【札幌発!】視覚障害を持つ院長の鍼灸マッサージ治療院「あおぞらの空間」応援基金スタート!

プロジェクトイメージ
現在の支援月額

26,000

目標金額
150,000円
17%
現在の応援人数

9

延べ10

【臨時休業報告 その2】【6/6~6/12】臨時休業の経緯をご説明

2022-06-07

「あおぞらの空間」の山田英雄です。
いつもご支援ありがとうございます<(_ _)>

今回の臨時休業の経緯を改めて動画にてご説明いたします

※リンク先はYoutubeです

 ☁ こちらはYoutubeの静止画像です。クリックしても何も起こりません ☁
Youtubeの静止画
 

なお、通常の活動報告4月分は後日改めて掲載いたします。

同様に支援者の方へ毎月お送りしているメルマガ「星空を見てみたい」も配信準備中です。
お待たせして申し訳ございませんが、今しばらくお待ちくださいm(_ _ )m

まさかこんなことが起こるとは思ってもみなかった頃の内容のため、温かく見守っていただければ幸いです(:_;)

【緊急報告!!】【6/2~6/5】山田骨折による臨時休業のお知らせ

2022-06-02

「あおぞらの空間」の山田英雄です。
いつもご支援ありがとうございます<(_ _)>

 

先日、骨折してしまい、入院・手術の運びとなりました。そのため、退院までの6/2~6/5は【臨時休業】しております。

すでにご予約を入れていただいた患者さまや、初めて「あおぞらの空間」に行ってみようと思われた方に、多大なご迷惑をおかけしていることを心よりお詫び申し上げますm(_ _ )m​

このような状態で大きな心の支えとなるひとつは、この「あおぞら応援基金」です。

2年間続けてきたご支援のおかげで、何とか3周年4周年が迎えられことは感謝しかありません。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚


そして、いよいよ5周年を目前にして、骨折により休業を余儀なくされることは、施術師としての新たな試練です。

しかし、自分自身が患者の立場になったこと、これから経験するリハビリなどは、今後の施術に生かしていきたいと思っております( ̄へ  ̄ キリッ

ただ、途中で挫けることなく、休業期間を有意義に過ごすためにも、皆さまからの励ましや応援が必要です( T_T)\(^-^ )​

どうか、「あおぞら応援基金」へのご支援という形で後押しいただきますよう、よろしくお願いいたします。

【活動報告 その23】嬉しいご報告と気づかされたこと(´・ω・`)

2022-04-25

支援金額累計573,000円!
+直接のご支援236,000円!!

(いずれも2022年2月現在)

「あおぞらの空間」の進化系を形にするため、引き続きご支援よろしくお願いします<(_ _)>

こんにちは。「あおぞらの空間」の山田英雄です(^_^)


3月も患者さまの応援をいただき、無事に収支はわずかながら黒字で終わりましたo(^-^)o 
新規の患者さまも8名おり、半数くらいがリピーターとしてご来院いただいています(*・ω・*)
 

そして、嬉しいご報告 その1

2017年6月に開院した「あおぞらの空間」ですが、この3月に4444人目の患者さまを迎えることができました<(_ _)>​ 

今回、4444人目の患者さまには記念に施術補助
4000円分を贈呈させていただきました(^_^)v

患者さまから感想をいただきましたので、よろしければご覧ください。
※掲載許可はいただいています


==========
腰痛がひどくて、整体や、カイロプラクティックなど、いろいろ通いましたが、なかなかよくなりませんでした。
知人の勧めで、ワラにもすがる思いで〈あおぞらの空間〉に行きました。

山田先生の、とても丁寧な施術により、痛みが和らぎます。
さらに、毎週通うことにより、不調であっても、回復していきます。
しかも、良心的な価格であることが、よりありがたいです。

初めて行った2021年6月3日から、昨日で42回になります。
山田先生には、今後も、〜5555番目、〜8888番目、〜11111番目、〜 まだまだ末長くご活躍していただきたいです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

==========
 

さらに、嬉しいご報告 その2

別の患者さまからは、衣類や荷物を入れるためのボックスを寄贈されました<(_ _)> 

開院以来ずっと使ってきた患者さま用のボックスなのですが、さすがに
5年以上使い続けて、かなりよれよれになっていました(T_T)

自分たちでも以前に購入した店舗に行って探したりしていたのですが、なかなか同じ大きさや質感のものを見つけられず、「新しいものにしたいのだけど、なかなか見つからないんだよねえ」と施術中にとりとめなくお話しすることがありました。 

それを覚えてくださっていた患者さまから「先生、ありました!
プレゼントさせてください」とお申し出があったのですΣ(・ω・ノ)ノ!

