を黒字で成功させたいのです。そのためには50万円が必要であり、同時にぜひ公演を見に来ていただきたいと思っています。ご協力いただけないでしょうか?
SDCの活動を未来に繋げていけるよう、皆さんにまずSDCを知っていただいて、公演を見に来ていただき、永く愛される団体を目指す第一歩として、今回クラウドファンディングを決意いたしました。

今年で2年目の「HOME」を開催

SDCとしての正式な公演は今年で2年目となり、昨年に続き「HOME」をコンセプトに私たちの身近な社会問題などをダンス作品に落とし込み表現して参ります。

日時:2020年2月29日(土)~3月1日(日)全4公演
2月29日(土)14:30~、19:00~
3月  1日(日)11:00~、15:30~
開催場所:生活支援型文化施設コンカリーニョ
              札幌市西区八軒1条西1丁目2-10(JR琴似駅徒歩1分)

▼本公演を成功させ、来年度以降も永く活動を継続させたい!

こちらにていただいたご支援は、この公演成功のための制作費に充てさせていただきます。
たくさんの方に公演をお届けし、舞台やダンス、クリエイティブの新たな可能性を見出したいと思っています。

もちろん、この公演成功はゴールではありません。
前述しておりますが、私たちのミッションに向け、未来に繋げていくために、永く愛される団体を目指しています。

①ダンサーが自由に思考を巡らせ、これまでの表現にとらわれない作品作りができる貴重な場を持ち続けること
②アーティストの労働環境を正しく見直すこと。

これらの夢を掲げ、日々クリエーションに取り組んでいます。

ちなみに今回の公演の制作費には、出演者の出演料は含まれておりません。
近い将来までに、所属するダンサーや、ダンス公演を支えるSuKiMaメンバー、関係する方々に適正な対価をお渡ししながら成り立つ体制にならなくては、永く続いていくことは厳しいと感じています。来年度以降、その体制を整えていくためにも、今年度は黒字でスタートを切りたいと思っています。私たちの挑戦にお力添えいただけないでしょうか。ぜひ、ご協力のほどをお願いいたします。

資金使途について

こちらにていただいたご支援は、この公演成功のための資金に充てさせていただきます。
ここでいう公演成功とは、予定している収支を黒字で〆ることとしています。チケット収入が想定枚数に届かない場合、成功に至るのは厳しいため、たくさんの方に足を運んでいただきたい。その思いから今回のプロジェクトは主なリターンにチケットを置かせていただいております。2日間4公演のいずれかの公演に足を運んでいただくか、遠方等でご来場が難しい方には、公演の限定配信なども予定しております。ぜひ、ディレクター・羊屋白玉を中心に私たちのつくる世界観に触れていただけますと幸いです!

<収入見込み>
 - チケット収入(400枚):100万円 <昨年実績 322枚 712,000円>
 - 助成金:125万円

<支出見込み>
音楽・文芸費
設営・舞台費
広報(宣伝・印刷)費
謝金・旅費・通信費
記録費
-------------
計 275万円 <昨年実績 273万円>

収入見込み-支出見込み=50万円
この不足資金をご支援いただけないでしょうか。

北海道発のダンス作品の発信

将来の海外公演も視野に入れ、道外公演にも果敢に挑戦するグループとして、北海道発のダンス作品を発信していきたいと考えています。

①ダンサー・アーティスト・クリエイターが自由に思考を巡らせ、これまでの表現にとらわれない作品づくりができる貴重な場を持ち続けること
②アーティストの働く環境を正しく見直すこと。

この2つのミッションに向けて、走って参ります。
私たちの挑戦にお力添えいただけないでしょうか。皆様ぜひ、ご協力のほどお願いいたします!!

リターン(お礼の品)

ご支援いただいた方には、金額に応じて、下記のお礼を予定しています。

すべての皆さんに、昨年度公演の舞台写真(yixtape撮影)によるロゴ(森迫暁夫作)入り特製ポストカードにてお礼状をお送りいたします。

1,000円
特製ポストカードにてお礼状

5,000円
特製ポストカードにてお礼状
A)公演チケット 1枚進呈
B)公演当日の上演 動画配信(限定)
※AかBをお選びください。

10,000円
特製ポストカードにてお礼状
特製SDCグッズ「ぷりにょん」(森迫暁夫作)をプレゼント

A)公演チケット 1枚進呈
B)公演当日の上演 動画配信(限定)
※AかBをお選びください。

50,000円
特製ポストカードにてお礼状
特製SDCグッズ「ぷりにょん」(森迫暁夫作)をプレゼント
本年度上演作品DVDおよび昨年度上演作品DVD(いづれも非売品)をプレゼント
A)公演ペアチケット進呈
B)公演当日の上演 動画配信(限定)
※AかBをお選びください。

100,000円
特製ポストカードにてお礼状
SDCメンバーが、出前ダンスをお届けします!(人数、内容、期日等は応相談)
※道外への出前は、別途交通費・宿泊費がかかります。

A)公演ペアチケット進呈
B)公演当日の上演 動画配信(限定)
※AかBをお選びください。

続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

特製ポストカードにてお礼状

  • 13口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

5,000円

残り88口

A)公演チケット1枚進呈
特製ポストカードにてお礼状

  • 12口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

5,000円

残り96口

B)公演当日の上演限定配信
特製ポストカードにてお礼状

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

10,000円

残り3口

特製SDCグッズ「ぷりにょん」(森迫暁夫作)をプレゼント

5,000円のリターンAかB
特製ポストカードにてお礼状

  • 17口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

50,000円

残り8口

本年度上演DVDおよび昨年度上演作品DVD(いずれも非売品)をプレゼント
特製SDCグッズ「ぷりにょん」(森迫暁夫作)をプレゼント

5,000円のリターンAかB
特製ポストカードにてお礼状

  • 2口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

100,000円

残り3口

SDCメンバーが出前ダンスをお届けします。(人数、内容、日程等に関しては、別途ご相談させてください。)
5,000円のリターンAかB
特製ポストカードにてお礼状

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2020年03月
受付終了

EZOポイントで支援

100 EZOポイント

受付終了