もちろん、「代金をお支払いをしたい」と申し上げたのですが「たいした金額ではないので、いいですとおっしゃるので、ありがたく使わせていただいておりますヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

 ☁ 左がオープン以来のボックス、右が寄贈された新しいボックス ☁
古いかごと新しいかごを比べる山田院長
 

少し違う観点から、嬉しいご報告 その3

3月は月初めに治療院が入っているビルでエレベーター入替工事があり、10日間ほどエレベーターが使えない期間がありました(T_T)

でも、階段で上り下りしてご来院くださる患者さまがほとんどで、大きな減収につながることなく経過できました(^_^;)

新しいエレベーターは、操作盤の階数ボタンに凹凸があるので、視覚障害者の私にも非常にわかりやすくなりましたv(。・ω・。)ィェィ♪ 

また、車いすの方や背の低い方などにも配慮された設計なのか、操作盤そのものの
位置が低くなりましたΣ(・ω・ノ)ノ!

こうやって、いろんな人にとって使いやすくなることは、とても意味のあることだと思います。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 ☁ こちらが新しいエレベーターの操作盤です。見た目は近未来っぽいそうです ☁
新しいエレベーターの操作盤
 

さて。3月の治療院外の活動ですが、

先月に引き続き、西区の小学校での視覚障害に関する講演の依頼がボランティアセンターからありました(^_^)

45分間の講演後、同じく45分間で児童のみなさんから質問を受けましたが、「歩いていて迷ったりしませんか?」「ハイ。実によく迷います(^_^;)​というように、「見えない人がどんなことに困るのか」というイメージがちゃんとできている質問もいただき、相手の立場になって想像したりイメージしたりできることは、すべての人にとって大切だなあ…と改めて感じた次第です(・・;)

また、2月に電話で収録していたのですが、STVラジオ 和久井薫の元気!発見で私の回が3月1日から4日まで放送されましたv(。・ω・。)ィェィ♪ 
STVラジオのポッドキャストステーションでも聴取可能ですが、iPhoneの方は標準のpodcastアプリからAndroidの方はspotifyから「STVラジオ 和久井薫の元気!発見」を検索して聞くことができます
※コンテンツ作成元やサービス提供元の都合により、予告なくリンク切れとなる場合があります

和久井さんとは
3年前にご縁があったのですが、それから毎年何かしらの番組で視覚障害について取り上げてくださいます<(_ _)>
 

本当にディレクターの方を含め感謝しております。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚


 ☁ 「和久井薫の元気!発見」(STVラジオ公式サイトより) ☁
STVラジオ 和久井薫の元気発見の画像

さらに、3月14日と21日の同番組ではたくさんのリスナーの方から寄せられた感想が流され、恥ずかしながら放送を聞いている途中で
(:_;)
 

「目が不自由だということを感じさせない
山田さんの話し方に感動した」
という
感想が多く、そうした言葉が嬉しい反面、
いつも元気いっぱいではない自分もいるので、
まだ障害を受け入れられていない部分がある
…と気づかされたことが、
という現象として現れたのだと思います。


それでも、「少しでも一般の方に視覚障害のことについて気にかけてもらえれば…」と思っておりますので、今後もこうした機会があれば積極的にお受けしていくつもりですヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
 

ということで、
支援を迷われている方は、ぜひ一度「あおぞらの空間」へご来院ください。

【活動報告 その22】2月の治療院外の活動は…

2022-03-25

支援金額累計547,000円!
+直接のご支援233,000円!!

(いずれも2022年2月現在)

「あおぞらの空間」の進化系を形にするため、引き続きご支援よろしくお願いします<(_ _)>

こんにちは。「あおぞらの空間」の山田英雄です(^_^)


いつも応援いただいている皆さまに心からお礼申し上げます<(_ _)>

2月は例年にないレベルの大雪による交通マヒで予約キャンセルが目立ち、最終的には損益分岐点にわずかに届きませんでした(:_;)

今回は天災以外の何物でもありませんのでいたしかたないですが、健闘したと考えております(^_^;)

延べ来院人数は前年と比べると幾分伸びましたが、ここ最近と比較すると10名以上減少となりました(_ _。)

とはいえ、実際の来院人数は他の月とさほど変わりませんので、やはり雪害が売上に大きく影響したと思われます(:_;)

2月末まで利用できる年賀状特典は、500円割引と20分無料延長のどちらかを選んでいただくのですが、22名のご利用があり、6割の患者さまが20分無料延長を選ばれました(^_^)v

細かく見ていくと、日頃80分コースで十分」と感じられている患者さまは500円割引を選ぶのですが、いつも100分コースをご利用される患者さまは80分コース+20分無料延長疲れが溜まっている患者さまは100分コース+20分無料延長を希望される傾向が見られました。

それぞれの患者さまが年賀状特典を使い分けて「あおぞらの空間」とうまくお付き合いしていただいていることがうかがわれますv(。・ω・。)ィェィ♪

新規の患者さまは5名。
その内1名は当月内に再来院いただいており、
この時期でもコンスタントに新規の患者さまがいらっしゃることは、大変ありがたい限りです。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
 

2月のエピソードとしては…

ご夫婦より2名同時に施術してほしい」という問い合わせがありました(゚_゚i)

が、ご存じの通り「あおぞらの空間」には私しか施術師がおりませんので、時間をずらして連続して施術する、といった提案をしましたが、結局ご要望に沿うことができませんでした(_ _。) 

「こういう時に
施術師が2名いたら対応できるのに、現状の売上や支援金額ではまだまだそこまでいかないなあ…と思った次第です。゚・(。ノД`)ヾ(-ω-*)ヨチヨチ
 

そして、2月の治療院外の活動はてんこ盛り

まず、札幌市北区の小学校5年生に向けた障害者講師派遣事業の依頼があり、zoomによるオンライン講演私の視覚障害についてお話をさせていただきましたヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

☁ 後日、たくさんの感想文を送っていただきました(^_^) ☁
小学生からの感想文の束を持つ山田院長


また、撮影は1月でしたが、札幌冬季オリパラ2030誘致PR動画6本の内目指すまちの姿」という1本に出演させていただきました(・_・;)​

現在札幌市公式YouTubeチャンネルにて公開されています。

※公開元の都合で予告なくリンク先の変更や公開期間が終了する場合があります。ご了承ください。

裏話というか。
このPR動画については、当然
冬季オリパラ誘致に対して札幌市民の気持ちを高めることが目的ですが、当初、「オリパラ招致に関するものだが、札幌の街を誰にとっても住みやすい街にしていこう、という内容」と聞いていました。

よく考えたら、何パターンもある招致PR動画のうちのひとつが「札幌の街を誰にとっても住みやすい街にしていこう」という意味だったのに、
勘違いしてしまったようです(^_^;)

そもそも、出来上がった動画を再生しても、私は最後に「ありがとう」と自分が言っている部分しか把握することができず、おまけに勘違いのせいでオリンピック色が強い印象を受け、ちょっとがっかりしたというのはここだけの話ですm(_ _ )m

☁ チラ見せ。撮影はホンモノの市営地下鉄の構内。私服です。 ☁

オリパラ招致PR動画の静止画

街中で点字ブロックがわからず困っている視覚障害者に、晴眼者が声をかけて助けるというストーリーがうまく伝わっているのかどうかも自信がないですが、晴眼者の方には趣旨がきちんと伝わっていることでしょう( ̄へ  ̄ キリッ

ということで…よろしければ、ご感想をお聞かせください<(_ _)>
 

さらに。

以前ご報告した「障害者によるまちづくりサポーター制度」の会議の第3回目がzoomにて行われました(^o^;)
※リンク先から過去の議事概要もご覧いただけます

この会議について言うと、一応
代表である私が毎回司会進行も務めています(ノ゚ο゚)ノ

当たり前のことなんですが、各メンバーの障害によって困っていることも違えば、会議中の発言力も全く違うので、どうしてもメンバー間で発言回数などに差が出てきてしまいます(・・;)

それを考慮しながら、どうやって各メンバーの発言を拾い集めるか。
それはすごく難しく、私自身の課題だとも感じています(T_T)
 

そんなわけで、2月は治療院以外の活動も盛りだくさんで非常に充実していました。

 

支援を迷われている方は、ぜひ一度「あおぞらの空間」へご来院ください。


☁ もぐもぐタイムで大人気!北見市「清月」さんの銘菓「赤いサイロ 限定バージョン ☁
冬季五輪女子カーリングチームを応援するパッケージの北見銘菓。赤いサイロ

【活動報告 その21】さっきの患者さん、どこか見つけられただろうか…

2022-02-23

支援金額累計521,000円!
+直接のご支援230,000円!!

(いずれも2022年1月現在)

「あおぞらの空間」の進化系を形にするため、引き続きご支援よろしくお願いします<(_ _)>

こんにちは。「あおぞらの空間」の山田英雄です(^_^)


新しい年を迎え、みなさまからのご支援、本年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 ☁ 2022年は例年になく寒い年明けでしたね。盲導犬カレンダーで癒されてください ☁
盲導犬カレンダー 2022年1月分

 

さて、1月は

天候や仕事などの影響で直前のキャンセルが多く見られたせいもあり、延べ来院人数は12月よりも10名ほど少なくなりました(:_;)

通常、予約でいっぱいの日に「これから空きはありますか?」との問い合わせがあっても、お断りすることとなります(当たり前のことですが)。

そういう中で、理由はともあれ、突然のキャンセルが発生すると「さっきの患者さん、どこか見つけられただろうか…(゚_゚i)」という心配が頭をよぎります。

これが既存の患者さまなら「空きができました」と折り返しご連絡することもできますが、新規の患者さまの場合はそうもいきません(´・ω・`)

そこまで心配することではないのかもしれませんが、最近はお断りせざるを得ない時に「空きができたら連絡をした方が良いか」を追加でお聞きするようにしています(^_^;)
 
もちろん、既存の患者さまにも、なるべく確実に来院できる日程でご予約いただくようお願いしておりますが、今年の札幌の雪は想定外(*_*)

「やむを得ない突然のキャンセルは避けられないものだなあ…」と感じた次第です(_ _。)

 ☁ 備え付けの灯油式ファンヒーター併用で暖房力up。上にあるのは… ☁
ヒーターの上にサーキュレーター

 

前置きが長くなりましたが、

最終的には12月と比べて1万円ほどの減収でおさまり、損益分岐点をなんとかクリアできました(^_^;)
元々営業日数が少ない月なので、定休日に臨時営業することで日数は補いましたが、患者さまへの周知が行き届くよう改善が急がれるところです(・・;)

新規は5でしたが、やはりGoogle検索で来院された方ばかりでした(^_^)

その中に、大学生の患者さまがおられたのですが、やはり新型コロナウイルスのあおりを受け、オンラインやオンデマンドの授業がほとんどで、パソコンと向き合う時間が長いため、目や肩まわり、頭痛のつらさを訴えておられました(:_;)​ 

「蔓延防止措置やなにかで、アルバイトのシフトが減ると
生活も大変とも伺い、「この時代に学生生活を送るというのは本当に大変なことだなあ…」という感想をもちました(´・ω・`)
 

今後こうした学生さんに対して
何か新たな取り組みができないか、
地域に根差すという意味でも
「あおぞらの空間」ができることはないか、

…といった考えるヒントをいただいたようにも思います( ̄へ  ̄ キリッ

 ☁ 目玉のおやじではなくサーキュレーター。効率的に治療院内が温まります ☁
球型のサーキュレーター
 

支援を迷われている方は、ぜひ一度「あおぞらの空間」へご来院ください。


  それにしても出勤が早いので歩道の雪がすごいことに… ☁
除雪前の雪が積もった歩道

支援金額とリターン

1,000円

・新規支援者(初回申込)の際には、山田院長が描いた絵手紙をプリントしたお礼ハガキを送付。
・その後は毎月メルマガ「あおぞら通信 星空を見てみたい」を送信。
・累計支援金額が5,000円(5口)ごとに、1,000円分の施術補助券を原則「あおぞらの空間」にて手渡し
 ※有効期限はお渡しした月から6か月後の末日まで

  • 5口が支援済み
支援する

2,000円

・新規支援者(初回申込)の際には、山田院長が描いた絵手紙をプリントしたお礼ハガキを送付。
・その後は毎月メルマガ「あおぞら通信 星空を見てみたい」を送信。
・累計支援金額が5,000円ごとに、1,000円分の施術補助券を原則「あおぞらの空間」にて手渡し
 ※有効期限はお渡しした月から6か月後の末日まで
 ※半端が出る場合は繰り越してカウントします。例)2口×3か月=補助券1枚+1口分繰り越し

  • 0口が支援済み
支援する

3,000円

・新規支援者(初回申込)の際には、山田院長が描いた絵手紙をプリントしたお礼ハガキを送付。
・その後は毎月メルマガ「あおぞら通信 星空を見てみたい」を送信。
・累計支援金額が5,000円ごとに、1,000円分の施術補助券を原則「あおぞらの空間」にて手渡し
 ※有効期限はお渡しした月から6か月後の末日まで
 ※半端が出る場合は繰り越してカウントします。例)3口×2か月=補助券1枚+1口分繰り越し

  • 2口が支援済み
支援する

5,000円

・新規支援者(初回申込)の際には、山田院長が描いた絵手紙をプリントしたお礼ハガキを送付。
・その後は毎月メルマガ「あおぞら通信 星空を見てみたい」を送信。
・1,000円分の施術補助券を原則「あおぞらの空間」にて手渡し
 ※有効期限はお渡しした月から6か月後の末日まで
 ※1か月で1枚発行されます
 

  • 3口が支援済み
支援する